「滞納・返済」 一覧

「お金が払えない」
「口座の引き落とし日にお金が足りない」

…さまざまな“滞納・未払い・延滞”のトラブルは、生活の中で、どうしても発生してしまいます。

クレジットカードの引き落とし
家賃の支払い
携帯電話料金
電気代・水道代・ガス代
ショッピングの分割払い
住宅ローンや自動車ローンの支払い
火災保険・生命保険
税金・国民年金・国民健康保険
キャッシングやカードローンなど、消費者金融(サラ金)や銀行への返済

他にもまだまだ、挙げればキリがありません。
こうした料金支払いや返済で、“家計の赤字が続き、お金が払えず、滞納してしまった”という場合、どうすれば良いのでしょうか?

そんな悩みの具体的な事例や体験談、相談や解決方法について、幅広くトピックスをお届けしていきます!

生活費が足りない…家計の赤字で借金苦・多重債務・ブラックになることも

月末などの“支払いの日”が近づいてくると、気分が憂鬱になってしまいますよね。

家賃・光熱費・水道代・通信費…。

「ただ慎ましく生きているだけなのに、なぜ、こんなにもお金がかかるのか?」

…と、ダウナーな気持ちになってしまう時もあります。

ですが、支払いの義務=“債務”が発生している以上、払わないわけにもいきません。

月々の支払いに追われた結果、消費者金融などから借り入れを重ね、多重債務・金融ブラックに陥ってしまった…。
そんな悩みを抱える人も、決して少なくないのかと思います。

市役所・消費者センター・福祉窓口…相談すればいい?滞納・未払いのトラブルを抱えてしまったら

滞納や未払いが積み重なり、毎月毎月、督促状や催告の電話やハガキが来たり取り立てを受ける…。

そんな状態になってしまったら、誰に相談すれば良いのでしょうか?

市役所や消費者センター・国民生活センターなどが思いつきますが、ただ単に『払えない』というだけでは、こうした公的機関はあまり力になれません。
あくまで個人の問題になるためです。

こうした問題の解決は、“弁護士・司法書士”の業務となります。

特に、“債務整理に強い弁護士・司法書士”であれば、借金だけでなく、さまざまな債権債務の滞納・未払い問題で、解決の力になってもらえると期待できます。

WEB無料相談でアドバイスをもらうだけでも、解決の糸口が掴めるかもしれませんね。

また、“どうしても払えない”という場合、借金などの債務であれば、『債務整理』により返済を減額できる可能性もあります。

『任意整理』『民事再生(個人再生)』『自己破産』『消滅時効の援用』といった、さまざまな手続きで、滞納や未払いを解決できた事例や体験談も、たくさんあるんですよ!

借金問題解決・債務整理は弁護士や司法書士に無料相談!
こちらに、債務整理に強い弁護士・司法書士をまとめました!

 

本当の貧困状態に陥ってしまったら、生活保護など社会福祉制度の利用も検討を

事情があって収入が少なく、または無収入になってしまい、復帰もままならない…。
そうした状況に陥ってしまった場合は、債務整理だけでなく、生活保護などの利用も検討したほうが良いでしょう。

ただし、生活保護を受けていると、債務整理(特に任意整理)ができない可能性もあります。

生活保護の給付金は元々が税金なので、“借金の返済に当ててよいのか”という問題があります。
これに関しては、専門家の間でも見解がはっきりしないようですが、『(任意整理により)生活保護が中断される恐れがある』との意見が概ね主流のようです。[1]

滞納・未払いだけでなく、事情により生活費そのものが苦しい場合、“まずは債務整理で可能な限り借金(債務)を減らしてから、生活保護などの社会福祉制度を検討”したほうが良いのではないかと思います。

本当に難しい問題なので、これに関しては当サイトの記述も“一つの考え方”と捉えて頂ければと思います。

ご自身のお金の悩みの解決には、必ず、弁護士・司法書士といった専門家の意見を、無料相談で伺うようにして下さい。

 

パチンコ・パチスロ、ギャンブル軍資金や株、FX、スマホガチャ…ハマってしまって借金が苦しい

ここまでは、“生活費の不足”による、滞納や未払いについて解説してきました。
ですが、滞納・未払い、そして借金苦の原因は、生活費の不足だけではありません。

たとえば、ギャンブル等にハマってしまい、軍資金のために借金を重ねて、返済に追われるようになってしまったら…。
家賃や電気代、ケータイ代など、他の支払いも苦しくなり、滞納してしまいますよね。

債務が重なって“ブラック”になってしまい、どこからも借りれない…そんな状態になる事も、珍しくありません。

パチンコ
パチスロ(スロット)
競馬・競輪・競艇など
株式投資
FX(為替)
ゲームのガチャ課金など
有料サイトの利用料

こうした目的で借金(債務)ができてしまった場合、“自己破産の免責不許可事由”となります。
つまり、“自己破産しても、原則として返済が免除されない”事になります。

とはいえ、借金を解決する方法は、自己破産だけではありません。

『任意整理』「個人再生(民事再生)』といった方法なら、上記のような理由の借金・債務でも、返済を合法的に減らせる可能性があります。

自己破産の免責不許可事由とは?

自己破産とは、一定の条件に当てはまる財産を売却する等により、“債務の一部または全部を免除”する法的な制度です。

あまり厳密な表現ではありませんが、“自己破産すれば、借金がチャラになる”とも言えそうです。

ただし、この『自己破産』を行っても、借金の理由によっては、“チャラにならない”場合もあります。それが、『免責不許可事由』に当てはまる場合です。

借金の支払い義務は、どういうときに免除されるのですか。免責不許可事由とは。

(…略…)

ギャンブルによって多額の借金を作ったなど、不誠実な破産者であることを示す事情があるときには、免責許可決定がもらえない(免責が許可されない)ことがあります。

(…中略…)

法律で決められた免責不許可事由のうち、実際によく問題になるものは、次のとおりです。

(1)浪費(むだづかい)やギャンブルによって多額の借金をしてしまった場合

(…以下略…)

破産手続における「免責」とは,どのようなものでしょうか? 免責不許可事由(→Q15) 裁判所
http://www.courts.go.jp/osaka/vcms_lf/30707002.pdf

ですが、免責不許可事由は、あくまで『自己破産』の場合です。

『任意整理』『個人再生』といった他の手続きの場合、認められる可能性もあるため、まずはこうした債務整理手続きから検討するほうが良いでしょう。

とはいえ、この自己破産の免責不許可事由も、四角四面な決まりではなく、個別のケースや弁護士の主張等によって、裁判所の判断が異なる場合もあるようです。

そのため、“必ずしも不許可になる”とも断言できない難しさがあります。

上記の説明は、あくまで一般的な方針と捉えて頂いた上で、ご自身の場合に関しては、しっかりと専門家の弁護士・司法書士に、無料相談などでアドバイスを仰いで下さい。

こちらに、債務整理に強い弁護士・司法書士をまとめました!

 


---脚注---
[1]生活保護給付を受給中でも任意整理できるか? LSC総合法律事務所→link
[2]破産手続における「免責」とは,どのようなものでしょうか? 免責不許可事由(→Q15) 裁判所→link

氷河期世代で借金や奨学金の返済に困ってしまったら

氷河期世代の人生再設計は手遅れじゃない!借金・奨学金が苦しいなら救済されるべき!

2019/4/21  

氷河期世代(ロスジェネ世代)で収入も働き方も不安定…もう手遅れ?借金、カードローン、クレジットカード、奨学金の返還も不安…そんな悩みは自己責任や努力不足ではない!人生を再設計できる債務整理による解決方法のほか、雇用情勢からサイレントテロ・無敵の人まで、社会問題を詳しく解説します。

借金が返せない?まだ自力で完済できる?苦しくなくても危険と言える理由とは

借金が返せない?まだ自力で完済できる?苦しくなくても危険と言える理由とは

2019/4/18  

借金返済で生活が苦しい…返せなくなる?まだ自力返済で頑張れる?目安や判断は難しく、自己判断だと危険なことも。早め早めの相談が大切です。

借金返済に追われて税金を滞納してしまった…相談は役所?税理士?それとも弁護士?

2018/8/29  

借金などの返済に追われてお金がない、税金が払えない…。そんな場合の相談窓口について解説します。相談は役所、税務署、税理士、弁護士や司法書士…どこに行うべき?解決が期待できる相談先についてアドバイスをお届けします。

生活保護は借金があると審査に通らない?受給できない?

2018/8/17  

借金返済が残っていると生活保護を受給できない?審査に通らない?そんな噂について調べました。借金がある人が生活保護を申請しても、窓口で債務整理をするよう言われて、すぐに受給できません。まずは債務整理で借金の減額・免除による解決を。

借金返済で子供の学費や進学費用が足りない…諦めないで済む方法は?

2018/8/17  

借金や住宅ローン、クレジットカード、各種ローンなどの返済に追われて、子どもの進学費用や学費が足りない、払えない…。そんな場合どうすれば?奨学金、特待生制度、学資ローンなど、主な方法を検討した結果をまとめました。

借金のせいで塾に通わせられない、塾代が払えない…諦めさせない方法とは?

2018/8/17  

借金やローン、クレジットカード等の返済に追われて、子どもを塾に通わせられない…。借金があるのに塾通いはぜいたく?返済で塾代が足りない場合どうすれば?解決方法を解説します。債務整理で借金返済の解消を。

住宅ローンや借金返済でブラック企業を辞められない…社畜脱出の方法とは?

2018/8/17  

借金返済やローンの支払いを抱えていて、ブラック企業を辞めたくても辞められない…。そんな場合どうすれば?脱社畜のために借金を早く終わらせる方法を解説します。

借金返済で老後破産しないために

2018/7/31  

老後に生活資金が足りなくなる「老後破産」。高齢貧困者や「下流老人」は500万世帯になるとも言われる現代社会。借金返済に追われて老後破産に陥るのを回避する方法について知っておきたい情報をまとめました。

滞納した借金を返済できない!督促や差し押さえ・取り立ての問題解決方法

2018/7/10  

借金やローン、クレジットカードなど、払えない・返済できない滞納問題を解決できる債務整理について徹底解説。取り立てを無視していると裁判や差し押さえに至るので早めに解決を図ることが大切です。

借金返済で食費が足りない…助けてもらえる窓口と解決方法

2018/6/26  

借金返済のせいで食費が足りない。ローンを返すと今月の食費がなくなってしまう。返済さえ無ければ生活が困らないのに…そんな場合の解決方法を解説します

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

TOP