ジャックス(JACCS)に返せない~滞納すると裁判や差し押さえに!債務整理で解決する方法とは?

投稿日:2017年11月25日 更新日:

★この記事を読んでわかること
  • ジャックスのクレジットカードやオートローン、住宅ローン保証などが返せない…滞納していると督促が行われ、法的手続きとなり裁判や支払督促、強制執行に。
  • 差し押さえ(強制執行)を受けると、家族や職場にも多大な迷惑をかけてしまう。
  • 差し押さえなど法的措置を防ぐためにも、債務整理による滞納解決が必要。
  • 任意整理、個人再生などの手続きもあり、絶対に自己破産になるとは限らない。

この記事では、ジャックス(JACCS、ジャックスカード)のクレジットカードや各種ローンが返せない・払えない場合や、滞納してしまった場合の解決方法を解説していきます。

ジャックスの信販サービスや金融サービスには、クレジットカードのほか、カードローン、住宅ローンや自動車ローンの保証など、さまざまなものがあります。“何を滞納してしまっているか”により、細かい部分は変わってくるのですが、共通する部分も多くなります。ここでは、そうした基本の部分について、丁寧に解説していきます。

引き落とし日に間に合わなかった方へ

「返済のお金には困っていないが、たまたま引き落とし日に間に合わなかった」という方は、いそいでジャックス(JACCS)の窓口にご連絡ください。“再引き落とし日”に間に合えば、大きなトラブルにならずに済む場合もあります。

ですが、振り込みがいつもギリギリになったり、再引き落としや一か月遅れで払うのが“普通”になっている方は、すでに返済困難・債務超過といった状況が考えられます。
この記事で解説する“債務整理での解決方法”をご参考にお役立てください。

 

ジャックス(JACCS)で滞納するとどうなる?取り立てや督促の流れ

まずは、一般的な督促の流れを見てみましょう。
ジャックスに限らず、支払いや返済を滞納すると、債務の履行をうながす“督促(取り立て)”が行われます。
取り立てというと不穏なイメージもありますが、債権者やその代理人(弁護士など)が、法律を守って行う分には、正当な権利行使と言えるでしょう。

滞納した後の流れ
滞納・延滞の期間 督促や取り立ての内容
数日~1ヶ月 ・電話による催告。確認のような形
1ヶ月~2ヶ月 ・「ご返済のお願い」「お支払いのお願い」といった郵便による督促
・まだ厳しい姿勢ではないことが多い
・すぐに滞納を解消できれば、ブラックリストにならない場合も
実家、職場など緊急連絡先への確認連絡
連帯保証人や保証人がいる場合、そちらへの確認連絡
3ヶ月 強制解約
一括返済の催告
個人信用情報機関への事故情報の送信(ブラックリスト)
・厳しい催告状や督促状の送付
・実家、職場など緊急連絡先への確認連絡
・連帯保証人や保証人がいる場合、そちらへの確認連絡
3ヶ月以上 ・「一括返済催告状」「最終通告書」「法的手続執行予告」などの厳しい督促
・実家、職場など緊急連絡先への確認連絡
・連帯保証人がいる場合、そちらへの督促
裁判所への訴え(支払督促、通常訴訟)
最終段階 裁判(訴訟など)
裁判所から、「口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告書」が届く
差押強制執行による財産の強制回収、口座の差押え、職場への給与差押え

一般的には、こうした流れで督促が行われます。ですが、必ずしもこの通りになるとは限りません。場合によっては、滞納3か月以内に法的措置を取られてしまうこともあるでしょう。

また、住宅ローンやオートローンなど、担保が設定されている場合(所有権留保特約つきローン)は、裁判になる前に、「仮差押え・仮執行」が執行できることもあります。この場合、かなり早い段階で、車を回収されてしまったり、家を手放すことにもなりかねません。

法的手続き執行予告、裁判開始決定通知…ジャックスは本当に裁判を起こす?

ジャックスからの督促状や催告状には、「法的手続き」「法的措置」「訴訟」「裁判」などの予告が含まれる場合もあります。
こうした法的手続きを、ジャックスは本当に行うのでしょうか?

「督促状に書いてある“法的措置”や“差し押さえ”などは、脅しに過ぎない」

という意見も見られますが、これはまったくの間違いと言えます。
ジャックスの各種ローンやクレジットカード等の滞納では、こちらが債務整理などを行わない限り、法的手続きとなるでしょう。

裁判上の「支払督促」を申し立てられる可能性が高い

債務の履行を求める法的手続きには、「公正証書」「民事調停」「支払督促」「通常訴訟」「手形・小切手訴訟」「少額訴訟」などがあります。このうち、ジャックスが滞納者に対して用いる手続きは、「支払督促」が多いと予想されます。

裁判上の「支払督促」は、

比較的かんたんな書類だけで申し立てができ、最短即日で結審できる。
裁判費用も、通常訴訟に比べて半分程度とかなり安い

といった特徴があります。
支払督促は、“債権債務の事実に争点がない場合”に向いている手続きです。ジャックスの各種ローンやクレジットでは、「ローン契約書」や「明細書」といった証拠があるため、事実に争いの余地はありません。そのため、この支払督促を用いて、「スピーディに法的措置を行い、強制執行にて差し押さえること」が、ジャックス側はいつでも実行できる状態にあります。

強制執行、差し押さえになると…

差押え(強制執行)になると、あなたの財産や資産を、裁判所の執行官に回収されてしまいます。あなたにとって大切なものでも、法律と司法判断に基づいて、淡々と事務的に回収されてしまうでしょう。

また、差し押さえの対象となる“財産”は、私たちが想像するものばかりではありません。
家や車、土地、預貯金、貴金属や宝石類、有価証券(株券など)、ぜいたく品…などを想像する方が多いと思いますが、差し押さえの対象になる財産は、それ以外にも様々にあります。

意外な差し押さえ対象財産の一例

給与差し押さえ

毎月のお給料に対する差し押さえです。これは本人ではなく、“本人の勤め先”に対して行われます。そのため、職場に多大な迷惑をかけてしまうでしょう。
正社員や公務員だけでなく、パート・アルバイト・契約社員や派遣社員でも、こうした給与差し押さえの対象となります。

売掛金(売掛債権)の差し押さえ

ジャックスは、個人事業主やフリーランス、自営業の方の利用も多い会社です。こうした人の場合は、“給与”ではなく“売上金・報酬”で仕事をしています。
そのため、滞納して差し押さえ強制執行に至った場合、「売掛債権の差し押さえ」となるでしょう。まだ受け取っていない仕事の売上金、報酬、業務委託料などの差し押さえです。
第三債権者となる取引先に対して執行されるため、お世話になっている取引先に、大変な影響を与えてしまいます。

敷金返還請求権の差し押さえ

意外な差し押さえ対象のひとつに、“敷金返還請求権”もあります。賃貸アパートや賃貸マンション、借家などにお住まいで、敷金を入れている場合、退去時に敷金が返還される事になっているでしょう。その“敷金を返してもらう権利”が、敷金返還請求権です。
これは、“将来(いずれ)発生するであろうが、現在は発生していない”権利ですが、差し押さえの対象に含めることが可能です。

いかがでしょうか?
このように、法的措置を経て差し押さえ強制執行となれば、「そんなものまで?」と驚くようなものまで、裁判所の執行官に回収されてしまう恐れがあります。

これは法律で決まっている手続きなので、いくらジャックスにお願いをしても、防ぐことはできません。こちらも“法律で認められた正当な手続き=債務整理で対抗する”しかないと言えるでしょう。

もちろん、返済できる余力があれば返済に応じたほうが良いのですが、お金がない場合は、債務整理をしなければ法的措置は防げない…と言っても過言ではありません。

 

裁判や差し押さえを回避し、返済問題を解決するために、債務整理の検討を

各種ローンやクレジットカードなどを滞納してしまい、ジャックスからの督促に応じられない場合、“法律で認められた正当な手続き=債務整理”をしなければ、裁判・支払督促・差し押さえなどの法的措置を防げないと解説しました。

それでは、この解決策となる“債務整理”について、詳しく見ていきましょう。
債務整理とは、“借金やクレジットカードなどの返済を減額・免除する、正式な手続き”です。

実際には、かんたんな減額診断から始められます

「債務整理」
「法律で認められた手続き」

と言われると、大変なことをしなければいけない…と、身構えてしまいますよね。
ですが実際には、今から行うべきことは、とてもシンプルです。

それは、「匿名・無料・登録不要の、借金減額診断を試してみること」です。

《借金減額診断とは…》
各種の返済や支払が、債務整理で、どのくらい減額できるか診断チェックできる
無料・匿名・登録不要
パソコンやスマホで、ネット上からすぐに使える
弁護士や司法書士が運営・参加しており、信頼できる
詳細結果を教えてもらったり、弁護士や司法書士に直接、無料相談もできる

《減額診断の対象になるのは…》
クレジットカード
カードローンやキャッシングの返済
家賃滞納
携帯電話などの分割払い
奨学金や学資ローン
エステローンや医療ローン
債権回収会社や保証会社からの督促
…etc

もちろん、ジャックスの返済や、ジャックスから督促を受けている債務も、この「借金減額診断」で、簡単に減額できるかシミュレーションできます。

まずはこちらから、おすすめの減額診断をお試し下さい。

司法書士法人みつ葉グループ
【借金の減額診断】
公式サイトはこちら

 

ジャックスの返済も減額できる?「債務整理」の仕組みとは

債務整理の中には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった手続きがあります。また時効債権の場合は、「消滅時効の援用」も返済トラブルの解決に用いられる場合があります。

それぞれの手続きの特徴を、表にまとめました。

任意整理 今後の利息や、遅延損害金をカットして返済を減額。さらに、返済計画を無理のない分割払いで立て直し、3年程度で完済を目指します。
整理対象とする返済(債務)を選べるほか、裁判所を通さないため、比較的負担の少ない手続きと言えます。
個人再生 全ての借金を1/5~1/10程度に減額できます。300万円~5000万円ほどの債務整理に向いています。原則として全ての債務が整理対象となりますが、住宅ローンに関しては、“住宅資金特別条項”により外すことが可能です。これにより、“ローン返済中の家を残したまま、他の借金を減額”することも可能です。
自己破産 一定以上の資産があれば清算することになりますが、すべての借金返済をゼロ円に免除できます。また、手続き中は財産の移動制限など、いくつかの制限がかかりますが、ほとんどの人にとっては日常生活に支障が出る心配はありません。
消滅時効 最終返済から5年が経過している場合、消滅時効の援用という手続きを行うことで、返済義務を消滅させ、返済をゼロ円にできます。

ジャックスの債務整理に向いている手続きは?

クレジットカード、カードローン、家賃保証、住宅ローン保証、オートローン保証、事業者向けの決済代行など、ジャックスには様々なサービスがあります。そのため、一言に「ジャックスの債務整理」といっても、人によって金額も違えば契約も違い、それぞれ事情が異なります。
また、ジャックスの金融サービスには、自動車ローン(オートローン)など所有権留保や担保が設定されているものもあります。こうした細かい契約内容によっても、解決方法は異なってきます。

ただし、たとえば“返せない借金が3000万円も5000万円もある”といった場合でも、絶対に自己破産になるとは限りません。この金額なら自己破産しなくても、個人再生で300万円~500万円ほど、最大約10分の1にまで圧縮できる可能性もあります。

ですので、「自分の場合はどうしたらいいのか」を、債務整理に強い弁護士・司法書士に、無料相談でまず聞いてみることが重要です。

ジャックスのローンやクレジットカードが払えないとき、なぜ債務整理が必要に?

それでは最後に、「なぜジャックスの滞納解決に、債務整理が必要なのか」を解説していきます。もちろん、上記でご説明した通り、“返済を減額または免除できる”可能性があるからという事が一番大きいのですが、メリットはそれだけではありません。

裁判や差し押さえを回避できる

裁判や支払督促の申し立てなど法的措置を起こされる前に、債務整理で和解が成立すれば、こうした事態を回避できると考えられます。

最短即日で取り立て・督促をストップできる

債務整理を開始すると、依頼を受けた弁護士や司法書士が受任通知を発効し、「代理人」となります。そのため、本人や周囲の人への督促が、最短即日でストップします。

親族や職場など、周りに知られずに解決できる可能性が高い

債務整理について、世間の目や職場での評価が気になる方も多いでしょう。ですが現実には、債務整理を行っても、それが周囲に知られてしまう心配はほとんどありません。

自己破産や個人再生を行った場合は、官報に小さく掲載されます。ですが、日ごろから官報を見ている人でなければ、そもそも目にする機会もないでしょう。掲載も本当に小さいので、隅々まで見ていないと気が付きません。

ですので、債務整理が“バレる”心配は、実質ほとんどゼロと言っても良いでしょう。

 

債務整理の費用は?債務整理後の生活は?弁護士や司法書士に無料相談を

「ジャックスの滞納解消のために、債務整理を」と言われても、すぐに債務整理に踏み切るのは難しいと思います。

「費用はどのくらいかかるの?」
「債務整理後の生活はどうなるの?」
「家族や子どもたちに、本当に影響は出ない?」
「債務整理して仕事をクビになったりしない?」

など、デリケートな悩みは人それぞれ、様々です。費用に関しては、“債務整理の初期費用無料”といった弁護士・司法書士もいますが、そればかりが悩みではありませんよね。

最初の一歩は、気軽な「減額診断」の活用を

「弁護士や司法書士への相談」ということ自体、いくら無料といっても、そうそう気軽に行えるものではありませんよね。

そこでまずは、ネットで気軽にできる「減額診断」を使ってみましょう。
先ほども少しご紹介しましたが、匿名・無料・登録不要で、すぐにネット上から行える、返済減額のシミュレーションです。

雰囲気としては、性格診断のような感じです。
ですが、「債務整理」というちゃんとした手続きにもとづいて、しっかりと弁護士・司法書士が監修・参加しているので、内容は信頼できます。

減額診断だけの利用なら、すぐに債務整理の手続きにはなりませんから、気軽に試すこともできます。

「ジャックスの返済がどのくらい減らせるの?」

といった疑問はもちろん、他の返済がある場合も、あわせて減額をシミュレーションできます。

クレジットカード
カードローンやキャッシングの返済
家賃滞納
携帯電話などの分割払い
奨学金や学資ローン
エステローンや医療ローン
債権回収会社や保証会社からの督促
…etc

ジャックスからの取立てに限らず、こうした返済にお困りの方は、おすすめの返済減額シミュレーションを活用してみて下さい。

司法書士法人みつ葉グループ
【借金の減額診断】
公式サイトはこちら

 

-信販会社の債務整理

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.