MUニコスクレジットから請求書・督促状・催告書が来たら消滅時効の援用で解決

投稿日:2017年9月14日 更新日:

★この記事を読んでわかること
  • 三菱UFJニコスや、日本信販、DCカード、UFJカードなどで滞納があると、MUニコスクレジットや子浩法律事務所から督促が来る場合がある
  • すでに時効を迎えている場合、「消滅時効の援用」で返済義務を帳消しにできる可能性がある
  • まだ時効になっていない場合や、他社の債務と一緒に解決したい場合は、債務整理についても検討を

この記事では、MUニコスクレジット株式会社や、弁護士法人 子浩法律事務所からの督促について、対応方法や解決方法をご案内していきます。

MUニコスクレジットから

  • ご連絡のお願い
  • ご通知

子浩法律事務所

  • 至急、連絡下さい
  • 通知書
  • 法的手続着手予告書

といった封書やはがき、督促状や催告状が届いた方は、この記事の情報をお役立てください。

特に、返済を5年以上行っていない方の場合、「債務の消滅時効の援用」という手続きで、返済義務を帳消しにできる可能性があります。
ですが、自分から不用意に連絡してしまうと、この消滅時効の援用ができなくなる恐れもあるため、十分注意してください。

「最後に返済したのがいつか忘れてしまった」という場合の対処方法も、この記事で解説していきます。

 

★すぐに相談したい方は、こちらをご覧ください

「MUニコスクレジットからの督促をすぐに止めてほしい」
「子浩法律事務所から法的手続着手予告書が届いて、裁判になるかもしれず不安」

…など、“すぐにプロに相談したい”方は、こちらをご覧ください。
消滅時効の援用に強い弁護士・司法書士の中から、ネットで無料相談を受け付けている、信頼の先生たちを厳選しています。

消滅時効の援用に強い弁護士・司法書士を一覧にまとめました

 

MUニコスクレジットとは?なぜ郵便物が届くの?

本題に入る前に、MUニコスクレジット株式会社について簡単に説明します。
会社名に心当たりがなく、「詐欺や架空請求では?」と思う方もいるかもしれません。ですが、必ずしも架空請求とは限りません。

というのも、MUニコスクレジットから督促が来る内容は、もともとは「日本信販」や「三菱UFJニコス」「DCカード」「UFJカード」などの債権である可能性が高いためです。

その仕組みは、少し複雑ですが、順を追って解説すると次のようになります。

「日本信販」が、「DCカード」「UFJカード」等と合併し、「三菱UFJニコス」になる
三菱UFJニコスの事業の一部を継承する形で、MUニコスクレジットに吸収分割される

…こうした企業間の吸収合併や事業分割を経ているため、「日本信販」「三菱UFJニコス」などに過去の返済が残っている場合、MUニコスクレジットから督促が来るケースも考えられます。

 

子浩法律事務所とは?MUニコスクレジットとの関係は?

続いて、弁護士法人 子浩法律事務所からの督促について解説します。
子浩法律事務所から督促が来る理由は、この法律事務所が、“債権回収(督促など)を委託されているため”となります。

MUニコスクレジットや、三菱UFJニコスといった債権者から委託を受けて、債務者への督促業務を行っているようです。
(債権回収は、弁護士法に認められた弁護士の業務の一つとなるため、違法ではないと考えられます。)

 

MUニコスクレジットや子浩法律事務所からの督促を“返済しない”で解決する方法

それでは、MUニコスクレジットや子浩法律事務所から督促が来た場合の、対処方法や解決方法を解説していきます。

まず、ポイントは大きく2つあります。
冒頭でもご紹介しましたが、

“債務の消滅時効の援用”で、返済義務をナシにできる可能性がある
不用意に自分で連絡を取ると、消滅時効の援用ができなくなる恐れがある

この2点のポイントをおさえて下さい。
それでは、詳しく解説していきます。

 

債務の消滅時効の援用とは?

借金やクレジットカードの返済など、ほとんどの支払い・返済には“時効”があります。

時効が過ぎること
時効の援用手続きをすること

この2点が揃うと時効が成立し、どれだけ滞納や未払いが残っていても、返済義務が1円も無くなります。
あまりピンと来ないかもしれませんが、法律(民法)に定められている、れっきとした法的なルールです。

「債務の消滅時効の援用」とは
時効援用の外用 ”債務の消滅時効”を主張することで、返済義務を消滅させ、1円も返さなくて良い状態にする、合法的な手続き。
時効の期間 債務の内容によって異なる。
借金、ローンなどの商事債権は、最終返済から5年が時効。
ただし、時効の起算点が変動している場合もあるため、必ずしも5年経てば時効とは限らない
時効援用の方法 ・弁護士や司法書士を通して、時効を主張する
・自分で内容証明郵便を適切に作成し、発行する(失敗のリスクもある)
・訴訟や支払督促を申し立てられている場合は、答弁書などで異議申し立てを行い、時効を主張する
時効援用のメリット ・比較的、手続きがシンプルで素早くできる
・返済義務そのものを無くせるため、1円も払わなくて良くなる
・時効援用によってブラックリストになる等のマイナスがない
・弁護士や司法書士に依頼をすると、すぐに本人への督促がストップする。
時効援用のデメリット ・時効が援用できる条件が厳しく、可能な人は限られる
・訴訟、督促、仮執行、債務承認などで、時効援用が阻止される恐れがある
・自分で電話をかけるなど対応すると、無自覚に債務承認を行ってしまい、時効援用できなくなる恐れがある(時効援用権の喪失)

MUニコスクレジットや、子浩法律事務所からの督促も、最終返済から5年が経っている場合、この“時効援用”で返済を帳消しできる可能性があります。

 

自分で連絡すると、時効が援用できなくなる恐れがある(時効の中断)

債務の消滅時効の援用は、私たちの一般的なイメージとは、大きく違うポイントがいくつもあります。

それは、“時効の中断”と“債務承認”です

「今は払えません」
「もう少し待ってもらえませんか?」
「〇〇円だけなら払えます」

といった発言だけでも、借金の存在を認める「債務承認」となり「時効が中断」してしまい、時効が援用できなくなってしまう恐れがあります。

MUニコスクレジットや子浩法律事務所からのハガキ・封書には、「期日までに必ずご連絡ください」「ご連絡がない場合、法的措置を取らせて頂きます」といった内容が書いてあるはずです。
こうした言葉に驚いて、慌てて連絡してしまうと、時効が援用できなくなる恐れがあります。

 

MUニコスクレジットや子浩法律事務所の督促は消滅時効の援用で解決できる?よくあるQ&A

いかがでしょうか。
MUニコスクレジットや子浩法律事務所からの督促への対応方法として、まず2つのポイントを解説しました。

“債務の消滅時効の援用”で、返済義務を無くせる可能性がある
不用意に自分で連絡を取ると、消滅時効の援用ができなくなる恐れがある

この2点のポイントを、まずはご理解頂けたと思います。

ですが、まだまだ疑問もありますよね。
そこで、いくつか一般的なQ&Aをまとめて掲載します。

 

時効期間が過ぎているかわかりません

自分ではわからない”のが通常です。プロに調べてもらいましょう。

「最後に返済したのがいつか覚えていない」といった場合のほか、「過去に時効の中断事由が発生しており、時効の起算点がずれている」などの可能性もあり、“何年で時効になるかは、人それぞれ異なる”と言えます。

高度な知識や経験がないと判断できないため、消滅時効の援用に強い弁護士や司法書士に、まずは調べてもらう必要があります。

私の場合、借金ではなくクレジットカードの滞納なのですが、これも消滅時効の援用で解決できますか?

時効援用ができる可能性があります。

ニコスカード、DCカード、UFJカードなどクレジットカード等の滞納も、借金返済の滞納も、同じ“債務”です。そのため法律的には、クレジットカードの分割払いなどの滞納でも、消滅時効の援用ができる可能性があります。

もしも消滅時効の援用ができなかったら、自己破産しかないのでしょうか?

任整整理、個人再生など他の債務整理の方法もあります。

「まだ時効になっていない」など、消滅時効の援用ができない場合でも、返済が苦しい場合は“債務整理”で減額・免除ができる可能性があります。
債務整理というと自己破産のイメージが強いですが、そのほかにも「個人再生」や「任意整理」といった方法もあります。

ほかにも返済の滞納や未払いがあるのですが

他社の債務も、合わせて解決できる可能性があります

MUニコスクレジットから督促を受けているもの以外に、ほかにも返済や支払いでお困りのものがあれば、合わせて債務整理や時効援用の検討をしてみましょう。こうした手続きは、他社の債務でも適用できる可能性があります。

MUニコスクレジットや子浩法律事務所から郵便物が届いたら、消滅時効の援用に強い弁護士・司法書士へ無料相談を

消滅時効の援用や債務整理が、自分に本当に必要なのかを判断するためにも、まずは弁護士や司法書士への相談が必要です。

特にMUニコスクレジットや子浩法律事務所から督促があった場合、その債務は時効期間が過ぎている可能性が考えられるため、まずは消滅時効の援用に強い弁護士・司法書士に無料相談してみると良いでしょう。
消滅時効の援用に強い弁護士・司法書士 一覧

また、はっきりと「まだ最終返済から5年経っていない」とわかる場合や、他の滞納・未払い等とあわせて解決したい場合は、債務整理の得意な弁護士・司法書士を選ぶ方法もあります。
債務整理に強い弁護士・司法書士 一覧

 

-信販会社の債務整理

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.