【家族の借金相談】夫がパチンコにハマり隠れて借金していた…返済できない、どうすれば

投稿日:

【家族の借金相談】夫がパチンコにハマり隠れて借金していた…返済できない、どうすれば

この記事では、「夫の借金の債務整理」について、相談事例をご紹介していきます。[1]

悩みの内容

  • 夫がパチンコにハマり、隠れて借金をしていた
  • ギャンブル依存については専門家に相談済
  • 夫が隠れて作った4社195万円の借金をなんとかしたい

「自分も似たような悩みがある」という方は、ぜひご覧ください。

夫がパチンコにハマり、隠れて借金を…返しきれない、どうすれば

今回はまず、相談者の悩みを見ていきましょう。

相談者は、借金をした本人ではなく、その「妻」です。
内容をまとめると、次のようになります。

「夫がパチンコにハマって、隠れて借金をしてるんです。6年前にも同じことがあって、その時は夫の母に助けてもらって返済しました。でも、最近またサラ金から督促状が届いて…それで、あの人が、また隠れて借金してたってわかったんです。」

「夫を問いただして、書類を全部出させて、そうしたら4社で合わせて195万円もあるんです。でも、あの人がもう信じられなくて、まだ他にも借金を隠してるんじゃないかって不安で…」

「ギャンブル依存症かもしれないと思って、そちらは精神科で診てもらっています。でも、借金はどうすればいいんでしょう?もう実家の母も、ほかの親族も頼れません。」

…と、こんな内容の悩みになります。
悩みの内容から、次のようなことがわかります。

  • 夫がパチンコにハマって作った、4社195万円の借金
  • 督促状が来ている=すでに返済を滞納している
  • 妻としては、「他にまだ隠している借金があるのでは」と不安
  • ギャンブル依存の「心の問題」については、専門家に相談済

それではもう少し、この事例の詳細情報をまとめていきます。
今度は、家計と借金の状況を見ていきましょう。

家族構成と収入
  性別 年齢 職業 月収
相談者(妻) 女性 30代 パート 8万円
夫(債務者) 男性 30代 会社員 32万円
子ども - 10歳 児童手当受給中 1万円
子ども - 5歳 児童手当受給中 1万円
借金の内容
借入先 借入件数 債務残高 月々の返済額
消費者金融 2件 95万円 2万円
銀行カードローン 2件 100万円 2万円

専門家の回答:任意整理での解決を推奨

続いて、この相談者の悩みに対して、専門家がオススメしたアドバイスと、その理由を見ていきましょう。

専門家のアドバイス

  • 収入と生活費などから、借金は、裁判所を通さない「任意整理」での解決が良いと思われる
  • ギャンブル依存の解消は、引き続き医療の専門家にサポートを受ける

任意整理を勧めた理由

  • 将来利息のカットにより、着実に元本が減らせるため
  • すでに取り立てを受けている状況なので、早めに着手して、裁判や差し押さえを防ぐ必要がある

任意整理を行った結果

  • 弁護士費用を気にして、夫が任意整理に同意しない状況だったが、初期費用ゼロ円の弁護士に依頼することで同意
  • 弁護士への依頼により、業者からの取り立てがほぼ即日でストップ
  • 将来利息のカットで、元金が着実に減らせるようになった
  • 裁判や強制執行(差し押さえ)も回避できた
  • 手続きを通して、夫の債務状況が明らかになったため、「まだ隠している借金があるのでは」という不安も解消された

解説:本人が債務整理に乗り気でない…家族だけでは支えきれない事態も、専門家の支援で解決

今回の事例のポイントは、次の3点になるでしょう。

  • 相談の時点で、すでに返済を滞納し、取り立てを受けている状況
  • 夫に隠れて借金されていたことで、「ほかにもまだ隠している借金があるのでは」と(妻=相談者)が不安になってしまった
  • こうした状況にも関わらず、債務者本人である夫は、債務整理に乗り気ではない

この3つのポイントを軸に、解説を行っていきます。

すでに滞納があり、取り立てを受けている…解決が遅れると法的措置に

今回の事例では、相談した時点ですでに滞納があり、督促状が届いていました。

もしも放置していたら、裁判所への支払督促の申し立て、または訴訟などを経て、預貯金などの財産が差し押さえを受けてしまったことでしょう。

「家族の借金について相談する」というのは、心理的にも勇気のいる事だったと思いますが、専門家に相談して大正解だったと評価できます。

債務整理の手続きを通して、債務状況が明らかになる

今回の相談者の方には、「夫がまだ他にも借金を隠しているのでは」という不安もありました。

実はこれも、弁護士・司法書士を通した債務整理(借金解決の手続き)を通して、解消される悩みです。

弁護士や司法書士は、債務整理の依頼を受けると、債務状況の確認を行います。個人信用情報機関への照会なども行われるでしょう。これにより、借金の状況がつぶさに明かされますから、“ほかの借金を隠しておく”ことは、できなくなります。

本人が債務整理(借金解決)に乗り気でない…家族で説得より、弁護士・司法書士を通して

もしかすると、この事例で一番の壁になったのは、「本人が債務整理に乗り気でなかった」ことかもしれません。

借金返済の悩みの相談は、“相談だけ”なら本人以外でも可能となっています(※一部の相談窓口のみ対応)。しかし、実際に手続きをするとなると、本人が弁護士・司法書士に依頼して行う必要があるからです。

しかし、「家族だけで何とか本人を説得して、債務整理してもらおう」と考えると、かえって話がこじれてしまう恐れもあります。

弁護士・司法書士にしっかりと間に入ってもらい、

  • なぜ債務整理が必要か
  • 債務整理を行うとどうなるのか

…といった説明を通して、本人も納得の上、債務整理を進めていくほうが良いでしょう。

★家族の借金の悩みを弁護士・司法書士に無料相談

今回の体験談と同じように、

「家族が借金を抱えている」
「家族が隠れて借金を作っていた」

…などの悩みをお持ちの方は、思い切って、弁護士・司法書士に無料相談を行ってみましょう。
次の記事で、無料の相談窓口をご紹介しているので、こちらも是非ご覧ください。

家族や恋人の借金を無料相談できる弁護士・司法書士

また、「弁護士や司法書士に相談するのは、少しためらってしまう」という方は、気軽に利用できる借金減額シミュレーターもオススメです。

借金減額診断シミュレーター

 


--脚注、参考資料--
[1]本記事は、下記資料掲載の事例をもとにしています。
返済困難者相談支援の相談事例集 archive
平成30年10月 大阪府商工労働部中小企業支援室金融課 相談事例 E-(2)

-債務整理の体験談

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

目次へ