返済を早く終わらせる方法を徹底まとめ!借金完済に役立つ無料診断&無料相談

投稿日:2018年4月26日 更新日:

★この記事を読んでわかること
(約5分で読めます)
    • 借金を早く終わらせたい!方法は?返済を減額できる「債務整理」が効果的。
    • 節約や副業(ダブルワーク)も方法の一つ。しかし自分の努力だけでは、返済が減らないことも。
    • 債務整理の無料相談だけでも行っておけば、いざという時の備えにもなる。評判の良い弁護士・司法書士の無料相談窓口は?

この記事では、“分割払いやリボ払いの返済を、早く終わらせる方法”について解説していきます。

  • クレジットカードの分割払い、リボ払い、キャッシング
  • 家賃滞納
  • 携帯電話の本体分割払い
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融などのローン
  • 奨学金

…など、幅広く応用できる方法です。

こうした支払や返済が負担になっていたり、

「早く完済したい」
「毎月の支払で生活が苦しい」

といった方は、ぜひお読みください。

返済や支払は合法的に“減額”できる!無料シミュレーターでチェック!

  • クレジットカードの分割払い、リボ払い、キャッシング
  • 家賃滞納
  • 携帯電話の本体分割払い
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融などのローン
  • 奨学金

こうした返済や支払は、国に認められた方法で減額できる手続きがあります。それを「債務整理」と呼びます。
債務整理を行うには、弁護士や司法書士への相談・依頼が必要です。

ですが、「急に弁護士や司法書士って言われても…」と、ためらってしまいますよね。ネットや電話で、無料相談などもできるのですが、それでも不安のある人も多いでしょう。

そこで、まずは“無料・匿名・登録不要の、返済減額シミュレーター”を利用してみましょう。

返済減額シミュレーターの注意点

ほとんどの返済減額シミュレーターは、「借金減額」「借金を減らす」といった名前や説明になっています。

シミュレーターの選択肢も、「何社から借入がありますか?」「借金はいくら残っていますか?」など、借金を前提にしている事がほとんどです。

ですが実は、お金を借りる借金だけでなく、次のようなものも、対象にできます。

  • クレジットカードの分割払い、リボ払い、キャッシング
  • 家賃滞納
  • 携帯電話の本体分割払い
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融などのローン
  • 奨学金

公共料金や税金の滞納は少し難しいのですが、それ以外であれば、「お金を払う・返す約束」は、すべてひとまず「借金」と考えて、減額シミュレーターを使ってみても大丈夫です。

もちろん、銀行カードローンや消費者金融からの借入など、「お金を借りる借金」でも、利用できますよ!

こうした様々な債務が…

「借金減額シミュレーター」や「借金減額診断」の対象になります
「債務整理」で返済を減額・免除できる可能性があります

無料・匿名・登録不要で利用できる、おすすめの返済減額シミュレーター

「借金返済がつらくて、お金が足りない」
「クレジットカードのリボ払いがなかなか終わらない」
「高額なエステローンを組んでしまって、払いきれない」
「今ある返済を、もっと楽にして、早く終わらせたい」

そんな方におすすめの、無料・匿名・登録不要で利用できる、返済減額シミュレーターをまとめました。

おすすめの借金減額診断

「全ての返済がどれくらい減るのか?」まとめて診断できる減額シミュレーターをご紹介します。
減額診断の対象は、家賃滞納奨学金返還も含まれます!
そのほか、
・クレジットカード
・カードローンやキャッシング
・債権回収会社からの督促
・携帯電話代金の分割払い
・医療費の分割払い
・メディカルローン、デンタルローン、エステローン
・住宅ローンや自動車ローン
…なども、「借入件数」「借入金額」に合計して診断してみましょう!

返済が苦しい
裁判や差し押さえを回避したい
家族や職場にバレずに債務整理したい
…など、無料相談にも対応しています。

  • アーク東京法律事務所の借金減額診断


    債務整理(返済減額・免除、取り立てストップ)に強い、アーク東京法律事務所の返済減額診断です。
    女性弁護士も在籍しているので、主婦や女性ひとりでも安心して無料相談できます。
    ●代表弁護士:宮崎 拓哉(東京弁護士会所属 登録番号26788)
    ●代表弁護士:岸本 未理(兵庫県弁護士会 登録番号39258)

  • ライズ綜合法律事務所の借金減額診断


    債務整理(返済解決)に強い、「ライズ綜合法律事務所」直営の返済減額シミュレーター
    入力情報を元に、債務整理に詳しい弁護士から、無料で詳しい診断結果を教えてもらえる
    …など、無料サービスにも関わらず、手厚いサービス内容。
    ●代表弁護士:田中 泰雄(埼玉弁護士会所属 弁護士登録番号 第25485号)

  • 司法書士法人みつ葉グループの借金減額診断

    運営:司法書士法人みつ葉グループ
    「返済de困ったさん」のテレビCMで有名な、司法書士法人みつ葉グループの借金減額診断です。
    代表の島田雄左(しまだゆうすけ)司法書士は、TNCテレビ西日本の「ももち浜ストア」FBS福岡放送の「めんたいプラス」にレギュラー出演する等、多くの人から信頼を集めている有名人。
    高い評価と、豊富な実績を持つ「みつ葉グループ」の運営なので、安心して利用できる減額診断シミュレーターになっています。
    ●代表司法書士:島田 雄左(東京司法書士会所属登録番号7287号)

  • ウィズユー司法書士事務所の借金減額診断

    運営:ウィズユー司法書士事務所
    ウィズユー司法書士事務所は、一般的な債務整理だけでなく、消滅時効の援用や闇金解決にも強みを持つ奥野正智司法書士が代表を務めています。
    借金減額診断は今の債務がどのくらい減るのかシミュレーションで簡単にわかるチェッカーですが、
    「家族にバレずに借金を解決したい」
    「闇金からの取り立てにも悩んでいる」

    など、様々な悩みを無料で相談することもできます。
    ●代表司法書士:奥野正智司(大阪司法書士会会員 第2667号/簡裁認定番号 第312416号)

  • アルスタ司法書士事務所の借金減額診断

    運営:アルスタ司法書士事務所
    ・銀行カードローンやキャッシング
    ・債権回収会社や保証会社からの督促
    ・奨学金や家賃滞納、携帯電話料金の滞納
    …など
    幅広い返済(債務)の減額シミュレーションができる、アルスタ司法書士事務所の減額診断です。
    気軽なお試し感覚で利用できるので、返済にお困りの方は、活用してみましょう。
    ●代表司法書士:大塚勇輝(大阪司法書士会会員 簡裁訴訟代理認定 第1012023号)
    ●代表司法書士:野間知洋(大阪司法書士会会員 簡裁訴訟代理認定 第1312048号)

 

借金を無くしたい!完済を早くする方法は、節約や副業ではなく本当に債務整理?

「借金を早く終わらせたい」
「借金を無くしたい」

そんな時の解決方法には、債務整理がとても重要です。とはいえ、「他にもっと手軽な方法は無いの?」と思えそうですよね。

たとえば、「節約」「副業(ダブルワーク)」が思い付きます。では、そうした努力で返済を早く終わらせることは、できないのでしょうか?具体的に検討してみたいと思います。

借金を早く返す方法は?家計節約の3つのポイント

まずは節約の基本から見てみましょう。

次のような工夫を実践してみて、それでも返済が難しい、借金がなかなか減らないと思った場合、節約だけでは返済が難しい状況だと判断できます。

1:家計簿をつける

毎月の家計簿は、節約の基本です。家計簿をつける習慣を、まずは徹底しましょう。

2:外食、趣味のお金、衣類や靴に使うお金を見直す

外食、趣味のお金、衣類や靴の費用は、家計の中でも節約しやすいタイプの出費になります。
まずはこうした費用の節約から、始めてみましょう。

3:食費(外食以外)、家賃など住宅費、光熱水道費、携帯代の節約は難しい

食費、家賃など住宅費、光熱水道費、携帯代(通信費)は、節約が難しい出費になります。
こうした費用まで削らないと、返済のお金が作れない場合は、債務整理が必要な状況だと考えて良いでしょう。債務整理に強い弁護士・司法書士に、早めに相談してみて下さい。

★節約に努めていても、借金がなかなか減らないことも

「節約生活を頑張っているけれど、なかなか借金が減らない」といった方も、実際には多いと思います。

なぜなら、家計支出のほとんどは、“あまり削る余地がない”お金ばかり。なので、節約で作れるお金には、限界があります。

あまり頑張り過ぎて自分を追い詰めてしまう前に、債務整理での返済減額も検討してみたほうが良いでしょう。

借金を減らせる副業・ダブルワークのオススメは?

「副業(ダブルワーク)で収入を増やして、借金を完済しよう」という考え方もありますね。

コンビニやチェーン店など、24時間営業のバイト先が人気

ダブルワークとして人気があるのは、夜間に働きやすい24時間営業のコンビニや飲食店だと言われています。

また、深夜営業の多い風俗やキャバクラなども、抵抗がある人も多そうですが、一方でダブルワークの職場としても定番になっていますね。

ダブルワークは、“過労死”リスクで長くは続けられない

「ダブルワークで頑張ろう」と思っても、現実には、ほとんど長く続きません。副業やダブルワークでは、本当に“寝る時間も無い”からです。

働き過ぎによる過労死の危険も考えると、副業・ダブルワークが続けられるのは、2~3か月程度が限界でしょう。稼げる金額は、30万円ほどが相場ではないでしょうか。

逆に言えば、債務が30万円以下なら、“寝る間も惜しんで働き続ける”ことで、返済を早く終わらせられる可能性もありそうです。

ただ、本当に体を壊したり、過労死してしまう危険が高いので、やはりお勧めはできません。

絶対におすすめできないのは、カードローン等で借金をさらに増やすこと

他のサイト等を見ていると、「借金返済の悩みを解消するために」と言いながら、カードローンの借入をオススメしている所もあるようです。

ただ、“返済を早く終わらせる”ことを考えると、カードローンは絶対におすすめできません。
これ以上借金を増やしてしまったら、当然、借金返済も長引いてしまうからです。

「おまとめローン」や「借り換えローン」も、返済期間がより長くなる傾向なので、利用は慎重になったほうが良いでしょう。

返済を早く終わらせる方法に、債務整理がピッタリな理由

借金を早く返すためには、「返済額を増やす または 一括返済できるお金を稼ぐ」か、「残債(借金の残り)を減らす」か、少なくともどちらかが必要です。

返済額を増やすために…ということで、節約や副業(ダブルワーク)を検討してみましたが、やはり限界があることがわかりました。

そもそも、節約も仕事も、もう充分に努力されている人も多いと思います。それでも借金が終わらず、悩んでいるわけですね。

そのため、あとは「借金の残りを減額する」方法で、対処していく必要があります。
その方法が、債務整理となります。

任意整理、個人再生、自己破産…債務整理の3つの方法

債務整理には、いくつかの手続きがあります。「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つが代表的です。

任意整理

今後の利息や遅延損害金をカットして、返済を減額します。元金が減額できる場合もあります。減額後に残った分は、負担の少ない分割返済となります。

比較的シンプルな手続きなので、家族に知られずに返済を減額できる場合もあります。

「借金を早く終わらせたい」という悩みの解決にも向いている手続きです。特に、利息のせいで元金が減らず返済が進まない場合に、効果的な解決策です。

個人再生(個人民事再生)

原則として、すべての返済を5分1程度に減額できる手続きです。任意整理よりは本格的な手続きとなりますが、そのぶん効果も絶大です。

「返済が苦しく、終わりがまったく見えない」
「何百万円、何千万円とローンがあって、完済できそうにない」

といった場合に、特に向いている手続きです。

自己破産

原則として、すべての返済を免除する手続きです。“全ての借金が帳消しになる”のは、他の手続きにはない大きな効果です。

「もう返済を続ける生活に耐えられない」
「借金があるせいで、結婚も出産も転職もできない」

…など、借金が人生の大きな足かせになっている場合、自己破産も選択肢の一つに入れて良いでしょう。

なお、自己破産にまつわる勘違いやデマも、たくさん流れているので、注意が必要です。

「自己破産するとホームレスになる」
「戸籍に傷がつく」
「記録が一生残り、まともな人生が送れなくなる」

といった噂もありますが、こうした話は全て間違いです。

債務整理についてのよくあるQ&A

家族にバレませんか?
任意整理では、家族に知られずに解決できることも多いと言われています。
一方、個人再生や自己破産でも、必ずしも家族に知られるとは限りません。
債務整理は、あくまで「本人」の債務について解決する手続きです。たんに“家族である”というだけで、巻き込んでしまう事はありません。
職場に迷惑をかけることにならないでしょうか?
債務整理では、職場に何か通知が行ったり、巻き込んでしまう心配はありません。
むしろ、このまま返済滞納に陥り、差し押さえ(強制執行)を受けることになれば、給与差し押さえ等により、職場も巻き込んでしまうでしょう。
転職や就職に悪影響が出ませんか?
原則として、影響はありません。
自己破産の手続き中のみ、士業、警備員など一部の職業に就業制限があります。
ただし、任意整理や個人再生を行った場合はまったく影響がありません。
自己破産も、手続きが済めば、職業制限もなくなります。
住宅ローン返済中ですが、債務整理しても家を残せますか?
家を残せる可能性もあります。
任意整理や個人再生の住宅資金特別条項など、家を残して、他の債務を減額できる手続きもあります。
複雑な仕組みが多いので、詳しくは、弁護士や司法書士に無料相談で聞いてみてください。
債務整理の費用を払う余裕がありません。お金がなくても可能ですか?
費用の心配はまったくありません。
「初期費用ゼロ円」「相談無料」の弁護士や司法書士を、当サイトでは取りまとめています。
こうした先生であれば、手元に一円もお金がなくても、債務整理を今すぐはじめられます。
年金受給者や母子家庭でも債務整理はできますか?
可能です。
債務整理は、誰でも行うことができます。
費用についても、法テラスの民事法律扶助制度など、支援を受けられるので、まったく心配不要です。
★今すぐ債務整理しなくても、減額診断でお試しを!

債務整理は、借金を早く終わらせるために、とても効果的な手続きであることはこれまで説明してきたとおりです。ですが、あまり身近なものではなく、ハードルの高さを感じる方も多いでしょう。

ですので、まずは“無料の借金減額シミュレーター”でどのくらい返済を減らせるかチェックしてみましょう!
また、いざという時に頼れる弁護士・司法書士が見つかるので、今後の備えにも役立ちます。
お金も掛からないので、この機会に、ぜひ活用してみてください。

おすすめの借金減額シミュレーター

 

債務整理は、後ろめたい手続きではありません

「債務整理をしたほうが良いかもしれない」
「無料相談だけでも、してみようか」

そんな風に思いつつも、どうしても行動を起こせない…。
その理由は、もしかしたら、ご自身でも気が付かない“気持ち”の問題かもしれません。

「債務整理をするなんて、情けない…」
「債務整理なんて恥ずかしい」

…など、いろいろな気持ちがあると思います。
考え方は人それぞれ、自由がありますが、一つだけ当サイトとして申し上げたい事があります。それは、“自分のせいだ、自分が悪い”と、自分を追い込み過ぎないで欲しいという事です。

債権者の“不適切な融資”が、あなたを追い込んでしまった

借金やクレジットカードなどの返済が難しくなったのは、誰に責任があるのでしょうか?返済が苦しくて、ギリギリの経済状況になってしまったのは、誰のせいでしょうか?

「返せないのは自分が悪い」
「借りたのは自分だから…」

という風に考えるのは、あまりにも“債権者の都合の良い”話になってしまいます。

返済が苦しくなり、滞納することを、「金融事故」と言います。
事故というのは、たとえば交通事故もそうですが、どちらかに100%の責任がある…という事はありません。過失割合という考え方がありますが、ほとんどの場合、誰かが一方的に悪いわけではないのです。

返済が苦しくなるのも、実は同じです。
「借りた人」ばかりの責任ではありません。

お金を借りる時、賃貸住宅を借りる時、店頭分割払いを利用する時、クレジットカードを作る時…。どれも“審査”がありますよね。

これは、銀行や信販会社、消費者金融などが、「貸したい人を好き勝手に選ぶ」ものではありません。申し込んだ顧客の返済能力を正しく評価し、無理のない限度枠で融資を認める事が求められます。
つまり、“適切な審査”と、それに基づく“適切な融資”を行う責任が、貸す側にもあるわけです。

言い換えれば、返済が難しくなった、返済で生活が苦しくなった…という事は、金融機関や信販会社、サラ金etc、審査を行った側が、“不適切な融資を行ってしまったからだ”と言うこともできます。

決して、あなた一人の責任ではないのです。

不適切な融資・不適切な審査は、社会問題にもなっている

「貸した側の、不適切な審査・融資にも原因がある」

都合の良い話に聞こえるかもしれませんね。
ですが、これはまったく根拠のない話ではないのです。そして、あなた一人だけの話でもありません。

たとえば今、銀行カードローンにも同じような問題が指摘されています。日本弁護士会は、2016年、そして2017年と相次いで声明を発表し、「銀行カードローンの過剰融資(貸し過ぎ)」を問題視しています。

銀行カードローンに限らず、他の債務でも似たような問題があるでしょう。社会問題になるほど、過剰融資が横行しているわけです。
社会問題ということは、“あなた以外にも、あなたと同じように返済で悩んでいる人が、大勢いる”という事です。

他の人もみんな悩んでいるのに、なぜ、あなたの場合だけ、あなたの責任だと言えるでしょうか?

言えませんよね。

あなたは、“無理な返済を強いられる状況に、追い込まれてしまった人の一人”だからです。

債務整理は、“不適切な借金”を“適切な利害関係”に調整する手続き

もしかすると、債務整理についても、誤解があるかもしれません。

「しかたなく“お情け”で返済を減額・免除してもらう手続き」

そんなイメージをお持ちだとしたら、これはまったく違います。
たとえば、破産法第一条には、次のように規定されています。

第一条 この法律は、支払不能又は債務超過にある債務者の財産等の清算に関する手続を定めること等により、債権者その他の利害関係人の利害及び債務者と債権者との間の権利関係を適切に調整し、もって債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図るとともに、債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的とする。

出典:破産法-衆議院

かんたんに説明しましょう。

債務整理とは、“お情け”で返済を減額・免除してもらうわけではありません。
“かわいそうだから”借金を軽くしてくれるのでもありません。
“債権者に都合よく歪められた借金生活”を、“正しい返済計画になおす”ことが、債務整理の本質なのです。

歪められたものを正すのに、なぜ後ろめたい気持ちになる必要があるのでしょうか。
どうして「情けない」と感じる必要があるのでしょうか。

そんな風に、自分を責める必要はありません。

これが、破産法第一条に定められた理念です。
民主主義に基づき、議会の採決を経て承認された、重みある法の定めが、「あなたは悪者ではない」と言っているのです。

破産法も、民事再生法も、あなたの味方です。
法律があなたの味方である…ということは、法律の専門家である弁護士や司法書士も、あなたの味方だという事です。

後ろめたい気持ちにも、情けない気持ちにも、なる必要はありません。
あなたを悩ませている返済も、債務整理で減額できる可能性があります。
まずは無料の減額シミュレーターで、どのくらい減らせるのか、気軽にチェックしてみましょう。

おすすめの借金減額シミュレーター

 

 

-債務整理の相談先

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.