ヤミ金の被害を電話で無料相談できる弁護士・司法書士

投稿日:2018年1月21日 更新日:

★この記事を読んでわかること
  • ヤミ金融から取り立てや嫌がらせを受けている場合の主な相談窓口は、警察や消費者センター、法テラス、闇金救済に強い弁護士・司法書士など。
  • 闇金の取り立てをストップし、嫌がらせを止めれるのは、闇金に強い弁護士や司法書士。警察に相談しても、すぐに捜査や闇金逮捕に踏み切れないのが通常。
  • 解決が長引くと、家族や職場に闇金の嫌がらせ被害が拡大してしまう恐れが高い。早めの相談を。

この記事では、闇金による取り立てや嫌がらせ等の被害について、解決方法や相談窓口をご紹介していきます。

ヤミ金からお金を借りてしまい、嫌がらせを受けて困っている
家族がヤミ金からお金を借りてしまった
お金を借りた相手がヤミ金融かもしれない
まだ借りていないが、キャンセルしようとしたらキャンセル料を請求されている

など、ヤミ金融の被害でお悩みの方は、ぜひお役立てください。

 

「ソフト闇金」「個人間融資」…新しい闇金の手口にご注意ください

闇金の手口は、年々巧妙化しています。

  • 丁寧でやわらかい雰囲気を出している「ソフト闇金」
  • 善意の個人を装ってお金を貸し付ける「個人間融資」
  • 中小企業応援ローンなどと称し、法外な高金利での貸し付けを行う

など、さまざまな手口が用いられています。
一見すると闇金らしくなく、ヤミ金融とわからないで被害にあってしまう場合もあります。

闇金かどうかわからなくても、借りた相手が少しでも「怪しい」と思ったら、闇金被害の相談窓口に相談してください。

 

未成年が借金してしまった場合も、闇金の被害者になっている恐れがあります。

高校生や18歳・19歳などで、「未成年 金貸してくれるところ」などで調べて、怪しい相手からお金を借りてしまった

未成年の息子や娘が、黙って借金をしてしまった

こうしたケースでも、知らないうちに闇金の被害者となっている恐れがあります。

 

ヤミ金融の嫌がらせ被害は警察に相談するべき?主な相談窓口

警察

お住いの地域の警察署にヤミ金被害を訴えると、「生活安全課」などで相談にのってもらえる場合もあります。また、地域によっては、闇金相談のホットラインなどを設けている警察署もあるようです。
ですが、警察に闇金被害を相談しても、すぐに業者を逮捕してくれるわけではありません。「民事不介入の原則」もあり、個人の被害の訴えだけでは、警察は捜査や逮捕に踏み切れないことが大半です。

消費者センター、国民生活センター

消費者センターや国民生活センターも、闇金被害の相談を受けています。ですが、こうした機関には、不法な闇金業者に立ち向かうだけの力や権限は付与されていません。「相談に乗る」ことと、「被害情報を収集する」ことが、主な役割と考えらえます。

法テラス

ヤミ金融の被害は、法テラスでも相談が可能です。場合によっては、「闇金に強い弁護士」を紹介してもらい、解決できる可能性もあります(法テラスが直接解決するのではなく、解決するのは弁護士となります)。ですが、闇金に強い弁護士や司法書士は本当に数が少ないので、地域にそうした先生がいなければ、法テラスでは対処が難しくなるでしょう。

闇金救済に強い、全国対応の弁護士・司法書士

ヤミ金融の取り立てストップや、返済なしでの解決、嫌がらせや被害拡大の防止といった取り組みを行っている、弁護士や司法書士です。
いくつもの闇金被害を食い止めてきた弁護士・司法書士であれば、ほとんど“お任せ”で闇金と縁を切ることも可能です。

ヤミ金に強い弁護士・司法書士の無料相談窓口(全国対応)

数少ない“闇金に強い弁護士・司法書士”ですが、なかには全国対応で依頼を受け付けている先生もいます。

電話やメールで24時間365日、いつでも無料で闇金被害を相談できる弁護士・司法書士を、次のページにまとめています。

 

家族や職場への被害拡大を防ぐためにも、ヤミ金融の被害相談は、“一日も早く”

ヤミ金融の解決に向けた相談は、一日も早く行ったほうが良いでしょう。
その理由をまとめていきます。

闇金解決が長引くと、家族や職場(会社)など周囲に被害が拡大する

ヤミ金融は、お金を借りた本人だけでなく、その家族や近所、職場などに嫌がらせや脅迫を行い、金銭の支払いを迫ります。

「子供の小学校に取り立てに行くと脅された」
「夫の勤務先の上司にまで、闇金の嫌がらせが行われた」
「近所に言いふらされた」

…など、一般常識からは考えられないほど、取り立て被害が急激に拡散します。
家族や職場を巻き込まないためには、一刻も早く、闇金の取り立てを止めるしかありません。

お金を払うと闇金と縁が切れなくなる

一円でもお金を払ってしまうと、あなたやその家族は、闇金から“都合のいい金づる”と目をつけられてしまいます。
遅延損害金、慰謝料、賠償金など名目をつけて請求を追加されたり、勝手にお金を貸し付けられて(押し貸しされて)、法外な金利での返済を要求されたりと、執拗に被害に遭いつづけてしまいます。

 

闇金解決は弁護士や司法書士で可能なの?費用はいくら?よくあるQ&A

弁護士や司法書士で、本当に闇金の解決はできますか?

闇金救済に強い弁護士や司法書士であれば、可能です
ご心配のとおり、確かに普通の弁護士や司法書士では、闇金を解決することは困難です。ですが、“闇金救済”の得意な先生であれば、相手の弱点なども知り尽くしているため、事態を解決できる可能性が高くなります。

闇金解決を弁護士や司法書士に依頼すると、費用はいくらかかりますか?

トータルで1件あたり2万円~5万円前後が相場です。
ですが、「初期費用無料」「費用の後払い・分割OK」といった取り組みを行っている弁護士や司法書士もいるので、お金がなくても闇金トラブル解決を依頼できます。

ヤミ金融の嫌がらせで、精神的につらいです。どうすればいいですか?

電話で話を聞いてもらうだけで、気持ちが前向きになれることもあります
闇金の取り立てや嫌がらせは、被害者を精神的に追い込む“洗脳”でもあります。自分一人で抱え込んでしまっては、相手の思うつぼです。

ストレスで何もできなくなってしまう前に、勇気を出して、電話相談を利用してみてください。何を話そうか…etc、考えがまとまらなくても大丈夫です。まずは電話をして、話を聞いてもらいましょう。
それだけで気持ちが強くなり、解決に前向きになれることも沢山あります。

とはいえ、「疲れてしまって、今すぐ電話するのがつらい」という場合もあるでしょう。そうした方は、こちらの記事に目を通してみてください。

電話相談する気持ちが少しでも沸いたら、すぐに闇金救済に強い弁護士・司法書士に相談してみましょう。

闇金相談を無料で受けつけている弁護士・司法書士をまとめました

 

-闇金被害の相談先

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

目次へ