ヤミ金やソフト闇金で“おまとめ融資”は危険!借金地獄で取り立ての被害者に

投稿日:

★この記事を読んでわかること
(約3分で読めます)
  • ヤミ金やソフト闇金は「おまとめローン」もOK?利用しても本当に大丈夫?
  • 違法なヤミ金利のせいで、“おまとめ”すると借金地獄に…。取り立て被害に遭う恐れも!
  • ヤミ金、ソフト闇金で“おまとめ”がダメなら、どうすれば?多重債務でも返済を減額・免除する方法も。

違法な高金利でお金を貸し、返せない相手には暴力も辞さない過酷な取り立てを行う悪質業者。そんな「ヤミ金」「ソフト闇金」ですが、様々な手口で勧誘を行っています。

TwitterなどSNSで勧誘したり、個人間融資を装ったりと、その方法は多種多様。その中でも今回は、“ヤミ金・ソフト闇金のおまとめローン”について解説していきます。

“おまとめローン”とは?多重債務を一本化するテクニック

まず、“おまとめローン”について簡単に説明していきます。
おまとめローンとは、「複数の借金を一本化する」ことです。

たとえば、A社、B社、C社から借金があるとします。3社合計で、300万円の借金だとしましょう。

3社にそれぞれ返済していくのは、大変ですよね。
返済日も金利もバラバラなので、返済シミュレーションもうまくできません。

そこで、新たに別のD社から300万円を借りて、A社、B社、C社の借金を完済します。
すると、300万円の借金そのものは減りませんが、返済する相手がD社だけになります“D社に一本化”したわけです。
こうすると、返済日も金利もまとまるので、同じ金額の借金でも、計画的に返済しやすくなります。

また、A社・B社・C社よりもD社のほうが金利が低ければ、これから払う利息も圧縮できますね。

こうした一本化のために使うローンのことを、『おまとめローン』または『借り換えローン』と言います。

ソフト闇金やヤミ金での“おまとめ”が危険な理由

複数の借金を一本化する“おまとめローン”。
これ自体は、特に危険なものではありません。

ですが、“ヤミ金やソフト闇金でおまとめローン”をすることは、とてつもなく危険だと断言できます。

いったいなぜでしょうか?
その理由を、解説していきます。

法外な金利で、借金地獄になる

まず、闇金やソフト闇金の“違法な金利”が、大きな危険に繋がります。

金利が高いと、元金が減りにくく返済がなかなか終わらない事は、実感されている方も多いと思います。
とはいえ、正規のサラ金(消費者金融)や銀行ローンの金利は、どれだけ高くても、上限で年率20%。これは法定金利といって、法律で金利の上限が定められているからです。

一方、闇金やソフト闇金は、法律を守りませんから、金利もとてつもない割合になっています。

《ソフト闇金や闇金の金利》
10日で3割 およそ年率1095%
1週間で2割 およそ年率1042%

つまり、普通のサラ金(消費者金融)やカードローンよりも、20倍も金利が高いわけです。

普通のサラ金や銀行カードローンは、高くても年率20%の金利なのに、それでも返済が苦しいから「おまとめローン」を使って返済を楽にしたい…。

そういった人が、年率1000%以上にもなるヤミ金利で、どうして返済がうまくいくでしょうか?

まず間違いなく利息が膨れあがるので返済に困り、“借金地獄”に陥ってしまいます。

返せなくなるので、暴力的な取り立てや嫌がらせの被害にあってしまう

闇金で借りたお金が“返せない”となれば、暴力的な取り立てを受けてしまうでしょう。

「ソフト闇金は悪質な取立てをしない」と、業者は自分たちで言い張っていますが、信じてはいけません。

「金を返さないほうが悪い!だからこれは正当な督促だ!」と主張して、暴力的な取り立てを行ってくるでしょう。
また、自分では取立てを行わず、他の過激なヤミ金や暴力団に依頼して、代わりに取立てを行わせるかもしれません。

  • 恐喝のような電話が毎日、何十回も掛かってくる
  • 自宅や職場に押し掛けてきて、暴力的な態度で金銭を要求する
  • 家族や子供にも嫌がらせをする
  • 近所に督促の張り紙を貼る
  • 無関係な友人や親族に無理やり借金をさせ、そのお金で返済させる
  • “借金のカタに”と、家財道具などを強奪される

このような被害にあってしまうでしょう。

闇金やソフト闇金で“おまとめ”は絶対ダメ!でも、多重債務の解消はどうすればいい?

ソフト闇金や闇金で、『おまとめローン』や『借り換えローン』を利用すると、借金地獄に陥ってしまうのは確実です。

とはいえ、「じゃあ、どうすれば良いの?」と思いますよね。

最近はどの金融機関のローンも厳しくなっており、“おまとめ目的でも審査に通らない”という人も増えています。
ですので、“おまとめローンで何とかしよう”と考えるのではなく、“債務整理で未払いや滞納を解決する”と、方針を変えてみてはいかがでしょうか?

債務整理とは?返済や支払を“減額・免除”する手続きです

債務整理とは、借金の返済や支払を減らしたり、免除できる手続きです。

「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」といった方法があります。ここでは、特に使われることの多い「任意整理」「個人再生」「自己破産」について、簡単に解説します。また、人によっては「時効援用」も利用できるため、こちらもあわせて解説します。

任意整理

  • 今後の利息や遅延損害金がカットされ、返済が減額される。
  • 場合により、元金の減額も可能。
  • 残った返済は、長期の分割払いとなる。
  • 裁判所を通さず、弁護士や司法書士が直接、業者と交渉する。
  • 家族にバレずに、返済問題を解決できる可能性もある。

個人再生

  • 全ての債務の返済を5分の1程度に減額する。
  • 残った返済も、長期の分割払いにできる。
  • 数百万円~5000万円程度の債務の整理に向いている。
  • 裁判所を通す手続きではあるが、強制的に財産を没収されることは無い。

自己破産

  • すべての債務の返済が原則として免除される
  • 返済が0円になるため、どれだけ多額の債務でも解消できる。
  • 逆に金額が少ない場合でも、自己破産が認められることもある。
  • 自己破産を行っても大々的な騒ぎにはならない。また、戸籍に傷がつく等も無く、世間から白い目で見られる心配もない。

債務の消滅時効の援用

  • 最終返済から5年または10年が経っている場合に利用可能
  • 手続きを行うことで、返済義務が無くなり、返済が0円になる
  • 事実上、デメリットが無い

こうした手続きは、すべて法律に基づいています。借金やサービス料金の返済滞納・未払いの“合理的な解決方法”です。

★費用が無くても大丈夫!お金が無くても債務整理をはじめられます

債務整理は、費用の心配もしなくて大丈夫です。

相談無料
債務整理の初期ゼロ円無料
生活を立て直してから、分割・後払いOK

こうした弁護士や司法書士もいるため、お金が手元にまったく無い方でも、債務整理をはじめる事ができます。
まずは次のページの一覧で、お金が無くても債務整理をはじめられる弁護士・司法書士をご覧ください。

無料相談可能な弁護士・司法書士事務所 一覧と解説

 

-闇金

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.