ヤミ金被害を弁護士・司法書士に相談して解決できた体験談

投稿日:2017年6月26日 更新日:

このページでは、闇金被害を弁護士・司法書士に相談して解決できた体験談をご紹介していきます。

闇金(ヤミ金融・ヤミ金)とは

闇金とは、無登録で貸金業を営む業者のことです。「ヤミ金融」ともいわれます。

かつては“もぐりの業者”といった形で、アパートの一室などで隠れて営業する形が多かったのですが、近年ではその実態も多様化しています。店舗をもたず携帯電話一つで行う「090金融」や、インターネットを使って行う形、また、個人を装って顧客を集める「個人間融資」「レンタルキャッシュ」、そのほか「ソフト闇金」と名乗る場合もあります。

無登録で金融業を営む時点で違法行為ですが、これに加えて、闇金の実害は“トサン・トゴなど異常な高金利”“悪質な督促”、そして“本人や周囲の人、家族・親族や職場まで巻き込む取り立て”など、大変に深刻です。

 

ヤミ金の取り立てを止めて欲しいですが、嫌がらせがないか心配です。

体験者プロフィール
・斎藤さん(仮名)
・年齢:20代
・性別:男性
・職業:アルバイト
・年収 :140万円
・家族構成:単身
・賃貸アパート住まい

弁護士への相談内容

ヤミ金の取り立てを止めて欲しいのですが、嫌がらせがないか心配です。
ついお金に困って、ヤミ金で借りてしまいました。
ネットで調べて、ヤミ金へはお金を返さなくていいと知ったんですが、無視していると嫌がらせを受けますよね。先生にお願いして取り立てを止めれても、嫌がらせまで本当に防げるんでしょうか?

とにかく関わってこないようにしてほしいです。
実家や職場、彼女にも、一切関わらないようにしてもらえますか?

解決結果

  • 相談を受けた弁護士は、「闇金の嫌がらせを止める」ことまで含めての対応となると説明。そのほか、取り立てを止める流れや方法などをきめ細かく解説。
  • 説明を受けて納得した斎藤さんは、闇金トラブル解決を依頼。
  • 弁護士はヤミ金への直接対応を行い、さらに警察や金融機関と連携、闇金業者の口座を凍結する等、強力な対抗策を実施。
  • こうした結果により、ヤミ金被害を全面解決。さらに万が一のため、警察も斎藤さん宅付近のパトロール強化など、引き続きバックアップを行う事になった。

解決後の感想

先生にお願いして本当に助かりました。相手の闇金は本当に怖い人だったので、大丈夫かなと思っていたんですが、あれから一切取り立てもありませんし、家族や職場にも、彼女にも、まったく影響もありません。警察の方もパトロールして頂いて、おかげで安心できています。

解説

「闇金トラブル解決」と言われても、無法者のヤミ金業者を相手にどうするのか…と、心配になる方も多いのではないでしょうか。実際には様々なテクニックがあるのですが、公にすると闇金業者に対策されてしまう恐れもあるため、詳しい解説は当サイトでも省略させて頂きます。

ですが、“闇金に強い司法書士”である「ウィズユー司法書士事務所」の奥野正智司先生によると、

  • 闇金業者側の口座、携帯電話、電話利用などを停止
  • 警察との連携

といった様々な対応により、「弁護士が介入することで、ヤミ金にとってデメリットが大きくなる」と解説されています。

 

個人間融資で借りた相手が闇金かもしれません。解決をお願いしたいのですが、他の弁護士に断られてしまいました。

体験者プロフィール
・松田さん(仮名)
・年齢:40代
・性別:女性
・職業:兼業主婦(アルバイト)
・年収 :108万円(世帯年収380万円)
・家族構成:夫、子供2人
・持ち家(住宅ローン返済中)

弁護士への相談内容
生活費が足りなくなってしまい、夫にバレたくなかったので、個人間融資掲示板でお金を借りました。そうしたら、借りた相手からひどい取り立てをされるようになり、困っております。

セクハラのような嫌がらせもあって、心理的にとてもつらいです。
でも、こんな話は誰にも相談できません。

思い切って、別の弁護士に相談してみましたが、「個人の貸し借りでは受けられない」と依頼を断られてしまいました。
相手は個人といっても、掲示板でいつも他の人にもお金を貸したりしているようですし、ヤミ業者みたいなものだと思うんですが、やはり解決はお願いできないでしょうか?

解決結果

  • 相手が個人であっても、継続性などにより“業として認められる”場合がある。こうした事から、相談を受けた弁護士は、個人間融資の相手が“闇金業者”にあたると判断。松田さんの依頼を受任し、解決に着手。
  • 詳しい面談により、法定金利の10倍以上の利息で融資されていたことが発覚。松田さんに一切の法的な返済義務がないことを確認。
  • 弁護士の権限を活かした働きかけや、警察、金融機関、電話会社等との連携により、取り立てや嫌がらせを止めさせる事に成功した。

解決後の感想

最初はどうなることかと思いましたが、落ち着きを取り戻せてほっとしています。子供たちや夫に何かあったらと気が気でありませんでしたが、何もなく、無事に相手と関わりを切れました。
「個人間融資だから闇金ではない」と思っていた自分が、浅はかだったと思います。先生をはじめ、いろいろな方に助けて頂いて、解決できて本当によかったです。

解説

個人間融資は、表面上は“個人同士のお金の貸し借り”という形をとるため、闇金の温床になっているとも指摘されています。
名目上は個人間融資を装っていても、“不特定多数に対し、継続的に”行っている場合、実態として“業者”と判断されるのが通例です。

とはいえ、一般的な債務整理では、“貸金業者や銀行など、企業からの借入”を対象としているため、個人間の融資や闇金に関しては、受任を断っている弁護士事務所・司法書士事務所もあります。

こうした様々な難しさのある事件でしたが、“闇金に強い弁護士”に相談したことで、無事に解決へとつながったようですね。闇金対応は、通常の債務整理とも異なるため、“闇金に強い弁護士・司法書士”に依頼することが大切だと、改めて思います。

 

生活保護受給者ですが、闇金で借りてしまいました。CWにバレると、生活保護を打ち切られるでしょうか?

体験者プロフィール
・斎藤さん(仮名)
・年齢:30代
・性別:女性
・職業:なし
・年収 :生活保護受給
・家族構成:単身
・賃貸アパート住まい

司法書士への相談内容
生活保護受給者ですが、闇金でトゴ(※10日で5割の違法金利)でお金を借りてしまいました。
090番号で電話したら、すぐにポンとお金を貸してくれました。返済口座はあとで教えるから、受給日になったら電話するように言われました。
ですが、因縁をつけられて揉め事になったり、CW(※ケースワーカー:生活保護受給者のサポートをおこなう福祉職員)にバレて生活保護が打ち切られたりしないかと、今になって急に不安になってしまいました。

この場合、どうしたらいいでしょうか?
闇金に二度と関わりたくないです。いい方法はありませんか?

解決結果

  • 相談を受けた司法書士は、まず「闇金への返済義務は一切なし」であることを説明。依頼を受ければ、生活保護が打ち切られないようにしつつ、闇金と縁を切れることも解説。
  • 司法書士の提案により、斎藤さんは闇金解決を依頼。依頼費用は、法テラスの民事法律扶助制度によってサポートされる事となった。
  • 依頼を受けた司法書士は、即座に闇金業者を割り出し、取り立てを止めるよう強く要請。同時に、闇金の証拠や被害実態などの資料を、連携する管轄警察署に提出。

なお、こうした司法書士の働きかけが、警察による闇金業者の逮捕につながった

解決後の感想

一時はどうなる事かと思いましたが、先生が何もかもやってくれて、無事に闇金と縁を切ることができました。解決後に闇金から嫌がらせがあったら…とも心配していましたが、それも今のところありません。
後になって、あの闇金業者が警察に捕まったと聞いて、ニュースにもなっていて、本当にほっとしました。

生活保護も打ち切られずに済みました。
これからは二度と闇金と関わらず、社会復帰を目指して頑張っていきます。

解説

闇金の悩みは、警察に行っても“民事不介入”と言われてしまうため、解決できないと言われています。その理由は、個人が持ち込んだ証言だけでは“証拠が不十分で、事件性を判断できない”事などが考えられます。

ですが、“闇金に強い司法書士や弁護士”であれば、闇金の取り立てストップ&返済ナシで解決することも可能です。さらに、こうした弁護士・司法書士からの証拠提出が、闇金の摘発・逮捕にもつながる場合もあります。弁護士や司法書士は、“法的権限”を持っているため、司法機関である警察も動きやすいのではないでしょうか。

ヤミ金やソフト闇金の悩みを無料相談できる弁護士・司法書士

-闇金

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

目次へ