特定調停を無料相談できる弁護士・司法書士を徹底まとめ!

投稿日:

★この記事を読んでわかること
(約3分で読めます)
  • 特定調停について相談したい!無料で相談できる弁護士・司法書士を徹底まとめ。
  • 本当に無料で相談できる?家族や周囲の人にバレない?気になるQ&Aも。
  • 法テラスとの比較や、相談先の弁護士・司法書士の選び方も解説。

この記事では、特定調停を無料相談できる弁護士・司法書士について解説します。

「自分で特定調停をしたいけれど、よく分からない」
「弁護士や司法書士に、特定調停について聞きたいことがある」

といった時に、お金を掛けずに、詳しいアドバイスをもらえる弁護士・司法書士をご紹介していきます。

★特定調停や債務整理を相談できる弁護士・司法書士の一覧

特定調停や債務整理について、無料で相談できる弁護士・司法書士を一覧にまとめました。次の記事に掲載しているので、相談を行いたい方は、こちらをご覧ください。

特定調停や債務整理を無料相談できる弁護士・司法書士の一覧

特定調停は自分でできる!でも実際は難しいことばかり…

「特定調停は、弁護士や司法書士に頼まなくても、自分でできる」
「特定調停は、弁護士や司法書士に頼まなくて良いので、お金が掛からない」

…と、このように言われる事も多いのですが、現実には様々な難しさがあります。

たとえば、「管轄裁判所はどこ?」といった初歩的な問題だけでも、私たち一般個人には、判断できない事もあります。
そのほか、必要な書類を整えたり、実際に申立てを行ったり…と、手続きの様々な場面で、「難しい」「よくわからない」と感じる事ばかりでしょう。

ですので、“まずは無料相談で、弁護士や司法書士の話を聞いてみる”ことは、非常に重要です。

特定調停を弁護士や司法書士に相談!よくある質問と答え

相談すると、依頼するように強引に勧誘されませんか?
強引に勧誘される心配はありません。無料相談のみの利用でも大丈夫です。
もちろん、相談の結果、「プロにお任せしたほうが良い」となる事もあります。ですがその場合も、相談者の気持ちや意思を一番に尊重してもらえます。
無料相談は、本当に費用が掛かりませんか?
はい。無料相談は完全にゼロ円です。
確かに、ふつうの弁護士や司法書士であれば、相談料として30分5000円ほど掛かるのが相場です。ですが当サイトでは、債務整理の相談に一切お金が掛からない弁護士・司法書士を厳選して、窓口情報を取りまとめています。
どう相談すれば良いでしょうか?うまく説明できる自信がありません。
プロの相談員が対応してくれるので、うまく説明できなくても大丈夫です。
電話での無料相談にも対応しているので、まずは電話してみましょう。「債務整理をしたいのですが…」「特定調停の相談をしたいのですが…」と言えば、あとはプロの相談員が、上手に話を聞いてくれます。
個人情報は大丈夫ですか?相談したら、誰かに知られないか心配です。
秘密厳守となっています。誰かに知られる心配もありません。
弁護士や司法書士は、秘密厳守が徹底されています。さらに、匿名で相談できるところも多く、電話相談やメール相談なら、弁護士・司法書士の事務所に行く必要もないので、誰かに見られたりする心配もありません。
遠方に住んでいるのですが、相談できるでしょうか?
はい。全国対応の弁護士・司法書士も大勢います。
事務所は大阪や東京にあっても、「全国対応」で相談や依頼を受けている事務所もたくさんあります。ですので、どこに住んでいても大丈夫です。

特定調停や債務整理を無料相談できる弁護士・司法書士の一覧

特定調停の相談は法テラスでも可能?

弁護士への相談は、「法テラス」も利用できます。
特定調停についての悩みも、法テラスでも受け付けてもらえるでしょう。法テラスでの相談も、基本的にお金は掛かりません。

何か事情があって、「弁護士や司法書士に直接相談するのは避けたい」といった場合は、法テラスを利用するのも良いかもしれませんね。

ただし法テラスには、次のようなデメリットもあります。

相談の前に、まず予約が必要
地域によっては、予約が取りにくい
実際に法テラスの窓口に行って、面談しないといけない
担当の弁護士は当番制なので、必ずしも債務整理に強い弁護士に相談できるとは限らない
原則的に、初期費用ゼロ円で債務整理はできない(※初期費用ゼロ円になるのは、民事法律扶助制度の対象になる人のみ)

そのため、
「督促の通知が届き、いつ法的手続きを執られてもおかしくない」
「差し押さえ予告通知を受けており、時間がほとんどない」
「今月の返済ストップに間に合うように債務整理したい」

など、急ぎの場合は、法テラスではなく、弁護士や司法書士に直接相談したほうが良いでしょう。

口コミは頼りにならない?特定調停を相談する弁護士・司法書士の選び方

最後に、特定調停を相談する弁護士・司法書士の選び方をまとめていきます。
当サイトでも、おすすめの弁護士・司法書士を取りまとめていますが、「自分で選びたい」という場合は、以下の選び方を参考にしてみて下さい。

「弁護士」と「司法書士」は、相談だけなら、どちらでも大丈夫

まず、弁護士に相談するか、それとも司法書士に相談するか…という点です。
司法書士の場合、債務1件あたりの金額が140万円を越えると受任できない決まりがあります。ただし、相談だけであれば、この決まりは特に影響しません。
ですので、「まずは無料相談だけしたい」という場合、弁護士でも司法書士でも、どちらでも問題ないと言えます。

有名な大手だからといって安心はできない

「有名な大手法律事務所だから」
「テレビCMで見たことがあるから」

というのも、弁護士や司法書士を選ぶポイントとしては、あまり重視しないほうが良いでしょう。

実際に、積極的にCM展開をしていた大手法律事務所が、実は不正行為を働いていた…といった事件も生じています。

また逆に、ほとんど知名度はなくても、長年、債務整理に誠実に取り組んできた実力派の弁護士・司法書士も大勢います。

2ch(現:5ch)などの口コミや評判は、あてにならない

そもそも、弁護士や司法書士の口コミ自体が、実はほとんどありません。
普通のショッピングやサービスと違って、「弁護士・司法書士に依頼したことを、ネットの口コミに書こう」と思う人がいないからです。

弁護士や司法書士に相談するのは、とてもデリケートな話ですよね。ですから、たとえ5ch(旧:2ch)や知恵袋でも、口コミを書き込む人自体がほとんどいません。

さらに、2chなどの匿名掲示板には、業者による自作自演の書き込みもあります。一部の金融業者が、優秀な弁護士・司法書士の評判を落とそうと、悪い口コミを書き込む…といった事も考えられます。

ですので、“弁護士や司法書士を選ぶときには、口コミはあまり頼りにならない”と考えたほうが安全です。

大切なのは、“債務整理の実績”

もっとも重視したいポイントは、“債務整理の実績”です。
弁護士や司法書士といっても、あらゆる分野に精通しているわけではありません。中には、離婚や交通事故、相続に詳しいいが、債務整理はまったくわからない、ほとんど経験がない…といった先生もいます。
(もちろん、そうした先生は他の分野でご活躍されているので、弁護士や司法書士として能力が低いわけではありません。)

ですので、「家が近いから」「友人の知り合いに弁護士がいるから」等の理由ではなく、債務整理の実力と実績でしっかりと選ぶことが重要です。

★債務整理に強い弁護士・司法書士の相談窓口をまとめました

匿名相談可
相談無料
24時間対応
電話(フリーダイヤル)・メールでの相談可能
全国対応

といった特徴のある、債務整理に強い弁護士・司法書士の無料相談窓口を、次のページでまとめています。
こちらの情報も、あわせてご活用ください。

特定調停や債務整理を無料相談できる弁護士・司法書士の一覧

 

-特定調停

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.