債務整理すると職場に迷惑が掛かる?仕事やバイト・パートはクビ?

投稿日:

この記事では、債務整理をすると職場に迷惑が掛かるのか、仕事をクビになってしまう恐れがあるのか等、解説していきます。

債務整理は、借金などが返済できなくなった時に、減額・免除してもらえる手続きです。弁護士や司法書士に依頼して行うことや、「個人再生」「自己破産」では裁判所を通すこともあり、

「なにか大きな騒ぎになってしまうのでは」
「新聞やマスコミに報道されるのでは」
「そうなったら職場にもいられない…クビになってしまう」

…と、不安になる方も大勢いるかと思います。
そこで今回は、こうした疑問にお答えしていきます。

債務整理で、職場に迷惑は掛からない

まず結論から言えば、原則として、債務整理で職場に迷惑が掛かることはありません。

そもそも、“あなたが債務整理をした事実を、職場は知りようがない”からです。

債務整理をしても、大きな騒ぎになることはありません。マスコミの報道に載ることもありません。一般人の自己破産や債務整理に、報道するほどの価値は無いからです。

また、債務整理は債権者と債務者の利害調整を、弁護士や司法書士、あるいは裁判所が間に入って行うものです。
つまり、債務整理の“登場人物”は、次の通りになります。

  • 債権者
  • 債務者
  • 連帯債務者(連帯保証人など)
  • 弁護士や司法書士
  • (手続きによっては)裁判所

債務整理の“登場人物”の中に、あなたの勤務先や職場は入ってきません。そして債務整理は、この“登場人物”以外には、これといって知らせる事や、巻き込んでしまう事も無いのです。

職場に裁判所から通知書が来るとか、職場に対して調査が入るといった事も、もちろんありません。

あなたから話さない限り、職場はあなたの債務整理をまったく知る事ができないのです。

「知らない」のですから、迷惑に感じたり、ましてはクビにする…といった事も、まずあり得ないでしょう。

例外は、“職場が債権者”になっている場合

債務整理で職場に迷惑が掛かってしまうケースとしては、職場が債権者になっている場合があり得るでしょう。たとえば、給料の前借をしている場合などです。

給与の前借も債務になるので、“職場が債権者”という事になります。そうすると、すべての債権者を平等に扱う「個人再生」や「自己破産」では、職場も債権者として、債務整理の手続きに関わってくる事になるでしょう。

ただし、整理する対象を選べる「任意整理」なら、職場からの給与前借を債務整理の対象から外すことで、職場への影響を抑えられる可能性があります。

どちらにせよ、「職場から給料を前借している」といった場合は、少し工夫が必要になるでしょう。債務整理に詳しい弁護士や司法書士に相談し、どう手続きを進めれば良いか、アドバイスをもらう事が大切です。

債務整理をせず、差し押さえになった場合のほうが職場に迷惑をかけてしまう

「職場への迷惑」という観点から見れば、もっとも心配なのは、むしろ債務整理をせずに返済を滞納し、差し押さえになってしまった場合のほうです。

差押え(強制執行)になると、その一環として、給与債権の差押えが行われるでしょう。これは、あなた(債務者)の職場に対して、「あなたに払うべき給与を、債権者に払いなさい」と、裁判所から命令が下る措置です。

職場に対して、裁判所からの命令がされるので、借金トラブルを抱えている事実も、差し押さえを受けたことも、すべて知られてしまいます。さらに、「給与差押えに対応する」という事務負担も掛けることになります。

そうなれば、社内で噂になって居場所が無くなり…といった事も、生じてもおかしくありません。

ですので、「職場に迷惑をかけない」事を考えるなら、なおさら債務整理をしたほうが良いと言えます。債務整理をすれば、裁判・差し押さえなどを回避できるからです。

「借金返済や滞納の悩みで、職場に迷惑をかけたくない」という方は、すぐに債務整理の無料相談を行ってみて下さい。

債務整理に強い弁護士・司法書士の一覧まとめ

 

-債務整理

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

目次へ