借金解決・債務整理の相談は、複数の弁護士に相談して大丈夫?

投稿日:2016年7月24日 更新日:

「ネットで相談無料」の弁護士が増え、誰でも気軽に、いろいろな弁護士に悩みを相談できるようになりました。複数の弁護士に、一度に相談メールを送って、それぞれ意見を比べてみる…なんて事もできますね。
ですが、借金返済の悩みや債務整理の相談は、“複数の弁護士に同時相談すること”は、やっても大丈夫なのでしょうか?

マナー違反にならない?
「ほかの弁護士にも相談している」と言ったら、嫌な相談者だと思われない?

などなど、ちょっと心配になってしまいますよね。
そこで今回は、複数の弁護士に同時に相談することについて、問題ないのか調べてみました。

結論は「問題ナシ」!いろいろな弁護士に相談するのが当然です!

簡単に結論からお伝えしましょう。
複数の弁護士に相談し、返答を比べることは、合理的な方法です。

まず、相談はあくまで“相談”です。
正式な依頼を出していないので、この段階なら、複数の弁護士に相談することはOK。

また、「A弁護士に正式な依頼をして、手続きをしてもらっているけれど、B弁護士にも相談してみたい」という場合も、やはり相談なら問題ありません。
お医者さんのセカンドオピニオンと同じような感じと考えて良いでしょう。

借金の問題は、むしろ複数の弁護士に相談したほうがいい

複数の弁護士に相談することは、失敗が少ない「弁護士の選び方」です。

まず『債務整理』について、一般の方は専門的な知識は持っていないので、簡単に説明します。

債務整理とは
  • 借金やローン、家賃滞納、携帯電話料金の未払い等、各種の金銭債務(滞納や未払い)を減額・免除し、解決するための、国の認めた合法的な手続き
  • 「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」といった方法がある
  • 手続きを依頼すると、取り立てが最短即日でストップすることも
任意整理 将来掛かる利息や遅延損害金をカットし、元金のみを3年程度の分割払いとする
個人再生(個人民事再生) 全ての借金を5分の1~10分の1程度に減額し、3年~5年の分割払いとする
自己破産 資産を手放す必要があるが、全ての借金の返済義務が無くなる

このように、債務整理のいずれかの方法で借金の減額や返済方法の見直しといったことが可能になります。

自分の悩みには、どんな解決方法があるか?
どんな方法で解決するのが、一番メリットがあるのは?
費用はいくらかかるのか?
解決までに、どのくらい期間がかかるか?
借金がいくら減るのか?

など、相談者の状況によって、答えが違ってきます。

ですが、弁護士によっては提案する解決方法にバラツキが出る場合があるのです。

A弁護士 「話し合いと任意整理で解決できるので、費用は5万円です。」
B弁護士 「自己破産するしかないですね。費用は30万円かかってしまいます。」

…といったように、弁護士によっても、答えがいろいろ違ってくるケースがあります。

一人の弁護士の意見だけでは、「もっと自分に合った方法があるのか」「それとも本当に他の解決方法がないのか」等、判断ができません。
ですから、複数の弁護士に相談をして、意見を比べることは合理的だと思います。

また、どこにも正式に依頼していない状態なら、『他の弁護士の無料相談を受けていること』を、わざわざ伝える必要も無いでしょう。

とはいえ闇雲に手当たり次第、いろいろな弁護士に相談すればよいという話ではありません。
相談先をいくつかに絞たほうが手間が掛からないでしょう。

当サイトでは、評判の良い弁護士や司法書士を一覧にまとめていますので、それらを参考にするのも良いでしょう。

電話・メールで無料相談可能な弁護士・司法書士事務所 一覧と解説

 

-弁護士・司法書士, 債務整理

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.