会社員、公務員の債務整理・借金解決の体験談

投稿日:2017年6月25日 更新日:

このページでは、会社員や公務員の方の債務整理について、実際の解決事例をご紹介していきます。
「職場に知られたくない」「家族に内緒にしたい」といった悩みはもちろん、「忙しくて、相談に行く時間がない」、さらには「職場がブラックで、借金以外の悩みも抱えている」といった方も多いのではないでしょうか?
そんな方の参考になる事例をまとめてみました。

債務整理をしたいのですが、仕事が忙しく時間がありません。

体験者プロフィール
・山岡さん(仮名)
・年齢:30代
・性別:男性
・職業:会社員
・年収:年収220万円
・家族構成:単身
・住宅ローン等なし。賃貸住まい。

弁護士への相談内容
借金の債務整理を考えていますが、法テラスや法律事務所に行く時間がありません。
私の職場はものすごく忙しくて、毎日残業があって、終電帰りです。家から遠いので朝も始発で、寝る時間もほとんどないです。休日もほとんどありません。

給料も安くて生活もギリギリなんですが、仕事のストレスからお酒にはまってしまい、気が付いたらクレジットカードで払いきれないぐらいお酒を飲んでしまっています。
クレジットカード2枚を限度額もいっぱいまで使ってしまって、キャッシングも使ってしまって、とても払えないことにようやく気が付きました。

法テラスに相談にいこうと思いましたが、私の地域では深夜や休日の相談をやっていなくて、とても行く余裕がありません。
夜中に家に帰ると、ポストの中に督促状がたくさんあって、嫌になってまたお酒を飲んでしまって、このままではもうダメだとわかっているんですが、どうしようもありません。

とにかく借金だけでも何とかしたいです。
こうしてメールを打つ時間ぐらいなら大丈夫なのですが、お願いできますか?

解決結果

  • 上記のメール無料相談を受けた“全国対応”の弁護士は、まず以下の3点を丁寧に回答。
  1. 山岡さんの事情に合わせて“SKYPE(ネットの通話アプリ)での面談”とし、債務整理を受任できること
  2. 任意整理や個人再生では借金の理由を問われないこと
  3. 自己破産でも、裁判所の裁量により、事情を汲んで免責が認められる場合があること
  • 説明を受けて、山岡さんは弁護士に債務整理を依頼。自身の総負債額も正確に把握していなかったものの、弁護士の調査により、リボ払い約100万円、キャッシング約150万円、総額250万円の債務が判明。
  • 収支バランスなどを考え「個人再生」による債務整理を実施。その結果、借金が総額250万円から100万円まで減額され、月々の返済額も2万8000円となった。
  • さらに弁護士は、山岡さんにアルコール依存症の恐れがあることを察知し、依存症回復施設の紹介も支援。同時に、勤務先に労働基準法違反の恐れがあることも懸念し、労働基準監督署への相談もサポートを行った。

解決後の感想

何から何まで、親身になって手を尽くして頂きました。こんなに親切にして頂けて、依頼費用も「後払いで、分割で良いですよ」と言ってもらえて、とても感謝しています。

これからまだ、残った借金を少しずつ返したり、体を治したり、転職したりと、やることがたくさんありますが、「いつでもまた相談してください」と先生が味方についてくれているので、もう怖いものはありません。あの時メールで相談して、本当によかったです。

解説

債務整理に強い先生の中には、全国規模で活躍している方もいます。こうした先生は、さすがに全国レベルだけあって、さまざまな分野に精通しています。
今回の事例では、“多重債務&ブラック労働&アルコール依存症”という三重苦。すべてを解決するのはとても難しく思えますが、全国レベルのベテラン先生であれば、トータルでの対処も期待できるでしょう。

また、“仕事が忙しく、相談に行く時間もない”といった悩みは、より多くの方が抱えていると思います。こうした悩みも、全国対応の先生なら、“メール相談”や“SKYPE(インターネットでのTV通話)面談”といった形で対応している場合もあります。

こうした対応ができる法律事務所は多くないのですが、当サイトで提携している先生方は、基本的に全て“メール相談+全国対応”となっています。

 

スマホゲームにハマってしまい、ガチャ課金で120万円の借金があります。債務整理しても、妻や職場に知られないでしょうか?

体験者プロフィール
・深山さん(仮名)
・年齢:50代
・性別:男性
・職業:会社員
・年収:年収350万円
・家族構成:妻、子供2人
・持ち家(住宅ローン完済済み)

司法書士への相談内容
年甲斐もなくスマートフォンのゲームにのめりこんでしまい、つい熱くなってガチャ課金をし過ぎて、気が付いたらクレジットカードで120万円も使い込んでしまいました。

お恥ずかしながら、ハマってしまったゲームが美少女モノでして、こんなことを妻や会社に知られたら、とても顔向けできません。

あと10年ほど待てば、退職金で返済できると思うのですが、それまでカード会社は待ってくれないでしょう。子どもも2人いますが、どちらも大学に通っており、私の稼ぎは350万円ほどしかなく、学費を払ってやるのも精一杯という状況です。

カード会社への返済もなかなかいかず、滞納もしてしまっている状況です。

せめてクレジットカードの使い込みの理由が、美少女ゲームだという事だけは、隠し通したいのです。
これを隠したまま債務整理することは、できるでしょうか?

解決結果

上記の無料メール相談を受けた司法書士は、以下の2点を説明。

  1. 任意整理なら家族や職場に知られず、債務整理できる可能性が高いこと
  2. このまま滞納を続けると、給与差し押さえ等を通して、職場や家族に知られてしまう危険も高いこと

説明を受け、深山さんは債務整理を決断。「任意整理」での将来利息のカット&分割返済の和解案が成立。

解決後の感想

利息をなくしていただき、分割で返済できるようになり、家族に知られずに完済できる目途も立ちまして、本当にありがたく思っております。私名義のクレジットカードはしばらく使えないようですが、もとより今回の件で懲りましたので、ちょうどよかったと思っております。

解説

今や多くの人の娯楽となった、スマートフォンのゲーム。多くのゲームは、“ガチャ”と呼ばれるゲームシステムを採用しています。有料のゲーム内通貨(魔法石など)を消費することで、希少価値の高いキャラクター等が、一定の確率で手に入る仕組みです。「射幸心を煽るのでは」との指摘もあり、この仕組みにハマって金を重ねてしまう方も少なくありません。

さて、こうした“ガチャ課金”による債務は、裁判所の基準により、自己破産しても免除されない(免責不許可事由)とされています。ですが、債務の理由を問われない「任意整理」や「個人再生」であれば、債務整理を行うことが可能となっています。

 

前に住んでいたアパートの滞納家賃で、家賃保証会社から督促状が来ましたが、金額が納得できません。

体験者プロフィール
・田中さん(仮名)
・年齢:20代
・性別:男性
・職業:地方公務員
・年収:250万円
・家族構成:妻
・住宅ローン等なし。賃貸住宅に居住。

司法書士への相談内容
家賃保証会社から取り立てを受けていて、困っています。
この春から市役所勤務の公務員になって、引っ越したんですが、前のアパートの家賃を滞納していて、その督促状が家賃保証会社から来ています。

滞納した家賃は、5万円が6か月分で30万円なんですが、なぜか80万円ぐらいの請求になっています。
督促状に内訳も書いていなくて、わけがわかりません。

滞納した自分が悪いとは思っていますが、これでは納得できないですし、怖いです。
「〇〇トラスト 債権回収課(※編注:伏字は当サイト)」という所に電話するように書いてありますが、怖くて電話していません。

電話しないと、職場にバレてしまうでしょうか?
あと、職場にバレると、やっぱり公務員なのでクビになりますか?
今住んでいる部屋から追い出されてしまうでしょうか?
借金の悩みじゃないと思うんですが、僕の場合も解決してもらえますか?

解決結果

相談を受けた司法書士は、以下の3点を無料相談で丁寧に解説。

  1. 家賃保証会社の代位弁済による求償債権も、借金等と同じく“商事債権”であり、債務整理が可能となる
  2. 家賃滞納が原因で解雇されたり、現在の住居を追い出される心配は基本的にないが、このまま未解決だと、自主退職の勧告を受ける可能性もゼロではない
  3. 家賃保証会社には規制法がないため、場合によっては、消費者金融よりも取り立てがエスカレートしやすい傾向もある

説明を受け、田中さんは債務整理を司法書士に依頼。

  • 司法書士は、遅延損害金を含めても請求額が正しいか疑問であることや、代位弁済通知書が発行されていない点など、家賃保証会社側の不備を指摘。交渉を有利に進め、80万円の請求を30万円まで減額。さらに分割払いでの和解を認めさせた。

なお、依頼者の田中さんは奨学金の返還も残っていたが、本人の意思により、奨学金は整理せずに返済を続けることとなった。

解決後の感想

よくわからない金額で取り立てを受けて、本当に困っていたので、先生に対応していただいて助かりました。債務整理についてはテレビCMで何となく知っていましたが、借金じゃないと無理だと思っていたので、滞納家賃も整理できると教えてもらった時、すごくホッとしました。
裁判にもならず、職場にも知られずに何とかなって、助かりました。

解説

債務整理というと、消費者金融や銀行カードローン、住宅ローンや自動車ローンなどの借金の解決が有名です。ですが実際には借金だけでなく、家賃や携帯電話料金なども、“法律上の非免責債権ではない”ため、債務整理が可能となっています。

また、今回のケースでは、司法書士の“スゴ腕ぶり”も発揮されていますね。任意整理は裁判所を通さない“交渉”なので、弁護士や司法書士の実力が大きく問われます。この事例では、「家賃保証会社側の不備」をしっかりと指摘し、有利な交渉結果を勝ち取っています。

相手側の不備をしっかりと見抜ける、実力と経験の豊富な先生は、本当に頼もしいですね。

初期費用ゼロ円!無料で借金解消を頼める弁護士・司法書士 女性一人でも安心!お金の悩みを無料相談できる弁護士・司法書士 消滅時効の援用を無料相談できる弁護士・司法書士 ヤミ金やソフト闇金の悩みを無料相談できる弁護士・司法書士 借金の悩みを土日・深夜に無料相談できる弁護士・司法書士 最短即日で取り立てSTOP可能な弁護士・司法書士 無料・匿名・登録不要!借金減額診断シミュレーター

-債務整理

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

目次へ