専業主婦、兼業主婦の債務整理・借金解決の体験談

投稿日:2017年6月25日 更新日:

このページでは、専業主婦や兼業主婦の方の、債務整理の体験談をご紹介していきます。

債務整理とは、借金を減額・免除する、国の認めた救済手続きです。
ですが、主婦にとって“借金の悩み”とは、ただ返済を減らせば良い…というだけの話ではありません。

「夫や子供たちへの影響は?」
「多重債務者の夫とは離婚するべき?」

などなど、家族全体の悩みにもなってきます。

こうした複雑な悩みを、「お金」も「気持ち」も「家族の絆」も、見事に解決できた事例をご紹介していきます。

夫(旦那)に知られずに借金を整理したいです。良い方法はありませんか?

体験者プロフィール
・山岡さん(仮名)
・年齢:30代
・性別:女性
・職業:専業主婦
・年収:本人0万円、世帯年収340万円
・家族構成:夫、子供2人
・住宅ローン等なし。賃貸住まい。

弁護士への相談内容
夫に内緒の借金があり、返済に困っています。
3年ほど前から、夫の収入が減ってしまい、生活費が足りなくなりました。でも、夫に「稼ぎが足りない」とは言えず、隠れて借金をして生活費をまかなっています。
最初に楽天カードのキャッシングで30万円借りて、次にオリックス銀行のカードローンで50万円借りました。そのあとも返済のために借りたり増額したりして、今、合わせて234万円の請求が来ています。

このままでは生活もできませんし、来年の子供たちの進学費用も出せません。
それに、取り立ての郵便も来ているので、いつ夫にバレるかと、本当に気が気ではありません。
いろいろ考えてしまって、もう何日も眠れていません。

なんとか助けて頂くことはできないでしょうか?

解決結果

  • 山岡さんの事情を考慮し、弁護士は、依頼費用を“初期費用ゼロ円”+“後払い・分割”にて受任。
  • 解決方法は「任意整理」を選択。即日で受任通知を発行し、取り立てをストップ。
  • 任意整理で返済計画をリスケジューリングした結果、これまで月7万円×6年の返済だったものを→ 月4万円×4年にまで圧縮。
  • 裁判所を通さない手続きにて債務整理が完了し、ご主人にも知られずに借金を整理。

解決後の感想

夫に知られずに、月々の返済を減らせるなんて、とても思っていませんでした。離婚されるのも覚悟していたのですが、そうした事にもならず、また、子供たちにも迷惑をかけずに済んで、本当に安心しています。
家計のやりくりにも相談に乗っていただき、助かりました。おかげで月々の返済も、生活もなんとかなりそうです。私も頑張って、これからはパートをしながら、残りの借金を返済していこうと思います。

解説

総量規制対象外のため、本人年収0円でも審査に通ってしまう「銀行カードローン」。2017年6月現在では自主規制が進んでいるため、審査も厳しくなっている様子ですが、以前はこうした融資も行われていたようですね。

今回の山岡さんのケースでは、「任意整理」による解決でした。任意整理というと、過払い金返還や利息カット、遅延損害金カットが有名ですが、“返済計画の立て直しができる”というのも大きなメリットです。また、裁判所を通さないため、家族に知られずに債務整理できるのも大きいですね。

女性一人でも安心!お金の悩みを無料相談できる弁護士・司法書士

 

旦那の借金が見つかりました。妻も返済しなければいけませんか?それとも離婚するべきでしょうか?

体験者プロフィール
・鈴木さん(仮名)
・年齢:30代
・性別:女性
・職業:兼業主婦
・年収:本人108万円、世帯年収420万円
・家族構成:夫、子供3人
・持ち家 (住宅ローン返済中)

弁護士への相談内容
旦那あてに債権回収会社から督促状が来て、隠れて借金していたことがわかりました。
督促状はアビリオ債権回収という会社からで、旦那はモビットから50万円、プロミスから70万円借りていました。本人に問いただしてみたら、ほかにもレイクとアイフルからも借金があるようです。

まだ隠している借金があるかもしれないし、合計でいくら借りているのかもわかりません。
督促状には、一括返済しないと「法的措置」や「給与差し押さえ」と書いてあります。

今までも取り立てがあったようですが、私に見られないように、すぐ捨てていたようです。
本当に裏切られた気持ちでいっぱいで、ちょっと頭が混乱しています。

旦那の借金は、妻も返済しなければいけませんか?
それとも、こんな人とはもう離婚したほうがいいでしょうか?

子供が3人いて、まだ小さいので、子供たちのためにも離婚はしたくないと思うのですが、こんなに借金があると、どうしたらいいかわかりません。
取り立てが来て、子供たちの身に危険があったらと思うと、すごく心配です。

解決結果

  • 弁護士は、まず無料相談で鈴木さんから詳しい事情を聞いた後、改めてご夫婦での話し合いをアドバイス。旦那さんに債務整理をするよう説得。本人の了解を得て、まずは債務の調査を開始。
  • 弁護士の権限による調査の結果、5社合計で650万円の多重債務が発覚。ただし、その大半は“消滅時効”を迎えており、消滅が可能だと判明。
  • 時効を迎えていた3社200万円分を、“消滅時効の援用”手続きにより帳消し。残った450万円の借金を、「小規模事業者個人再生」にて100万円に減額。
  • 返済計画も立て直し、“月々約28000円×3年払い”での再生計画にて認可。

解決後の感想

先生に相談に乗っていただいて、本当によかったです。「夫の借金は、妻には返済義務がない」という事を聞いて、まずほっとしました。離婚についても相談したのですが、「債務整理や消滅時効の援用で借金を大きく減らせる」「解決可能」と聞いて、離婚せずに頑張っていこうと希望が持てました。
先生の丁寧なご説明のおかげで、旦那も債務整理に前向きになり、一家離散せずに多重債務を脱出できました。

解説

多重債務に陥っている場合、“借りた時期”によっては、一部の借金が“消滅時効”を迎えているケースも考えられます。今回の鈴木さんの場合、5社中3社からの借金が、時効で帳消しできる結果となりました。ただ、それでも残りの債務で450万円と、かなりの金額が残ったため、「個人再生」にて100万円に減額した事となります。

最終的に、総額600万円もの借金を、“消滅時効”と“個人再生”の合わせ技で“100万円=6分の1”にまで減額したのですから、この弁護士はかなりのベテラン先生でしょう。

「離婚」「一家離散」まで覚悟されていた鈴木さんですが、こうして解決できて、本当に良かったと思います。

消滅時効の援用を無料相談できる弁護士・司法書士

 

借金が返せません。妻が債務整理をすると、夫のローン審査にも影響があるでしょうか?

体験者プロフィール
・渡辺さん(仮名)
・年齢:20代
・性別:女性
・職業:専業主婦
・年収:本人0万円、世帯年収300万円
・家族構成:夫
・住宅ローン等なし。賃貸住まい。

司法書士への相談内容
妻が債務整理をすると、夫のローンの審査にも影響しますか?

結婚する前、自分で働いていた頃ですが、クレジットカードのキャッシング機能やサラ金を使って、お金を借りていました。金額はだいたい、イオンカードのキャッシングで40万円と、アコムから50万円です。ほかにも、イオンカードと楽天カードのリボ払いが40万円ずつあって、それも返しきれていません。

夫に隠したまま結婚して、夫の希望もあって専業主婦になりました。
返済は、家計をごまかしてコツコツ続けていますが、正直かなり厳しいです。

まだ滞納はありませんが、このままだと返せなくなってしまいます。
本当はパートをして、自分で稼いで返済したいのですが、理由を夫に話すわけにもいかず困っています。
(夫は私の専業主婦を希望しています。)

 

こんな状況なんですが、今度、車を買おうという話になりました。
夫は浮かれて車のホームページを見たり、カーディーラーに行こうとしているんですが、私は気が気ではありません。夫が自動車ローンを組むことになったら、私の借金もバレてしまいますよね。

なんとかバレずに済む方法はないでしょうか?

解決結果

  • 無料で相談を受けた女性司法書士は、まず、「夫が自動車ローンを組む場合への影響」を説明。基本的に影響はないが、“妻(渡辺さんご本人)が連帯保証人”になる場合、個人信用情報の調査で、債務が明らかになる可能性を解説。
  • 長期の返済で利息が膨れ上がっており、世帯年収と比べても債務総額が大きいことから、司法書士は「任意整理」を提案。
  • 任意整理にて将来利息をカットし、月々の返済額を大幅に減額。同時に、旦那さんへも理解を得られるよう、女性司法書士が自ら説得。
  • 夫婦関係を良好に保ったまま、任意整理で借金の減額に成功。さらに司法書士は、夫名義の自動車ローンの問題も、自動車を担保に設定し、「保証人不要」で組めるローンを用いる解決方法をアドバイス。

解決後の感想

こんなに良い形で解決できるとは思っていなかったので、すごくありがたいです。「夫に借金の秘密を明かせない」というのが一番の悩みだったので、同じ女性の弁護士さんが間に入って説明してくれて、本当によかったです。先生の事務所が少し遠かったんですが、それでも先生を頼って正解だったと思っています。
債務整理もしてもらって、自動車ローンの相談にものってくれて、本当にありがとうございました!

解説

弁護士や司法書士というと、“事務的に依頼だけをこなす”というイメージもありますよね。ですが本当に良い先生は、“どうすれば、依頼者にとってベストな形で解決できるか”をしっかりと考え、依頼内容だけに留まらないアドバイスをしてくれます。

当サイトで特集している弁護士・司法書士の先生も、こうした人柄と、幅広い能力に重点を置いています。

「債務整理だけでなく、家計のやりくりもアドバイスをもらえた」
「お金との付き合い方を見直す、良いキッカケをもらった」
「ささいな家庭の悩みにも、親身になって耳を傾けてもらえた」

…など、ご紹介しきれないほどの評判が、たくさんあります。

多くの専業主婦・兼業主婦にとって、ただ借金を減額すれば解決、取り立てを止めれば解決…というほど、悩みごとはシンプルではないと思います。だからこそ、こうした先生に相談をしたいですね。

女性一人でも安心!お金の悩みを無料相談できる弁護士・司法書士

-債務整理

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.