債務整理を法テラスで相談するメリットとデメリット

投稿日:2017年3月18日 更新日:

債務整理をしたいけれど、弁護士や司法書士に依頼するお金がない…。

そんなときに思いつくのが、『法テラス』ではないでしょうか。

「法テラスに行けば、無料で相談できる」
「法テラスに行けば、お金をかけずに弁護士に依頼できる」

そんな噂もありますが、実は“間違ったイメージ”も含まれています。

「いざとなれば法テラスを頼ろう」と思っていると、思わぬ落とし穴にハマって、手遅れになってしまうことも…。

そこで今回は、『法テラス』についての、よくある間違いや、イメージと実際との違いについて解説していきます。

法テラスの電話相談は、弁護士や司法書士への相談ではない

まず、これは最初、私も勘違いしていたのですが…。
「法テラスに電話すれば、すぐに専門家にアドバイスをもらえる」と思っていたんですね。

ですが実際は、法テラスに電話すると、まずスタッフの方が対応してくれます。
この法テラスの電話相談は、“法律家による法律相談ではありません”。

まずはスタッフの方に相談内容などを話して、予約手続きになります。

 

法テラスは、予約がなかなか取れないことも

さて、電話をすれば予約が取れて、すぐに法テラスに相談できるか…というと、これもなかなか時間がかかるようです。

法テラスには日々、さまざまな悩みを抱えた方が訪れています。
そのため、一人あたりの相談時間は、約30分。その30分のために、早くても3日~2週間以上、長引くと1か月以上の予約待ちになる場合もあるようです。

債務整理は、“スピード”が求められます。手続き開始が1日でも遅くなると、その前に債権者から“法的手続き”を起こされてしまう恐れがあるからです。

法律相談に行くだけで何日も何週間もかかってしまうのでは、状況がさらに悪化してしまうリスクが高いかな、と思わざるおえません。

 

民事法律扶助制度には、審査がある

「法テラスを通せば、誰でも無料で弁護士に依頼できる」というのも、間違ったイメージだと言わざるおえないでしょう。

確かに法テラスには、『民事法律扶助制度』という、弁護士費用を立て替えする仕組みがあります。ですがこの制度の利用には、『審査』が必要になるんです。一定の条件を満たさなければこの立て替え制度の利用が認められません。

“本当にお金に困っている人を助ける制度”なので、“本当にお金がないこと”を、書類などで証明しないと認められないんですね。

 

民事法律扶助制度を使っても、無料にはならない

私はこれも当初、勘違いをしていたのですが…。

法テラスの審査に通って『民事法律扶助制度』が認められたとしても、弁護士費用などが無料になる事はありません。

『民事法律扶助制度』は、“立て替え払い”。一時的に法テラスが費用を出してくれますが、後から法テラスに自分で返済しないといけません。

法テラスの『民事法律扶助制度』の審査に通っても、結局は“自分で費用を払う”ことになるんですね。

立て替え払いなので、後から法テラスに返済しなければいけません。この返済が遅れれば、最終的には“法テラスから法的措置を取られる”ことが、公式に書かれています。

5 支払わないとどうなる?
お約束いただいたお支払いがなされない場合は、コンビニエンスストアでお支払いのできるはがきをお送りします。
また、お手紙や電話でご請求することもあります。それでもお支払いいただけない場合は、法的措置をとらせていただくこともあります。
http://www.houterasu.or.jp/nagare/faq/

つまり、法テラスの『民事法律扶助制度』は、“法テラスに借金をするようなもの”と考えても良さそうです。

法テラスの費用に関しては、相場と比べると確かに安いのですが、必ずしも債務整理(特に最もポピュラー任意整理)に慣れている弁護士が担当になるとは限りません。その点に関して『債務整理は費用だけで弁護士・司法書士を選ぶべき?』で解説していますのでこちらもお読み下さい。

 

法テラスのメリットデメリットを考えると、直接依頼のほうが良い?

予約に時間がかかる
⇒債務整理をはじめる前に、相手業者から訴えらえる恐れがある

無料相談は1回につき30分程度、3回まで

費用の補助(民事法律扶助制度)を受けるためには、審査が必要

審査に通って補助が認められても、最終的には自分で費用を全額負担することになる

法テラスへの費用支払いが遅れると、法テラスから訴えられる恐れがある

債務整理が得意な弁護士・司法書士が担当になるとは限らない

「持ち込み方式」を利用すれば、予め自身で決めた弁護士に法テラスを通して依頼ができますが、債務整理に強い弁護士を自身で探す必要があります。


こうした法テラスのデメリットを見ると、『法テラスを利用するより、債務整理に強い弁護士・司法書士に直接相談したほうが良いのでは』と思います。

ですが、以下のような条件の良い弁護士・司法書士を自分で探すのは大変です。

何度でも相談無料

Web対応・全国対応

24時間365日いつでも相談受付
※法テラスの場合は、営業日(平日)の昼間しか相談できません。

債務整理に強く、実績豊富
※法テラスの弁護士は当番制のため、必ずしも債務整理に強いとは限りません。

着手金も無料の法律事務所もあり、お金がなくても債務整理を依頼可能。

減額報酬などの費用も、“後払い・分割OK”
※“依頼者の生活再建が第一”で、借金を解決してから、無理なく費用を分割払い…というシステムです。

最短即日で取り立てストップも可能
※直接依頼なので、法テラスよりも対応スピードが速くなると期待できます。

そこで当サイトでは、上記の条件を満たす、全国対応の先生をご紹介しています。

法テラスに電話する前に相談したい弁護士・司法書士

上記でご紹介したような、『後払い・分割払いOK』『初期費用無料』の弁護士・司法書士を一覧にまとめました。
24時間全国対応でWeb無料相談も受け付けているので、今すぐに相談できます。
法テラスに電話をする前に、まずはこちらをご覧ください。

》一覧はこちらから

 

-公的機関・裁判所, 債務整理

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.