債務整理はどんな弁護士や司法書士に依頼するべき?

投稿日:2017年3月18日 更新日:

このページでは、債務整理を依頼するときに、“どんな弁護士・司法書士に依頼したら良いか”を解説していきます。

弁護士や司法書士は、一人ひとり、得意分野が異なります。
離婚調停が得意な先生もいれば、労働問題に強い先生も、権利トラブルに強い先生もいます。
ですが、たとえば離婚調停に強い先生が、債務整理にも強い…とは限りません。

逆に言えば、『債務整理は苦手で、あまり経験がない』という先生もいます。

だからこそ、債務整理は、“本当に債務整理に強い先生”に依頼する必要があります。

弁護士と司法書士の違い

まずは、弁護士と司法書士の違いを見てみましょう。これは単純に、『資格と権限の違い』です。

債務整理の場合は、整理できる債務(借金など)の金額が変わってきます。

1件あたりの債務が140万円未満
弁護士 … 受任できる
司法書士 … 受任できる

1件あたりの債務が140万円以上
弁護士 … 受任できる
司法書士 … 受任できない

“1件あたり”なので、たとえば『50万円の借金×3社で合計15万円』といった場合は、司法書士でも受任できます。

 

弁護士・司法書士のホームページではわからない?

弁護士や司法書士を選ぼうとするとき、まず、“ホームページを見てみよう”と思いますよね。

ホームページを見れば、その先生の得意な分野や、今までの実績もわかるはず…。ですが残念ながら、“必ずしもそうとは限らない”んです。

一般向けのホームページを持っているか、しっかり作っているかも、先生によって異なるからです。

たとえば、企業の顧問弁護士をメインにしている先生なら、一般個人に対して宣伝営業する必要がありません。ですから、ホームページを持っていない場合もあります。

ほかにも、『インターネットが苦手』という先生もいるでしょう。『宣伝費にかけるお金の余裕がない』場合もあるかもしれません。

なので、“ホームページを見ても、何が得意分野なのかわからない弁護士・司法書士”も、実は意外と多いんです。

しっかりWEBサイトを作っている先生もいる!

『ホームページを見ても得意分野がわからない』と上記で書きましたが、なかには、充実したわかりやすいホームページをお持ちの先生もいます。

得意分野を明確にしている
全国対応で営業している
人気があり依頼者が多いので、ネットでの営業宣伝も十分な予算がある

こうした先生は、きちんとしたWEBサイトをお持ちのことが多いですね。

ただ、それでもまだまだ“ほんの一握り”の先生しか、こうした営業はされていません。
自分で地域の弁護士・司法書士を探していっても、なかなか見つからないことが多いでしょう。

 

「家や職場から近い」は関係ありません

弁護士や司法書士を選ぶとき、『家から近い場所で』『職場の近所で』と考えてしまいがち。ですが、これはハッキリ言えば“あまり関係ありません”。

『家や職場から近いか』よりも、『本当に債務整理に強いか、債務整理の実力があるか』のほうが重要です。

債務整理のなかで最もポピュラーな任意整理では、弁護士や司法書士が、相手業者(債権者)と直接交渉しなければいけません
そんな時、任意整理の実力に不安のある先生だと、うまく対応できません。債権者に言いくるめられて、結局、借金の減額を十分に引き出せない…なんてこともあります。

そうした失敗を避けるためにも、『債務整理の実力・実績』を一番に考えて、依頼する先生を選ぶ必要があります。

自宅や職場の近くの先生が、債務整理に強いとは限りません。

本当に債務整理に強い先生は、全国対応で営業中

本当に債務整理に強く、評判の良い先生は、“全国対応・WEB対応”で営業していることが多くなります。

債務整理は、“依頼者と何度も会わなくても、手続きを進められる”
実績ノウハウが豊富なので、最大限の減額を引き出せる
本当に実力があるので、全国から相談や依頼が殺到する

こうした理由により、本物の実力派弁護士・司法書士は、“WEB対応・全国対応”で営業しているんですね。

 

債務整理で弁護士選びに失敗すると

債務整理の弁護士・司法書士選びに失敗すると、大変なリスクがあります。

交渉に失敗し、借金を減額できない

こうなっては、債務整理をした意味がありません。が、それでも着手金や相談料など、一部費用が掛かってしまうことも。

自己破産しなくても解決できる問題なのに、自己破産してしまう

債務整理には、『任意整理』『個人再生』『自己破産』といった手続きがあります。
『任意整理のほうが負担が少ない』場合もあれば、『自己破産でなければ解決できない』場合もあります。
こうした判断を正しく行うのも、弁護士・司法書士の実力の一つです。

ですが、債務整理に慣れていない先生だと、“本当は任意整理のほうが良いのに、自己破産手続きを行ってしまう”といった判断ミスも起こりかねません。

いつまでも解決できず、結局、裁判になってしまう

「債務整理を依頼したのは良いけれど、なかなか手続きが進まず、モタモタしているうちに裁判になってしまった」

債務整理が苦手な先生に依頼してしまうと、こういったリスクもありえます。裁判になると、訴訟費用などで一気に負担が大きくなってしまいます。

 

初期費用無料など、負担の少ない法律事務所も

弁護士や司法書士を選ぶ上では、費用も気になるポイントですよね。

といっても、債務整理などの場合、費用の相場がだいたい決まっています。これは、弁護士会・司法書士会などの方針(ガイドライン)もあるためです。

ただしその中でも、『依頼者の負担をなるべく少なくしよう』と頑張っている先生もいます。

相談料無料
着手金無料
相場よりも低い報酬
または一部報酬ナシ
費用の後払い・分割払いOK

全国対応の先生方には、こうした努力をされている先生も多い印象です。

ある先生が、雑誌インタビューの中で、こんなコメントをしていました。

「全国から毎日、相談が来ます。“依頼したいけれど、お金がない”という方も大勢います。そうした方のお力になりたい。なので、当職は債務整理の初期費用を無料としています。」

このような先生は、まだまだ多くありません。ですが、数少ないながらも、頑張っている先生もいるんですよ!

債務整理におすすめの弁護士・司法書士の一覧

債務整理の豊富な実績があり、評判が良い先生。依頼者の負担を減らすために頑張っている先生。“お金がなくても債務整理できる”先生。
そうした弁護士や司法書士を、一覧にまとめました。当サイトとしても心からオススメできる先生方です。ぜひ一度、ご覧ください。

》一覧はこちらから

 

-弁護士・司法書士, 債務整理

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.