借金・ローンは交渉や話し合いで解決できる?その方法とは

投稿日:2016年10月15日 更新日:

クレジットカード、キャッシングやカードローン、消費者金融、銀行、そして保証会社や信販会社、債権回収会社…。
支払いの督促や、返済の取り立てを受けたとき、こんな風に思う方も多いのではないでしょうか?

「お金がないのに、払えと言われても無理」
「こちらの事情を話せば、わかってもらえるのでは」
「お金が無いことをわかってくれれば、しつこい取り立てもしないだろう」
「払えない理由を話せば、相手も諦めてくれるはず」

“交渉して、ちょっと待ってもらったり、支払いや返済を免除してもらおう”…。

そこで今回は、こうした「交渉・話し合いによる借金(ローン)解決」が本当にできるのか、検証と解説をお届けしていきます。

『お金がなくて払えないんです』実際に言ってみると…

まずはイメージを掴むために、話し合いの事例をご覧下さい。
(※プライバシー保護のため、当サイトにて編集を加えています。)

ショッピングローンを滞納してしまったAさんと、取り立てを行う保証会社との電話です。


保証会社

〇〇保証会社・“債権回収課”の△△です。A様、ご本人様でよろしいでしょうか?

Aさん

はい、本人です。

保証会社

ありがとうございます。
弊社からのご用件ですが、〇年〇月〇日に、~~店でショッピング・ローンをご利用頂いておりますよね。

Aさん

はい、利用しました。

保証会社

そちらのご返済ですが、〇月分以降、ご入金が確認できておりません。督促状もお送りさせて頂いていますが、お読み頂けたでしょうか?

Aさん

はい、読みました。その…すみません、今ちょっと、お金が無くて…。

保証会社

ご返済いただけない、という事でしょうか?今、とおっしゃいましたが、いつになればお支払いいただけますか?

Aさん

実は“会社の都合で、仕事を辞め”まして…。収入がなくて、転職の見通しも立っていないんです。なので、いつになれば払えるかも…すみません。

保証会社

弊社としては、“お支払い最終期限を〇月〇日、今月の月末”としております。それまでにお支払いいただけない場合は、“法的手続きを開始する”ことになるのですが、お支払い頂けませんか?

Aさん

ですから、仕事が無くて、お金が無いんです。払いたくても払えないんです。

保証会社

契約書はお読みになられましたよね。毎月お支払いいただく契約になっております。また、“違約金”についても、契約書に記載のある通りです。

Aさん

でも、そこを何とか…こちらも苦しい事情なんです。お願いします。

保証会社

契約書に記載がございます”ので。契約書は今、お手元にございますか?

Aさん

契約はわかっています。でも、お金がないんです。

保証会社

ご契約には、A様もご同意の上で”、弊社をご利用頂いておりますよね。
履行していただけないのであれば、“法的手続き”を取らせて頂きます。


…あとは、Aさんが「考えさせて下さい」と言って電話を切るまで、同様のやり取りが続きます。



いかがでしょうか?
ここでは事例として、ショッピング・ローンの保証会社の例を出しましたが、他の企業でも同様です。

“まったく交渉が成立しない”
“何を言ってもわかってもらえない”
“契約、契約と言われて、話し合いにならない”

この事実が、ご理解いただけたかと思います。

なぜ借金・ローンの問題で、交渉が成立しないのか

『交渉のカード』という言葉を、聞いたことはないでしょうか?
交渉のカードとは、“相手がやってほしい事、あるいは相手がやってほしくない事で、自分が実行できる事”です。

「〇〇をやってほしくないから、ここは相手の言い分を受け入れよう」
「ここは自分の主張を通したいから、ダメなら〇〇をすると言おう」

…など、お互いにカードを出し合って、利害関係を調整することが、交渉になります。そのため、“対等な力関係がなければ、交渉は成立しません。”

それでは、取り立てを行う企業と、取り立てを受ける私たち一般消費者との間には、どんな交渉カードがあるのか整理してみましょう。

取り立てを行う企業の交渉カード

取り立ての電話や手紙を送る
取り立ての訪問をする
保証人、連帯保証人にも取り立てを行う
“裁判”に訴える
裁判所の許可を得て、“財産の差押強制執行”を行う

取り立てを受ける、一般消費者の交渉カード

なし

…私たち一般消費者には、相手に対する有効な交渉カードが、一枚もないんです。

ですから、ただ“お願い”するしかできません。
いくら心情や人情に訴えても、業者にとっては、“理解を示す理由もメリットもなく”、また“理解を示さないデメリットもない”のが現実です。


だから、交渉や話し合いでの借金解決は、自力ではまったく成立しないんですね。

払わないことは、交渉のカードにならない

「お金を払ってやらないぞ」という事は、一見すると、債務者側の交渉のカードになりそうですよね。

ですが、相手の業者(債権者)側も、「払わないなら裁判です、そして強制差押えです」と、さらに強力な交渉カードを切ることができます。

つまり、債務者の持つ唯一のカード=「お金を払う、払わない」も、銀行や消費者金融、クレジット会社や債権回収会社にとっては、“まったく通用せず、交渉のカードにならない”んです。

 

強力な味方をつければ、交渉での解決も可能になる

業者には、私たちの言い分やお願いを聞く理由も、受け入れないデメリットもなく、話し合いが成立しない…。
それが、ここまでのまとめです。


ですが、もしも“強力な味方”がついたら、どうでしょうか?

法律に基づいた強力な権限”を持ち、“国の認める合法的な借金減額・免除の手続き”ができる味方…。

つまり、弁護士や司法書士が味方についたら、状況はガラリと変わります。

弁護士や司法書士が持つ、交渉のカード

法律に基づく、取り立ての即日ストップ
債務整理の手続きなど、司法手続きを実行する権限
違法性のある契約の無効化
行政や司法に働きかけ、違法性のある業者への“業務停止命令”を勧告

ほかにも様々な権限を持つ、弁護士や司法書士。
厳しい試験を合格しなければ得られない、“国家資格”の力です。

取り立てを行う、業者の気持ちになって考えてみれば、よくわかります。

「これだけ強力な相手が出てきたなら、こちらもある程度、譲歩したり諦めるしかない」

合理的に、そう判断せざるおえない状態になるでしょう。

だからこそ、弁護士や司法書士は、自己破産でない“話し合いでの債務整理=任意整理や個人再生”も、可能になるんです。


『話し合いで借金やローン、クレジットの滞納を解決したい』
そう考える方こそ、弁護士・司法書士の力を借りることが、絶対に必要不可欠です。

初期費用ゼロ円!無料で借金解消を頼める弁護士・司法書士 女性一人でも安心!お金の悩みを無料相談できる弁護士・司法書士

 


参考文献:
「ハーバード流 NOと言わせない交渉術」 ウィリアム・ユーリー(著) 斎藤精一郎(訳) 三笠書房 1992年 ISBN 978-4837955832

-債務整理

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

目次へ