債務整理の返済減額の手続きは費用を払わずに無料で可能?検証した結果!

投稿日:

★この記事を読んでわかること
(約3分で読めます)
  • 返済減額診断や、弁護士・司法書士への相談は“完全無料”で可能
  • 無料相談だけでも、借金問題が大きく改善できた人も
  • 実際の手続きも、「1円も払えない」という人でも始められる

この記事では、「債務整理(借金減額・免除)は無料でできるのか?」の検証結果をお届けします。

「なるべくお金をかけずに、債務整理(借金減額・免除)を行いたい!」

という人のために、実際にいろいろな方法を検討してみました。

返済減額診断(債務整理のシミュレーション)は“完全無料”で可能!

まず、誰でもかんたんに、完全無料で可能なものとして、「借金減額シミュレーター」(債務整理のシミュレーター)があります。

債務整理で、本当に返済を減額できる?
自分の場合、どのくらい減額できる可能性がある?

といったことを、すぐに無料で診断できるツールです。
スマホやパソコンから、サイトにアクセスして、ネット上でかんたんな質問に答えるだけで利用できます。

登録不要・完全匿名の減額診断シミュレーターについて、次の記事で詳しく扱っているので、まずはこちらをご覧ください。

借金減額診断シミュレーターやチェッカーで返済がどれだけ楽になるか調べよう!

弁護士や司法書士への“無料相談”だけでも効果大!

続いて、“弁護士や司法書士への無料相談”です。
弁護士・司法書士というとお金が掛かるイメージですが、実際には、

“債務整理の無料相談、いつでも受付中”

という弁護士や司法書士もいます。

全国対応
メールや電話(フリーダイヤル)で、いつでも返済の悩みを相談できる
債務整理に強い弁護士や司法書士から、借金解決の役に立つアドバイスを、完全無料でもらえる

…といったメリットがあります。

「無料相談だけで、借金問題を解決できた」

という人の事例も、相当あるようです。

無料相談だけの利用も可能!

「相談したら、依頼しないといけないのでは?」
「無料相談を理由に、依頼をさせよう…と狙っているんじゃないの?」

…と思われるかもしれませんね。
ですが、そうした心配は、実際にはありません。

なぜなら、こうした「債務整理の無料相談」を受け付けている弁護士・司法書士は、ほとんどが”初期費用ゼロ円”
弁護士や司法書士としても、やみくもに依頼するよう勧誘したところで、一円のメリットにもならないからです。

無料相談に対応している弁護士・司法書士は“ごく一部”

弁護士や司法書士には、「相談者や依頼者の利益を尊重する義務」もあります。だから、無料相談だけでも、本当に役に立つアドバイスをもらう事ができます。

ただし、こうした債務整理の無料相談に対応しているのは、一部の弁護士や司法書士だけです。通常の弁護士や司法書士は、“相談料”が掛かります。
相談料が掛かるのが普通で、「無料相談」は特別な取り組みだと言えます。

ですので、お近くの弁護士事務所や司法書士事務所に駆け込んでも、無料相談に応じてくれるワケではありません。

「債務整理の相談無料」

という弁護士・司法書士をきちんと選んで、相談する必要があります。
そうした弁護士・司法書士を次の記事でまとめているので、こちらもぜひお役立て下さい。

初期費用ゼロ円!無料で借金解消を頼める弁護士・司法書士

すぐにお金が払えなくても、債務整理を始めることは可能!

さて、借金減額や債務整理について、「完全無料」でできるのは、

借金の減額シミュレーター
弁護士や司法書士への無料相談

この2つになります。
ここから先、実際に債務整理の手続きを進めるにあたっては、どうやっても“無料”という形にはなりません。

とはいえ、「すぐにお金が払えなくても、債務整理をすることは可能」ですので、それについても合わせて簡単に解説していきます。

債務整理は、“自分でやれば無料”ではない

まず、よく勘違いも見受けられるのですが、債務整理は“自分でやれば無料”ということはありません。

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「特定調停」「自己破産」といった種類の手続きがありますが、どれも費用が掛かります。

任意整理

弁護士や司法書士が、債権者と話し合いをして、返済の減額をまとめます。
遅延損害金や今後の利息をカットしたり、過払い金があれば取り戻して残債務の返済に充てたりなど…で、借金を圧縮します。
「任意整理を自分でやる」という方法はありません。
そのため弁護士費用や司法書士費用が掛かりますが、

着手金無料
費用の後払い、分割OK

…など、お金が無くても可能なところもあります。
また、弁護士費用・司法書士費用といっても、任意整理であれば比較的安く済むケースが大半です。

《内部リンク予定:任意整理の費用の相場と安くする方法》

個人再生

裁判所を通す手続きで、すべての返済を1/5~1/10程度に減額できる手続きです。厳格な法的手続きとなるため、弁護士や司法書士への依頼が必須となります。

また、「書類を用意して裁判所に行けばいい」というような、かんたんな話ではないため、個人再生を自分でやるのも現実的ではありません。

しかし、こちらも「後払い・分割OK」で依頼を受けてくれる弁護士・司法書士がいるため、費用をすぐに用意できなくても問題ありません。

《内部リンク予定:個人再生の費用の相場と安くする方法》

自己破産

裁判所で行う手続きで、原則として全ての返済が免除されます。こちらも法律に基づく厳格な手続きとなり、弁護士や司法書士のサポートが必須と言えます。

非常に複雑な制度のため、無理に自分で進めようとすると、免責(返済免除)が認められなかったり…等、大きな傷を残す結果にもなりかねません。

費用についても、「管財事件」になるか「同時廃止」になるか…といった違いなどでも大きく変わってきます。

一方、弁護士や司法書士へ依頼して行えば、「初期費用ゼロ円で、今すぐ払えるお金が1円もなくても可能」ということもあります。

《内部リンク予定:自己破産の費用の相場と安くする方法》

特定調停

裁判所の調停委員などを通して、債権者と話し合い、返済の減額交渉を行う手続きです。「弁護士や司法書士に依頼しなくても、自分でできる」と言われていますが、実際には、自分一人で手続きをしても、ほとんど減額が得られないでしょう。

また、特定調停も費用は掛かりますから、自分で挑戦してみると、初期費用の支払いを求められる事になります。
初期費用ゼロ円の弁護士・司法書士であれば、手元に1円もなくても債務整理が可能ですが、特定調停を自分で試みる場合、初期費用の支払いを用意する必要があります。

このように、債務整理はどの手続きでも、

そもそも自分ではできない
どの手続きでも無料ではできない
自分一人でやろうと思うと、かえって初期費用の支払いが必要になることも
弁護士や司法書士を通せば、「初期費用ゼロ円・後払い分割OK」も可能

…といった事が言えます。
つまり、費用の負担や、「現実的に手続きをスタートできるか」を考えても、“弁護士や司法書士を通したほうが、かえってお得”と言うこともできるでしょう。

★今はまず、“無料相談だけ”の利用から!

今、支払や返済に追われ、督促状や催告書を受け取っているような状態では、「お金を払う・費用を払う」ことは、1円だって想像したくない事だと思います。
あなたと同じ状況なら、誰だってそう思うでしょう。この気持ちを、“債務整理に強い弁護士・司法書士”は、非常によくわかっています。

だからこそ、

初期費用無料
費用の後払い・分割OK
相談無料
電話(フリーダイヤル)、メールで24時間いつでも無料相談受付

といった取り組みも行い、「費用を心配せずに、債務整理できる」環境を作っています。

とはいえ、やはり今は、いろいろな不安のほうが大きいでしょう。
そこで、まずは“完全無料で安心して利用できる、無料相談だけ”と考えて、活用してみてください。
無料相談だけでも、きっと今よりも良い結果になりますよ!

初期費用ゼロ円!無料で借金解消を頼める弁護士・司法書士

-債務整理の費用

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

目次へ