のぞみ債権回収株式会社からの督促状は架空請求?今すぐやるべき対応方法

投稿日:2016年5月16日 更新日:

のぞみ債権回収株式会社からの督促状は、詐欺や架空請求ではありません。


のぞみ債権回収株式会社は、実在する企業です。
のぞみ債権回収株式会社は、法務省の認可のもと、債権回収業務を行うサービサー(債権回収会社)です。
のぞみ債権回収株式会社は、サービサー特措法に基づき、合法的に運営されています。


従って、のぞみ債権回収株式会社から督促状が届いた場合、それは“正当かつ合法的な請求”である可能性が高くなります。


ただし、のぞみ債権回収株式会社の名前を無断使用した架空請求の可能性も捨てきれません。
慌てて連絡を取ることなく、まずは落ち着いて、慎重に対応していきましょう。

今すぐ支払いをするべき?解決する方法は

のぞみ債権回収株式会社から督促状を受け取った場合、請求された金額を、すぐに支払うべきでしょうか?

請求金額や内訳に自分でも納得できており、支払い能力も十分にあり、経済的な余裕もあるのなら、支払うことで素早く解決できます。

ですが、そうではない場合も、のぞみ債権回収株式会社に言われるまま、お金を支払うしかないのでしょうか?


請求内容に納得がいかない、心当たりがない
支払い能力に自信が無い
経済的な余裕がない


こうした場合は、支払いの減額や免除、分割などの交渉をする必要がありますね。
ですが、あなたはのぞみ債権回収株式会社にとって、お客様ではありません。滞納者であり、債務者です。

債権回収のプロであるのぞみ債権回収株式会社に対して、あなたが直接交渉しようと思っても、上手くいく可能性は、ほとんどありません。

 

自分での話し合いがうまくいかない理由とは

こうした債権・債務の問題について、様々な方のお話を聴いていくうちに、一つ大切なポイントに気が付きました。

多くの方は、『話し合い』とは、『自分の事情をつたえ、感情に訴えて、便宜をはかってもらうこと』だと思っていないでしょうか。

「会社の業績が落ちて、収入が減ってしまって、お金がないんです」
「今本当に生活が苦しくて…」
「身内の介護で、なかなか働けず、お金がないんです」

こうした話を聞けば、「かわいそうだな、取り立てはやめてあげよう」「そういう事情があるなら仕方ないから、返済を少し待とう」「裁判はやめておいてあげよう」といった気持ちになりますよね。

ですが、それはあくまで“一般人同士の話”です。

債権回収会社は、“厳密な法律にのっとって意思決定する”ため、こうした個人の事情は勘案できません。

たとえ担当者が気持ちの上で「大変そうだな、かわいそうだな」と思ったところで、会社組織としての意思決定には影響しないんです。

“個人の事情や感情”ではなく、“法的にどうあるべきか”が重要です。
そうした判断を行い、主張をするためには、やはり弁護士・司法書士の力が必要になります。

この他にも、『一般の常識や考え方』と、『厳密な法律の世界』とでは、考え方がずいぶんと異なる要素がたくさんあります。

そこで、知らないと見落としてしまうポイント、大きな損害を被ってしまうポイントについて、以下の記事にまとめました。

まずはこちらをお読み頂ければと思います。

 

プロの弁護士に依頼すれば、結果は大きく変わります

プロの弁護士に依頼しない限り、「言われるままの金額を支払う」か、「訴訟を起こされ、財産が強制的に差し押さえられる」かの、どちらかしかありません。

ですが、弁護士に依頼をすれば、次のような結果が期待できます。


時効により、1円も支払わなくて良くなる
交渉により、請求金額の減免を得られる
訴訟を起こされることなく、理想的な形で和解が成立する


このような結果を望むのであれば、弁護士に依頼をする以外に方法はありません。

弁護士ならだれでも良いわけではありません

弁護士に相談や依頼をする…と考えると、法テラスなどのサービスが思いつきます。
ですが、法テラスで手配される弁護士は、当番制の持ち回り。
「債務・債権問題に強い弁護士」に相談できるとは限らず、相談するだけ無駄になってしまう恐れもあります。

もっとも効率が良いのは、債務・債権問題を専門に扱う弁護士に、無料相談をすることです。
中でも口コミで評判の良い弁護士や法律事務所を、次のページでご紹介しています。
まずはこの中から、相談する相手を選んでみて下さいね。

債務整理に強い弁護士・司法書士事務所 一覧と解説

のぞみ債権回収株式会社とは

のぞみ債権回収株式会社とは、サービサー(債権管理回収業)企業の1社です。法務大臣より正式な許可を得て業務を行っています。
債権の管理・回収のほか、古物商、貸金業などの業務資格も有しており、これらを活用してトータルな企業再生コンサルティングを行っている企業です。

大和証券エスエムビーシー(SMBC)プリンシパル・インベストメンツ株式会社の子会社であることから、大和証券グループ、三井住友銀行グループの債権管理回収業務もおこなっていると思われます。

公式サイトによると、同社の社名・商号を騙って不当な金銭を要求する、いわゆる架空請求も発生しているようです。こうした架空請求は、のぞみ債権回収株式会社とは一切関係がないとした上で、不当請求を受けた場合は、同社への問い合わせ・最寄り警察署へ速やかに相談するよう呼び掛けています。

のぞみ債権回収株式会社の企業情報

社名 のぞみ債権回収株式会社
Nozomi Servicing Co.Ltd.
URL

http://www.nozomi-serv.jp/

設立 1999年6月11日
事業内容 1.特定金銭債権の管理・回収業務の受託、買取り業務
2.事務代行業務
3.企業再生に関するコンサルティング業務
4.貸金業務
5.古物の売買に関する業務
所在地

東京都中央区日本橋本町1丁目9番4号 ヒューリック日本橋本町一丁目ビル5階

資本金 5億円
代表者 代表取締役  稲川 琢也
従業員数  
主な株主構成  
電話番号 03-5299-5331
FAX番号  
許可・登録 債権管理回収業 法務大臣許可第19号(営業許可1999年8月17日)
備考 親会社:大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツ

のぞみ債権回収株式会社 本店・支店と住所・電話番号

電話 事業所名 住所
023-615-2567 のぞみ債権回収株式会社山形営業所 山形県山形市木の実町14-10
03-5297-1811 のぞみ債権回収株式会社 東京都千代田区神田東松下町45
03-5299-5331 のぞみ債権回収株式会社 東京都中央区日本橋本町1丁目9−4

-債権回収会社

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.