中総信債権回収株式会社から督促状や請求が来たらすぐに連絡しないほうが良い理由とは?

投稿日:2016年7月2日 更新日:

中総信債権回収株式会社からの督促状は、詐欺や架空請求ではありません。

中総信債権回収株式会社とは

・実在企業であり、法務省の認可を得た承認企業です。
・法務省のデータベースに登録されており、ホームページからも確認できます。
・債権管理回収業に関する特措法に基づき、法令を遵守して経営されています。


このため、中総信債権回収株式会社からの督促は、“正当かつ合法的な請求”である可能性が高くなります。

ただし、同社の社名を無断使用した、架空請求の可能性も考えられます。
慌てずに落ち着いて、正しい対応を取ることが大切です。

今すぐ連絡をし、支払いをするべき?

中総信債権回収株式会社からの督促状には、急いで入金や連絡を促す内容が書かれていますね。言われるとおりに、すぐに連絡をし、支払うべきでしょうか?

次の条件を全てクリアしている場合は、連絡と入金を急ぐべきです。

請求内容や内訳に、自分でも納得できている
債権が中総信に移動したことを、移動前の元の債権者からも確認できている
債権の移動を証明する、“公式な書面”が確認できている
そのほか、架空請求ではない確証が揃っている
自身に支払い能力が十分にある
現在の経済的な余裕があり、支払っても日常生活に支障をきたさない

ですがそうではない場合は、言われるままお金を支払うのは、得策ではありません。

まずは、架空請求ではないことを、“第三者の調査に基づいて”立証してもらう必要があります。また、支払いの減額や免除、分割などの交渉も必要になります。

ですが、あなたは中総信債権回収株式会社にとって、お客様ではありません。滞納者であり、債務者です。そのため、あなたが有利になるようなサポートを、同社は一切行いません。
また債権回収のプロである同社に対して、自分で交渉しようと思っても、上手くいく可能性は、ほとんどありません。

自分で連絡する前に、10分だけ解説をお読みください

「すぐに返済しなければ」と思う場合でも、“慌てて電話をするのは、少し待ったほうが良い”でしょう。
今の状態で電話をしても、良い結果にはつながりません。まずは準備として、簡単な知識を身に着けることが必要です。

事前知識がない状態で、慌てて電話をしてしまうと、「実現不可能な返済計画を承認してしまう」など、“取り返しのつかない大失敗”につながる危険性が高くなります。
こうなると、最終的には差押え強制執行を受け、「2か月ぶんの最低限の生活費」だけを残して、すべてを徴収されてしまう恐れがあります。

差押え強制執行は、年に約16万件、一日あたり約456件も執行されています。あなたにとっても現実になる可能性が十分ありえる事態です。

最悪の事態を防ぐために、まずは次のリストから、ひとつ記事を選んで読んでみてください。どの記事も10分ほどで読めます。

プロの味方をつけるために、弁護士に無料相談を!

自分だけで対応しようとすると、「請求通り一括で支払う」か、「財産の強制差押え執行」かの、どちらかしかありません。たとえ自身に財産がなくても、保証人の財産が取り立てられます。

ですが、弁護士に依頼をすれば、次のような結果も期待できます。

中総信債権回収からの督促をストップする
法的な根拠を持った交渉による、請求の減額や免除
時効の援用を行い、1円も支払わなくて良くなる

このような結果を望むのであれば、弁護士に依頼をする以外に方法はありません。

債務問題に強い弁護士に無料相談を!

弁護士への相談窓口としては、法テラスが有名です。
ですが法テラスの弁護士は持ち回り制のため、「債務・債権問題に詳しい弁護士」に相談できるとは限りません。

もっとも良いのは、債務・債権問題を専門に扱う弁護士に、ネットで無料相談をすることです。
まずはこちらから、無料相談でアドバイスをもらってみて下さい。

債務整理に強い弁護士・司法書士事務所 一覧と解説

中総信債権回収株式会社とは

中総信債権回収株式会社とは、中国総合信用金庫の子会社であるサービサー(債権回収会社)です。法務大臣の承認を得て設立され、監査を受け入れながら経営を行っている、健全な企業です。なお、親会社の中国総合信用金庫は、日本国内の中国地方の信用金庫であり、日本企業です。

中総信債権回収株式会社は「ちゅうそうしん」と読みます。親会社である中国総合信用金庫の略称「中総信」の名前を持っています。

その資本的関係や設立の経緯から、中国総合信用金庫における不良債権の引受、債権の管理回収を、主たる業務としていると言えるでしょう。

中総信債権回収株式会社の企業情報

社名 中総信債権回収株式会社
URL

http://www.chusoshin.co.jp/company/group/

設立 2003年10月10日
事業内容 1.債権管理回収業務
2.事務代行業務
3.不動産担保物件の調査業務
所在地

広島県広島市東区光町1丁目9-19

資本金 5億円
代表者 取締役社長 大賀 淳一
従業員数  
主な株主構成 中国総合信用株式会社
電話番号 082-263-8500
FAX番号 082-263-8525
許可・登録 債権管理回収業 法務大臣許可第86号
備考 親会社が中国総合信用株式会社(中国地域の第二地方銀行を母体とする信用保証会社)

中総信債権回収株式会社 本店・支店と住所・電話番号

電話 事業所名 住所
082-263-8500 中総信債権回収株式会社 広島県広島市東区光町1丁目9-19
082-263-8525 中総信債権回収株式会社 広島県広島市東区光町1丁目9-19
082-264-5555 中総信債権回収株式会社 業務部 広島県広島市東区光町1丁目9-19
0834-32-2777 中総信債権回収株式会社徳山支店 山口県周南市若宮町2丁目22-2
0852-26-4521 中総信債権回収株式会社 松江支店 島根県松江市御手船場町568
086-233-6481 中総信債権回収株式会社 岡山支店 岡山県岡山市北区富田町1丁目7-15

-債権回収会社

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.