丸の内債権回収株式会社の督促の対処は弁護士に任せるべき?

投稿日:2016年6月30日 更新日:

この記事では、丸の内債権回収株式会社から金銭の支払い請求を受けている方に、トラブル解決に役立つ知識を解説していきます。

丸の内債権回収株式会社は、分譲マンション・戸建て・注文住宅の「株式会社タカラレーベン」、マンション・戸建てのリフォーム専門のスマイラックス「株式会社レーベンコミュニティ」の関連企業であることからも、それらの企業の債権が移動され取り立てを受けている場合も考えられます。

債権回収会社からの督促状には、「入金がない場合、法的手続きを取る」といった内容が記載されているはずです。

即座に入金できない事情がある場合、この“法的手続き”が何なのか、そして法的手続きを阻止する方法は無いのか等、詳しく知っておく必要があります。

今まさに取り立てを受けている方へ

丸の内債権回収から、督促状などの郵便・はがきや、電話などを受けている方は、「法的手続きの知識よりも、電話すべきかどうか知りたい」とのお気持ちもあるかと思います。

「すぐに払えないから」と放置しておけば、法的手続き、そして差押え強制執行へと進んでしまう恐れがあります。
かといって、なんの準備もせず、慌てて電話をするのも、あまりお勧めできません。

丸の内債権回収会社にきちんと対応するためにも、まずは基本的な知識を補っておいたほうが良いでしょう。
そうしないと、“電話でつい言ってしまった一言”のために、「そんなつもりではなかった」という大失敗をしてしまう恐れもあります。

こうした問題についてや、差し押さえを受けるとどうなるか等、詳しい解説記事をまとめました。
まずはこちらに、目を通して頂ければと思います。

 

債権回収における法的手続きの例

金銭の支払い請求や、債権の回収に利用できる法的手続きは、主として4つのタイプにわかれます。
督促を放置した場合、丸の内債権回収株式会社は、このいずれかの手段を用いて取り立てを行うものと考えられます。

(1)支払督促

通常の郵便ではなく、裁判所による支払督促の通達です。
これは、もっとも簡単に行える法的手続きだと言っていいでしょう。

この手続きでは通常の裁判と異なり、審理(双方が立ち会って意見を主張しあうこと)が行われません。申し立てをすればすぐに督促が発行されます。

裁判所からの支払督促を受けた場合は、2週間以内に、決められた書式で異議申し立てを行う必要があります。
異議申し立てを行わなかった場合、そのまま債務名義が確定し、差押強制執行に移行されます。

(2)少額訴訟

60万円以下の金銭トラブルの解決にのみ使える手続きです。通常訴訟と異なり、ほぼ1日で判決が下される、スピーディな手続きとなります。
簡易的な裁判ではあるものの、判決は通常訴訟と同じ法的効力を持ちます。したがって、この手続きで敗訴した場合、もしくは出廷しなかった場合も、財産強制差押となります。

(3)通常訴訟

一般に“裁判”といって連想される手続きが、この通常訴訟にあたります。
時間もコストもかかりますが、債権回収会社にとっては経費に過ぎません。
従って、丸の内債権回収株式会社からの取り立てで通常訴訟を起こされると、費用的・時間的な面から、債務者のほうが不利になると考えて良いでしょう。

(4)民事調停

裁判所の選任する第三者を通して、話し合いで解決を目指す制度です。
法廷での審理は行われませんが、この手続きの結果も、通常訴訟と同様に法的効力を持ちます。
感情的な主張、法や倫理に基づかない主張は、ほとんど認められません。そのため、調停で解決を計る場合も、法律の専門家によるアドバイスやサポートを受けることが望ましくなります。

どのような法的手続きでも、最終的に「財産差し押さえ」になる可能性が高くなります。
こうした事態を防ぐためには、弁護士の力が絶対に必要です。

連帯保証人や家族、親族、周りの人に心配と迷惑をかけないためにも、プロの弁護士に依頼する他はありません。
まずは無料相談で、どのような対処法があるのか聞いてみましょう!

債務整理に強い弁護士・司法書士事務所 一覧と解説

丸の内債権回収株式会社とは

丸の内債権回収株式会社とは、株式会社タカラレーベンの持ち株会社である債権回収会社です。
親会社のタカラレーベン社は、分譲マンション、戸建て、注文住宅などの不動産業を扱う企業です。したがって、こうした不動産商取引に関連して発生した債権等に関する、管理・回収及びそれらに附帯する業務を得意とするものと考えられます。

こうした一連の業務を通して、わが国経済の健全な発展に資することを社会的使命と位置付けており、債権回収管理業を通しての経済貢献が期待される企業です。

丸の内債権回収株式会社の企業情報

社名 丸の内債権回収株式会社
URL

http://www.marunouchi-sk.jp/

設立 2004年5月18日
事業内容 1.債権管理回収業
2.債権管理回収業に関する特別措置法第2条に定める特定金銭債権の管理または回収を行う業務
3.事業再生コンサルティング業務
4.債務者及び担保物件に係る調査業務
5.各種事務代行業務
所在地

〒100-0014
東京都千代田区永田町2丁目12-4 赤坂山王センタービル8階

資本金 6億円
代表者 代表取締役社長 池田明彦
従業員数  
主な株主構成 株式会社タカラレーベン
電話番号 03-5501-2311
FAX番号 03-3593-3551
許可・登録 債権管理回収業 法務大臣許可第90号(営業許可2004年10月5日)
関連企業 株式会社タカラレーベン(分譲マンション・戸建・注文住宅)
マンション・戸建てのリフォーム専門 - スマイラックス(株式会社レーベンコミュニティ)

-債権回収会社

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.