Beacon債権回収株式会社の督促を無視すると裁判になる?

投稿日:2016年6月27日 更新日:

Beacon債権回収株式会社から督促状が届いたり、電話が掛かってくると、不安や疑問ばかりですよね。


これって、架空請求じゃないの?
「法的手段」ってなに?
まさか本気で裁判をやるつもり?
お金を払わずに解決する方法はある?

こうした疑問に、それぞれお答えしていきます。

Beacon債権回収株式会社は詐欺企業やヤクザではない?

まずは、Beacon債権回収株式会社が違法企業でないか確認しましょう。
同社は法務大臣の承認を得た債権回収会社です。したがって、本物の請求であれば、違法な請求ではないと判断できます。

一方で、Beacon債権回収株式会社の社名を悪用した詐欺の可能性もあります。
その真贋をチェックする方法を、以下にご紹介します。

(1)請求されている内容

まずは請求内容の確認です。
Beacon債権回収株式会社から請求を受ける覚えはない…という方が、実はほとんどではないでしょうか?
というのも、“もともとは別の会社が持っていた債権”を、Beacon債権回収株式会社が買い取って、あなたに請求を行っているからです。

金融機関や信販会社、保証会社、消費者金融など、元の債権者が誰(どの企業)なのか。
何の代金や返済を請求されているのか?

この2点を確認し、本当に自分の払うべきお金なのかを確認します。

(2)“債権の移譲・売却”があったことを確認する。

債権(誰かから支払いを受け取る権利)は、債権回収会社に譲ったり売却しても良いことになっています。
こうした債権の移譲・売却によって、Beacon債権回収株式会社から督促が行われています。

心配な方は、この事実を確認するほうが良いでしょう。
元の債権者に連絡を取り、「Beacon債権回収株式会社に債権を移譲・売却したか」を問い合わせてみて下さい。

(3)専門家にアドバイスをもらう

もっとも良い方法は、専門家にアドバイスをもらう事です。
といっても、警察や消費者センターは、こうした時にはあまり頼りになりません。

警察は民事不介入の原則があり、また事件性も現時点では立証できないため、力を貸すことができません。
消費者センターの場合は、相談員の方が基本的に臨時職員であり、専門的な知識を持っているとは限らないためです。

もっとも適切なのは、専門知識と実績を確実に持ち合わせている、債務問題専門の弁護士です。こうした専門家に無料相談し、督促状が詐欺かどうかを確認してもらいましょう。

“法的手続き”とは具体的にどんな手続き?

Beacon債権回収株式会社からの郵便物や督促状を見てみて下さい。
期日までに入金なき場合は、法的手続きを開始します”…といった風に、「法的手続き」という言葉が使われている場合もあります。

この法的手続きとは、何でしょうか?

基本的には裁判(通常訴訟)を差しますが、それ以外にも、少額訴訟、支払督促、民事調停など、さまざまな法的手続きがあります。
ですが、どの手続きであっても、「あなたが裁判所に訴えられる」のに違いはありません。

では、裁判などの法的手続きを、Beacon債権回収株式会社は本気で行うでしょうか?
答えは“YES”です。

債権回収を合法的に行うことが専門の企業です。
なので、裁判に相手を訴えることは、日常業務でしかありません。

差し押さえになり、生活が破綻してしまうことも

裁判所に訴えられ、法的手続きを取られた結果「差押え強制執行」となり、
その結果、生活がすべて破綻してしまう場合もあります。

最低限の2か月分の生活費だけを残して、すべて持っていかれてしまう…
給与の差押えを通して、職場をクビになってしまう…
家族や知人・友人の信用もすべて失ってしまう…

こうした結果を招きかねない、差し押さえ強制執行。現実に“年間約16万件以上、一日あたり約456件”も現実に起こっています。

最悪の事態を防ぐためには、“適切な対応をすること”が必要です。
取り立てを受けて、急いでBeacom債権回収に電話してしまうと、対応を間違えてしまう恐れもあります。

まずは電話する前に、こちらの記事をお読みいただき、簡単な予備知識を身に着けて下さい。

裁判にならずに、取り立てを止める方法

裁判は、Beacon債権回収株式会社にとっては通常業務でも、私たちにとっては大変なこと。
なるべく避けたいですよね。

かといって、請求されたとおりにお金を払うのも、事情があって難しい場合もあります。
そんな時には、どうすれば解決できるのでしょうか?


もっとも良い方法は、弁護士に間に入ってもらい、解決を任せることです。
自力で解決しようと思っても、よほどの法令・判例の知識や実務経験がなければ、交渉は難しいでしょう。
ですが弁護士を通せば、こうした交渉や話し合いによる解決も可能になります。

まずは弁護士に無料相談を行い、現状の理解を深め、助言を受けることが必要不可欠です。

債務整理に強い弁護士・司法書士事務所 一覧と解説

Beacon債権回収株式会社とは

Beacon債権回収株式会社とは、東京都にある法務大臣承認の債権回収会社の一社です。

同社の特徴としては、「債務者」を「依頼主」と捉え、“依頼主が債務者となっている債権を国内外の投資家・金融機関と交渉により当社で購入し、返済可能な適正な水準まで圧縮することにより、依頼主の事業再生を実行”することに、非常に大きな力を入れている点です。

債務者の視点に立った債権回収会社は他にもいくつかありますが、完全に債務者をクライアントとし、その事業再生・個人再生を主力業務と据えるサービサーは、他に類を見ないといっていいでしょう。

小規模な独立系サービサーながら、非常に独自性の高い企業だと評価できます。

Beacon債権回収株式会社の企業情報

社名 Beacon債権回収株式会社
Beacon Servicer Ltd.
URL

http://beacon-s.com/

設立 1998年8月7日
事業内容 債権管理回収業に関する特別措置法に基づく債権管理回収業
債権売買に関する調査並びにコンサルティング
所在地

〒105-6036
東京都港区虎ノ門4丁目3番1号 城山トラストタワー36階

資本金 5億円
代表者 代表取締役社長 小出剛司
従業員数  
主な株主構成 フィリックスパートナーズ株式会社
電話番号 03-6435-6252
FAX番号 03-6435-6253
許可・登録 債権管理回収業 法務大臣許可第32号
取引先  

-債権回収会社

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.