SMBC債権回収株式会社からの督促状、ハガキや郵便・電話が来たら

投稿日:2016年6月26日 更新日:

SMBC債権回収株式会社から督促が来た時、あなたならどうしますか?
本物だと確証が持てており、お金を払えるなら、すぐに払ったほうが良いでしょう。

ですが、お金を払えない場合はどうでしょう?
すぐに折り返しの連絡をするか、それとも無視して踏み倒そうとするか、夜逃げをするか…。
…実は、こうした対応方法は“すべて間違い”です。


折り返し連絡をすると、知らないうちに「債務の承認」となる言動を引き出されてしまい、減免交渉や時効の援用が不可能になる場合がほとんどです。

踏み倒そうと思い、放置しておくのも、良くありません。
放置しておけば、淡々と裁判に訴えられ、財産の差押え強制執行命令を取られてしまうでしょう。


夜逃げに関しても、事実上不可能です。
SMBC債権回収株式会社は、あなたに債権を持っていることを理由とし、住所の移動履歴を取得できます。そのため、仮に苦労を重ねて夜逃げしたとしても、簡単に追跡されてしまいます。


正しい対応方法は、「債権回収会社との交渉に強い、専門の弁護士に無料相談する」ことです。
専門家の力を借りるのが、解決への最短距離ですよ!

債務整理に強い弁護士・司法書士事務所 一覧と解説

 

話し合いでの解決はできる?

「払うか逃げるか」という考えではなく、「話し合いで解決を目指す」という発想もありますよね。現実には、多くの方がこう考えるのではないでしょうか。
「払えない事情を話せば、わかってもらえるはず」…。

SMBC債権回収は、有名な三井住友銀行グループの企業。法務大臣の承認を受けた合法企業でもあります。そうした大手有名企業なので、温情のある対応をしてもらえるのでは…なんて期待も持ちたくなります。

ですが現実には、SMBC債権回収は、“債権回収会社として、非常に優秀”であり、“高い回収能力を持った専門企業”です。

・SMBCコンシューマーファイナンス・プロミス(カードローン・消費者金融)
・モビット(カードローン・消費者金融)
・セディナ(クレジットカード)
・住友銀行カード(クレジットカード)

の債権回収も行っているようです。

払えない、払わない…となれば、「では裁判所に申し立てをし、差押え強制執行で回収します」と法的手段に進んでしまう可能性も、無いとは言い切れません。

こうした事態を防ぐために、必要な知識をまとめた特設コーナーをご用意いたしました。
SMBC債権回収に電話をする前に、まずは予備知識を得るためにも、こちらの記事をお読みください。

 

SMBC債権回収株式会社からの請求を踏み倒せないワケ

SMBC債権回収株式会社からの請求を踏み倒せない理由について、もう少し詳しく解説します。

放置しておくと、裁判になってしまうことは、先ほど簡単にお話ししました。

「大した金額じゃないし、本気で取り立てないだろう」
「いくらなんでも裁判は起こさないだろう」

という考えは、SMBC債権回収株式会社には通用しません。
法務省に登録された債権回収会社なので、裁判を起こすことは、ごく普通の日常業務です。

支払いの意志が無い”と判断された場合、SMBC債権回収株式会社は、訴訟を起こして、差し押さえの法的手続きを即座に開始するでしょう。
金額が少額の場合でも、ほんの1日で完了する、簡易な法的手続きが利用できます。

こうした手続きの結果、財産の差し押さえ命令が下される場合もあります。


とはいえ、「お金を払うしか解決方法がない」という事でもありません。

たとえば、消滅時効の援用があります。
債権には時効があり、それが成立すると、支払わなくて良くなります。

ただし、借金を時効で消滅させるためには、“債務の承認をしてはいけない”等の、厳しいルールがあります。

「裁判を起こされたくない」「お金を払いたくない」どちらの場合でも、法律の専門家(弁護士・司法書士)の手助けが絶対に必要となります。

また、債務整理を弁護士・司法書士に依頼すると、借金の減額や分割払いも期待できます。

債務整理に強い弁護士・司法書士事務所 一覧と解説

SMBC債権回収株式会社とは

SMBC債権回収株式会社とは、三井住友銀行(SMBC)グループの債権回収会社です。
独自の公式ウェブサイト等の情報発信媒体を持たず、会社概要も正確に把握できませんが、三井住友銀行公式ホームページ内にて、グループ会社として記述がある事から、SMBCグループの傘下であることは確かです。

同グループによると、『SMBCビジネス債権回収とSMBCローン債権回収が合併して誕生した、法人・個人向け債権を幅広く取扱う総合サービサー』との事であり、SMFG 三井住友ファイナンシャルグループの金融・証券サービス等を利用して滞納している方は、SMBC債権回収より取り立てを受けるものと考えられます。

SMFGグループ、住友銀行グループには以下のローンなどがあります。

・SMBCコンシューマーファイナンス・プロミス(カードローン・消費者金融)
・モビット(カードローン・消費者金融)
・セディナ(クレジットカード)
・住友銀行カード(クレジットカード)

SMBC債権回収株式会社の企業情報

社名 SMBC債権回収株式会社
URL

http://www.smbc.co.jp/aboutus/profile/group.html

設立  
事業内容 SMBCグループからの受託業務
S&P(スタンダード&プアーズ)格付を有するサービサーとして、
グループ外金融機関等の有する 債権の受託・購入業務や、問題債権処理に関するコンサルティング業務を行う。
所在地

〒104-0045
東京都中央区築地三丁目16-9

資本金  
代表者 原田良輔
従業員数  
主な株主構成  
電話番号 03-3544-6003
FAX番号  
許可・登録 債権管理回収業 法務大臣許可第10号(平成11年6月14日)
備考 三井住友銀行(SMBC)の関連企業です。
三井住友ファイナンシャルグループには以下のローンなどがあります。
・SMBCコンシューマーファイナンス・プロミス(カードローン・消費者金融)
モビット(カードローン・消費者金融)
セディナ(クレジットカード)
住友銀行カード(クレジットカード)

-債権回収会社

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.