美ら島債権回収株式会社からの督促を受けたときにとるべき行動は?

投稿日:2016年6月26日 更新日:

美ら島債権回収株式会社から督促を受けたら、お金を払う以外に解決策は無いのでしょうか?
実は、正しい対応をすれば、請求金額を支払う必要がなくなったり、あるいは減額される可能性があります。

ただし、対応を間違えると、裁判に発展し、差押強制執行の命令が出されてしまう可能性も高くなります。
どうすれば良いのか、この記事で詳しく解説していきます。

美ら島債権回収株式会社とはどんな企業?違法じゃない?

まずは、美ら島債権回収株式会社について解説します。

この企業は、『債権管理及び回収業に関する特措法』に基づき、政府の許可を得て設立された、債権回収(取り立て)の専門企業です。

債権とは、簡単に説明すれば、「金銭の支払いを受ける権利」です。
こうした債権を他社から買い取り、代わって金銭の支払いを求める企業を、債権回収会社と言います。

“国家公認の取り立て企業”のため、いわゆるヤクザのような取り立ては絶対に行いません。キッチリと法に則り、裁判に訴えて、法的に債権を確定させ、財産の強制差押により回収します。

つまり、美ら島債権回収株式会社から督促を受けている場合、近い将来に裁判に訴えられ、被告として出廷する事になる…と言えます。

裁判や差押えは、現実に起きています

裁判や差し押さえと言われても、あまり現実感がわかない方も多いと思います。
「そんなことが、自分の身に起こるとは思えない」…そんな気分ですよね。

ですが現実に、差押え強制執行は“一日あたり456件”ほど行われています。
これは、司法統計のデータからも明らかな事実です。
ひとたび差押え強制執行を受ければ、“2か月分の最低限の生活維持”に必要なものだけを残して、すべて回収されてしまいます。

また、差し押さえの前段階として、裁判所での法的手続きもあります。
私たちにとっては、それだけでも大変なことですが、“法務省承認の、債権回収のプロ企業”である美ら島債権回収にとっては、日常的な業務の一つに過ぎません。

従って、適切な対応をしなければ、すぐに法的手続きを取られ、差押えを受ける可能性が高くなります。

どのように対応すれば良いのか、判断の役に立つ情報をまとめました。

プロである美ら島債権回収会社に対して、なんの予備知識もなく交渉を行うのは、お勧めできません。
電話をする前に、まずはこちらの記事をお読みください。

 

督促を受けたら、どうすれば良いのか

美ら島債権回収株式会社から督促を受けたら、すぐに弁護士に相談してください。
正式な依頼ができない方でも、まずは無料相談が必須です。
無料相談でも、有意義なアドバイスをもらうことができます。

ですが、きちんと依頼して、対応を弁護士に任せるのが理想的です。
弁護士に依頼をしなければ、裁判に訴えられ、財産が強制差押されてしまう事は、先ほどご説明した通りです。

ですが、弁護士に解決を依頼すると、次のようになります。


依頼した直後より、美ら島債権回収株式会社は、あなたへ一切の取り立て行為(電話、訪問など)を行えなくなります。
あらゆる連絡は、依頼を受けた弁護士を通すことになるためです。


美ら島債権回収株式会社に起訴される可能性が低くなります。
裁判によらない、交渉などの手続きによって解決できるケースも多くなります。
また万が一、裁判に訴えられたとしても、一方的な全面敗訴⇒財産の強制差押は、回避できるでしょう。こちらに弁護士がついていれば、裁判官が和解勧告を出す可能性が高くなるためです。


受けている督促を、ゼロ円(無効)にできる可能性があります。
もしも債権が時効を迎えている場合、時効の援用により、一円も支払わなくて良くなります。


悪質な詐欺から、身を守ることができます。
万が一、あなたが受けた督促が、美ら島債権回収株式会社の社名を騙る詐欺師だった場合、それを見破って被害を未然に防ぐことができます。

債務整理に強い弁護士・司法書士事務所 一覧と解説

美ら島債権回収株式会社とは

美ら島債権回収株式会社とは、沖縄県の地域密着型サービサーです。
沖縄銀行(おきぎん)が事業再生支援とグループ内の債権回収管理を目的として設立した債権回収会社です。
平成27年に法務大臣の承認を得ており、2016年時点で、債権回収会社としては最も新しい企業となっています。
なお、「美ら島」は沖縄方言で「ちゅらしま」と読みます。沖縄地域へのこだわりが感じられる社名です。

もっとも、新しい企業のためか、公式ウェブサイト等の情報公開もほとんど整っておらず、一般に入手できる情報源から参照できるのは、下記の会社概要のみとなっています。
実態のつかみにくい企業ですが、法務大臣の許可を得ていることは法務省ホームページからも確認できるため、架空請求業者ではありません。

 

沖縄銀行の連結子会社は以下の通りです。

おきぎんビジネスサービス株式会社
株式会社おきぎん経済研究所
美ら島債権回収株式会社
おきぎん保証株式会社
株式会社おきぎんエス・ピー・オー
株式会社おきぎんジェーシービー
株式会社おきぎんリース

上記のことからも、これら沖縄銀行グループ企業の債権管理回収として、美ら島債権回収株式会社から取り立てが行われる場合が考えられます。

美ら島債権回収株式会社の企業情報

社名 美ら島債権回収株式会社
URL

http://www.okigin-churashima.ospo.co.jp/

設立 2014年11月19日
事業内容 債権管理回収業
所在地

〒900-0013
那覇市牧志1丁目3-45(4F)

資本金 5億円
代表者 垣花 克彦
従業員数 約30名
主な株主構成  
電話番号 098-860-2690(代表)
FAX番号  
許可・登録 債権回収管理業 法務大臣許可(平成27年2月24日)
備考 沖縄銀行の連結子会社

-債権回収会社

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.