エイチ・エス債権回収からハガキや電話で督促・請求が来たら放置は厳禁!

投稿日:2016年6月22日 更新日:

★この記事を読んでわかること
  • エイチ・エス(HS)債権回収からハガキや封書で、民事訴訟裁判通達書などの督促を受けている場合の解決方法について
  • エイチ・エス債権回収を知らない場合でも、詐欺や架空請求とは限らない
  • 時効援用や債務整理で返済を減額・免除・消滅できる可能性があるため、弁護士や司法書士に早めの相談を

この記事では、エイチ・エス(HS)債権回収からの督促・請求を受けており、お金が払えない場合の解決方法を解説していきます。

「そもそもお金を払うべき?詐欺や架空請求ではないの?」
「お金が払えないと裁判や差し押さえになってしまう?」

といった疑問にもお答えしていきます。

特に、エイチエス債権回収から以下のような督促や通知書を受け取っている方は、しっかりと対応する必要があります。

  • 債権受託通知
  • 民事訴訟裁判通達書
  • 督促状
  • 催告状
  • その他の督促ハガキや封書

放置しておくと、本当に民事訴訟になってしまう恐れもあるので、この記事の情報を参考に対応してみて下さい。

エイチ・エス債権回収とは?違法企業や詐欺ではない?

エイチ・エス(HS)債権回収からの督促を受けて、「知らない会社だから詐欺ではないか」と考える方も多いようです。
また、「債権回収 代行 違法」といったgoogle検索もあるので、「債権回収を代行するのは違法では?」などの疑問をお持ちの方もいるようですね。

そこでまずは、「エイチ・エス債権回収は違法企業か合法企業か」という点を解説していきます。

エイチエス債権回収は、債権回収を国に認められた専門企業

結論から言えば、エイチ・エス債権回収は違法企業ではありません。
確かに、債権回収(借金などの取り立て)を代行することは、弁護士以外が行うと違法となるのが通常です。

ですが、一部の特別な企業は、「債権管理回収業に関する特措法」という法律に基づき、国(法務省)の許可を得て、この取り立て代行(債権回収代行)を行えることになっています。回収代行のほか、他社から債権を買い取って督促を行うことも認められています。

そして、エイチ・エス債権回収株式会社は、この「法務省によって認められた、取り立て業務を行える特別な企業」となっています。
言い換えれば、“国の認めた取り立てのプロ企業”ということです。

催告や請求を無視していると、『支払督促』『訴訟』といった法的措置をとられ、最悪の場合『強制執行(差し押さえ)』で財産を回収されてしまう恐れがありますので、甘く見ない方が良いでしょう。

エイチ・エス債権回収の“なりすまし”による詐欺には注意!

本物のエイチ・エス債権回収からの督促は違法ではありませんが、同社に「なりすました」違法な督促や詐欺、架空請求の恐れはあります。
とはいえ、架空請求かどうかを見分けるのは、非常に難しくもあります。

督促状に書かれている電話番号が、公表されている代表電話番号と違っても、本物の請求の可能性がある(督促の専門部署に直通の電話番号など)

心当たりが無い請求内容でも、遅延損害金で金額が膨れ上がっていたり、債権譲渡譲受で元の返済先から変わっていたり、借りたのが何年も前で忘れてしまっている場合もある

このような判断の難しさがあるため、すぐに詐欺や架空請求だと決めつけるのは禁物です。
わからない場合は、弁護士・司法書士に相談しておいたほうが安全でしょう(後ほど詳しく解説します。)

エイチ・エス債権回収が取り扱っている債権の原債権者(元々の借入先)

参考情報として、エイチエス債権回収からの督促が、「そもそも何の借金だったのか」について、事例をご紹介します。

  • 有限会社エフエムシー
  • リッチ、シンコウ、東和商事(のちに3社とも「リッチ」に吸収合併)
  • ぷらっと(のちに会社名変更を経て「クラヴィス」)
  • クオークローン(のちに会社名変更を経て「クラヴィス」)
  • 株式会社クオーク(現セディナ)
  • クラヴィス(2012年に破産)
  • ネオラインキャピタル(ネオラインホールディングス)
  • クロスシード
  • 株式会社バッカーズ
  • プロミス、およびプロミス関連企業

上記の企業の間で、債権(返済を受け取る権利)が譲渡譲受されたり、売買を繰り返されているケースもあります。そうした取引の結果、エイチ・エス債権回収に債権が移動し、同社から督促・催告を受ける等の場合もあります。

請求に心当たりが無くても、詐欺や架空請求とは限らない

上記をご覧いただくとわかる通り、企業間の吸収合併や取引が複雑に関係しているため、一般の私たちからは、「そもそも何の借金なのか」すら、わかりにくい場合も考えられます。

ですので、心当たりが無い督促だからといって、必ずしも詐欺や架空請求とは限りません。

不安な場合、すぐに弁護士・司法書士に相談を!時効援用や債務整理での解決も可能

「エイチ・エス債権回収からの督促が、本物かどうかわからない」
「もしかして昔の借金の未払いかもしれないけれど、確信が持てない」
「心当たりはあるけれど、とても払いきれない」

など、困ってしまう事情や不安がある場合、すぐに弁護士や司法書士に相談したほうが良いでしょう。

「架空請求かどうか、法律の専門家に確認してもらえる」

…というメリットもありますが、それ以外にも、『消滅時効の援用』や『債務整理』で返済を減額・免除できる可能性があるからです。

最終返済から一定年数が経った借金は、「時効援用」の手続きで返済義務を消滅できる
たとえば貸金業者や銀行、信販会社からの借金の場合、最終取引から5年が時効となります。「時効援用」の手続きを行わなければ、返済義務が消滅しないため注意が必要です。

時効援用ができない場合も、『債務整理』で返済を減額・免除
任意整理、個人再生、自己破産、特定調停といった様々な手続きで、返済を減額・免除できます。減額して残った分に関しても、長期の分割払いにできます。

債務整理や時効援用を弁護士・司法書士に依頼すると、取り立てが最短即日でストップ
弁護士や司法書士が代理人となるため、取り立てがすぐにストップします。そのため、早めに債務整理や時効援用を行えば、家族にバレずに問題を解決できる場合もあります。

他の返済や滞納・未払いも一緒に解決
エイチ・エス債権回収以外のところからも督促を受けていたり、多重債務などでお困りの場合も、弁護士や司法書士に依頼すれば、すべての債務を合わせて解決できます。

★債務整理や時効援用を無料相談できる弁護士・司法書士

債務整理や時効援用について、また「返済ができない」「借金が返せない」といった悩みについて、無料相談を受けている弁護士・司法書士を、次のページにまとめています。

24時間365日の電話・メール無料相談受付
全国対応
秘密厳守
債務整理や時効援用の初期費用無料

といった、相談しやすい弁護士・司法書士の窓口をまとめています。
エイチ・エス債権回収からの督促でお悩みの方は、こちらもご覧ください。

電話・メールで無料相談!
債務整理に強い弁護士・司法書士の一覧まとめ

 

自分で対応すると、問題が大きくなってしまう恐れがあります

エイチ・エス債権回収に対して、自分で話し合ったり交渉すると、問題がかえって大きくなってしまう恐れもあります。

話し合いによって『債務承認』が発生してしまい、時効援用ができなくなる

債務承認とは、返済義務(債務)があることを認める言動です。債務承認弁済契約書などにサインしなくても、以下のような言動も債務承認となり、時効援用が阻止されてしまいます。

「今は返すお金がありません」などの発言
「返済を分割にしてください」などの発言
1円でもお金を払う

無理な返済計画を約束させられてしまう

返済の余裕がまったく無いのに、「来週までに○○万円を払う」など、無理な返済計画に同意させられてしまう恐れもあります。
もちろん、こうした同意を口で言っただけでも債務承認となり、時効が中断してしまいます。
また、約束を履行できなければ、すぐに民事訴訟など裁判になってしまうでしょう。

自分で減額交渉すると、「返済の意思なし」と取られて、裁判・差し押さえに

「返せません」「払えないので減額してください」など、自分で減額交渉をすると、“返済の意思がない”と判断されて、すぐに訴訟に移行されてしまう恐れもあります。
相手はプロなので、裁判になったら、まず勝ち目はありません。そして、そのまま差し押さえ(強制執行)に至ってしまうでしょう。

差押えになれば、給与差押えで勤務先に債権執行が行われるなど、自分一人だけの問題では済まなくなります。

ほかにも、考えられる危険性やデメリット、注意点は様々にあります。
そうした点についての解説記事を、以下にご用意しました。
お時間のある方は、こちらも目を通してみてください。

エイチ・エス債権回収株式会社とは


エイチ・エス債権回収株式会社とは、法務省承認の債権回収会社の一社です。
エイチ・エス証券株式会社を中心とするグループ企業の一社であり、証券業によって培われた様々なノウハウが、エイチ・エス債権回収の業務にも生かされています。

債権の評価、買い取り、管理、回収といったサービサー業務のほか、これらに関するコンサルティング業務や、ノウハウを活かした事業再生業務も取り扱っています。
また、リース物件の引き上げ処分の兼業資格も持つなど、幅広く多彩な実務能力を持つ企業です。

エイチ・エス債権回収株式会社の企業情報

社名 エイチ・エス債権回収株式会社
URL

http://www.hs-servicer.co.jp/

設立 2006年11月24日
事業内容 債権管理回収業務
所在地

〒105-0003
東京都港区西新橋3-2-1 Daiwa西新橋ビル9階

資本金 5億円
代表者 代表取締役社長 八木厚樹
従業員数  
主な株主構成 澤田ホールディングス株式会社100%出資
電話番号 03-5402-4300
FAX番号 03-5402-4301
許可・登録 債権管理回収業 法務大臣許可第110号(営業許可2007年2月16日)
取引先  

エイチ・エス債権回収株式会社 本店・支店と住所・電話番号

電話 事業所名 住所
06-6941-8216 エイチ・エス債権回収株式会社 大阪支店 大阪府大阪市中央区常盤町2-2-13 東海建物本社ビル5階
096-325-8390 エイチ・エス債権回収株式会社 熊本営業所 熊本県熊本市中央区花畑町4-3 太陽生命熊本ビル9階
03-6864-0808 エイチ・エス債権回収株式会社 新宿オフィス(集金代行課) 東京都新宿区高田馬場4-4-13 ALPSビル高田馬場5階
03-6864-0707
(お客様専用ダイヤル)
エイチ・エス債権回収株式会社 新宿オフィス(集金代行課) 東京都新宿区高田馬場4-4-13 ALPSビル高田馬場5階

電話・メールで無料相談!
債務整理に強い弁護士・司法書士の一覧まとめ

 

-債権回収会社

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.