新生債権回収&コンサルティング株式会社の督促は不当?お金を払いたくない!

投稿日:2016年5月27日 更新日:

「新生債権回収&コンサルティング株式会社から取り立ての手紙が届いたけれど、お金を払えない…」
「請求が来てるけど、こんな金額、無理…」

という方に、なるべくお金を払わないで解決できる方法を解説していきます。

国の認めた借金減額方法が使えます

新生債権回収&コンサルティングからの督促は、国の認めた借金減額方法である『債務整理』が利用できる可能性があります。

これは返済額を減額したり、一定の条件下で返済を免除するもので、“無理のない形での解決”も可能になります。

そのためには、債権者である『新生債権回収&コンサルティング』に電話をする前に、“債務整理に強い弁護士・司法書士に相談・依頼すること”が必要になります。

自分自身で手続きをしたり、新生債権回収&コンサルティングと話し合って和解交渉を行うことは、ほとんど現実的ではありません。

こうしたポイントや、解決に向けて知っておきたい知識を、以下のコーナーで詳しく解説しています。

新生債権回収&コンサルティングに電話をする前に、ぜひ、こちらの記事に目を通して下さい。

 

合法的に踏み倒す方法はある?

まず、
新生債権回収&コンサルティング株式会社の株主が新生銀行グループですので、以下の企業の債権回収に関する督促の場合も考えられます。


・昭和リース
・新生信託銀行
・新生証券
・新生インベストメント・マネジデント
・新生プリンシパルインベストメンツ
・新生企業投資
・新生インベストメント&ファイナンス
・新生プロパティファイナンス
・アプラス
・全日信販
・新生ファイナンシャル
・新生パーソナルローン

 

受けている督促を、一円も払わずに解消するというと、悪く言えば“踏み倒し”になりそうですよね。
そんなこと、合法的にできるんでしょうか?

無視して放置すると、新生債権回収&コンサルティング株式会社は差押の訴訟を起こします。
最終的には、財産の強制差押執行となり、司法判断に基づいて財産を回収されてしまうでしょう。したがって、踏み倒しは不可能です。


夜逃げをしようと思っても、新生債権回収&コンサルティング株式会社は債権を持っているため、住民票の移動履歴などを追跡可能です。したがって、夜逃げで逃げ切ることもできません。


ですが、実は“合法的に、督促にお金を払わなくて済む場合”もあるんです。

架空請求だった場合

新生債権回収&コンサルティング株式会社の名前をかたった、架空請求の場合、むしろ一円も払ってはいけません。
騙されて被害に遭うことで、裏社会のリストに載ってしまい、次々と詐欺師が押しかけてくることも。詐欺師の格好のターゲットにされてしまいます。

ただし、架空請求の手口はたいへん巧妙です。
手元に届いた督促状が、本物の新生債権回収&コンサルティング株式会社からのものか、それとも詐欺なのかは、一般人の目では判断がつきません。

法律の専門家にアドバイスをもらい、判断してもらう方が良いでしょう。

債権が時効を迎えた場合

実は、債権には時効があり、それを過ぎると消滅してしまいます。
ローンの返済、滞納家賃などは“商事債権”となるため、5年で時効を迎えます。

ただし、時効成立の条件は、たいへん厳しいものとなります。

訴訟を起こされるなど、新生債権回収&コンサルティング株式会社による時効中断を全て防ぐ
時効を迎えるまで、債務承認(借金の存在を認める)となる言動を一切行わない
時効を迎えたら、ただちに正式な手順で、時効援用を主張する

こうした条件をすべてクリアするのは、個人の力では、ほとんど現実的ではありません。
ですが、債務問題に強い法律家のサポートを得られれば、確率はぐんと上がります。

2つの方法をご紹介しましたが、これ以外の方法で解決をはかる場合でも、法律家のサポートは絶対に必要です。

そこで、債務問題に強く、口コミでも評判の高い弁護士事務所をご紹介させて頂きます。
まずは無料相談で、アドバイスをもらってみて下さい。

債務整理に強い弁護士・司法書士事務所 一覧と解説

新生債権回収&コンサルティング株式会社とは

新生債権回収&コンサルティング株式会社とは、新生銀ファイナンス株式会社を主要株主とする債権回収会社です。

同社の特筆すべき特徴として、コンサルティング業務を債権回収管理業務と共に主力的に位置付けている点が挙げられます。
事業内容は極めて充実しており、特定金銭債権、その他の債権に関する適正評価・集金代行・管理事務等の他、債権の証券化・流動化といった、サービサーに求められる、あらゆる業務の遂行能力を有しています。
加えて、こうした一連の業務に関するコンサルティング業務も取り扱っており、高度に体系化された知見と実績とを保有しているものと考えられます。

新生債権回収&コンサルティング株式会社の企業情報

社名 新生債権回収&コンサルティング株式会社
Shinsei Servicing Company
URL

http://www.shinseisc.com/

設立 平成14年1月21日
事業内容 1.債権管理回収業
2.特定金銭債権の管理又は回収を行う業務
3.証券化スキームに関する事務代行業務
4.特別目的会社、特定目的会社、債権買取会社等の事務代行業務
5.債権の管理事務代行業務
6.債権、有価証券、不動産その他の資産の適正評価に関する業務
7.特定金銭債権以外の金銭債権に関する集金代行業務
8.特定金銭債権以外の金銭債権に関する管理事務代行業務
9.前各号に関するコンサルティング業務
10.経営、資産運用、財務に関するコンサルティング業務
11.企業の営業譲渡、資産売買、資本参加、業務提携及び合弁に関する コンサルティング業務
12.前各号に付帯する一切の業務
所在地

〒100-0004
東京都千代田区大手町一丁目9番7号

資本金 5億円
代表者 代表取締役 桑名 幸久
従業員数  
主な株主構成 新生銀行グループ
電話番号 03-6880-6590
FAX番号 03-4560-1661
許可・登録 債権管理回収業 法務大臣許可第63号(営業許可2002年1月21日)

新生債権回収&コンサルティング株式会社 本店・支店と住所・電話番号

電話 事業所名 住所
03-6880-6450 新生債権回収株式会社 東京都中央区日本橋室町2丁目4-3

-債権回収会社

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

目次へ