オリンポス債権回収からの督促状や請求、電話は無視すると危険?

投稿日:2016年5月22日 更新日:

★この記事を読んでわかること
  • オリンポス債権回収から郵便や電話、訪問などで督促を受けている人の疑問に回答
  • 返済が難しい場合、時効(債務の消滅時効の援用)や債務整理で返済滞納を解消できる可能性あり
  • 無視や放置すると裁判所に訴えられることも。自力での対応も困難なため、弁護士や司法書士への相談が必要

この記事では、オリンポス債権回収株式会社から督促や請求を受けている方のために、解決方法や対処方法、裁判を防ぐ方法などを解説していきます。

「オリンポス債権回収から、赤い封筒で郵便が届いた」
「オリンポス債権回収から訪問予告通知を受けた」

といった場合や、以下のような督促状や通知書を受けている場合は、冷静な対応が必要です。

<オリンポス債権回収からの郵便による督促の例>

  • ご通知/請求書/催告書/ご案内
  • 債権管理回収に係わる受託通知
  • 和解のご提案/和解提案書
  • 債権譲渡通知/債権譲渡及び債権譲受通知
  • 法的措置予告通知
  • 訪問予告通知
  • 一括弁済勧告通知

そのほか、各種のハガキや封書、電話や自宅訪問などでオリンポス債権回収会社から督促を受けている方に、役立つ情報をお届けしていきます。

オリンポス債権回収からの赤い封筒は督促状?訪問予告通知は無視して大丈夫?

まずは、オリンポス債権回収について、よくある質問や、多くの方に検索されている疑問点などを、まとめて解説していきます。

オリンポス債権回収は金融の会社?詐欺や架空請求の違法企業?

金融に関係する企業ではありますが、いわゆるサラ金などの貸金業者ではありません。法務大臣の認めた、“取り立て・督促”などのプロ企業となります。法務大臣が認めていますから、もちろん、詐欺や架空請求などの違法企業でもありません。

他社から依頼を受けて借金返済の取り立てを行う
他社の債権(返済を受け取る権利)を買い取って、取り立てを行う

などの業務を行っています。
ですので、オリンポス債権回収に心当たりのない方でも、同社から督促状や催告書、請求がくることがあります。
オリンポス債権回収株式会社に限らず、こうした債権回収会社は『支払督促』『訴訟』『強制執行(差し押さえ)』といった法的措置による回収を得意としているため、一般の方が何の知識も無いまま話し合いなどで解決しようとするのは望ましくありません。

また、オリンポス債権回収の名前を悪用した詐欺・架空請求の恐れもあるため、安易に電話せずに、弁護士や司法書士に一度相談したほうが良いでしょう。

なお参考として、本物のオリンポス債権回収が取り立てを行う借金などの一例をまとめておきます。

<オリンポス債権回収が取り立てを行う借金などの例>

法務大臣許可番号41号とは?

オリンポス債権回収株式会社の、法務大臣許可番号です。
オリンポス債権回収は、「債権管理回収業に関する特措法」という法律に基づき、法務大臣に認められた“取り立てのプロ企業”です。その“国が認めた証拠”のようなものだと考えて良いでしょう。

オリンポス債権回収からの赤い封筒は督促状?

支払や返済(弁済)を求める督促状や催告状だと考えられます。また、訴訟予告通知や、訪問予告通知といった書類が入った郵便の場合もあります。

訪問予告通知が届いたら、本当にオリンポス債権回収の訪問が来る?

本当に訪問される可能性が高いと言えるでしょう。ですが、訪問を受けてその場でお金を1円でも支払ったり、「今は払えません」などの発言をすると、後ほど説明する『時効援用』ができなくなる恐れがあります。
ですので、自宅訪問を受ける前に、オリンポス債権回収からの取り立て行為をストップさせることが重要になります。

オリンポス債権回収への返済は時効で消滅できる可能性あり

google検索を見てみると、「オリンポス債権回収 時効」が気になっている方も多いようです。
「オリンポス債権回収への返済は、時効で消滅できる」という話を、どこかで聞いた方が多いのかもしれません。
これについて、要点をまとめていきます。

最終返済から5年以上経っている場合は、『時効』で返済を帳消しにできる

ただし、待っていれば勝手に時効になるのではなく、債務の『消滅時効の援用』という手続きを行う必要がある

時効援用手続きをしなければ、いつまでたっても返済義務は無くならない

一円でも返済したり、「払えません」「返済を待ってください」など債務がある前提の発言をすると、“債務承認”となり、時効援用ができなくなる

配達証明付の内容証明郵便での督促、裁判所への申し立てなど、時効を阻止されてしまう場合(時効の中断)もある

こうした仕組みになっているため、オリンポス債権回収への返済や支払いを時効で消滅させたい場合は、なるべく早めに、時効援用や債務整理に強い弁護士・司法書士に相談するほうが良いでしょう。

時効援用ができない場合も、債務整理で返済を減額・免除・分割できる

条件が整わず時効援用ができない場合も、『債務整理』(任意整理、個人再生、自己破産、特定調停)で返済を減額・分割したり、返済義務を免除できる可能性があります。

任意整理や個人再生で、返済を大幅減額&残った返済額を大幅減額
または、自己破産で返済義務を免除
裁判や差し押さえ等を防ぎ、返済トラブルを解決できる
オリンポス債権回収以外の、他社の借金返済なども併せて解決できる

といった特徴があります。

★債務整理や時効援用は、弁護士・司法書士への無料相談から

『債務整理』や『消滅時効の援用』は、弁護士や司法書士に依頼して行う手続きです。

相談無料、初期費用無料
24時間365日の無料相談受付
全国対応
最短即日での取り立てストップ

といった、相談しやすい弁護士や司法書士の情報を、次のページでまとめています。

電話・メールで無料相談!
債務整理に強い弁護士・司法書士の一覧まとめ

 

オリンポス債権回収株式会社の督促・請求を無視すると裁判や差し押さえに

オリンポス債権回収株式会社から督促を受けて、弁護士や司法書士に相談せず、そのまま放置しておくと、裁判や差し押さえ(強制執行)などの法的措置になってしまう恐れが高くなります。

支払督促、少額訴訟、通常訴訟などの裁判手続きで、債務名義が確定してしまう

申し立てから最短数日で結果が出る「支払督促」など、費用の安いスピード裁判もあります。そのため、請求額が少額であっても、裁判になる恐れがあります。

異議申し立てをしなければ、オリンポス債権回収の主張が一方的に認められてしまう

遅延損害金や延滞利息で膨れ上がった請求額も、そのまま正当な金額として確定してしまいます。

差し押さえ(強制執行)になり、家族や職場も巻き込んでしまう

家や土地などの、ぱっと思いつく財産を持っていない
お金持ちではなく、生活にも苦労している
貯金が1円もない

こうした人であっても、「勤務先への給与差押え」などがあるため、差し押さえ(強制執行)から逃れることはできません。
それどころか、職場や家族を巻き込む、大変な事態になってしまうでしょう。

このような差し押さえ(強制執行)や裁判などの法的手続きについて、また「自分で交渉して解決できないか」などの疑問について、次のコーナーでより詳細にまとめています。
興味のある方は、こちらの記事も参考にご活用ください。

 

オリンポス債権回収株式会社とは

オリンポス債権回収株式会社とは、北海道に本社を置くサービサー企業です。法務大臣の認可の元、債権管理回収に関する特措法、個人情報保護法、その他の各種法令・条例・条約を遵守した経営を行っています。

北海道初のサービサーとして知られており、不良債権の管理回収処理を通して、地域経済発展の一翼を担う存在とされています。
債権の適切な価値算定、不良債権の良化・流動化等にも重点を置いたサービサーである点も、同社が高く評価される理由の一つと言えるでしょう。

また、債権回収会社に求められる義務として、コンプライアンスの徹底遵守、暴力団など反社会勢力の徹底排除にも努めており、この点でも高く評価できる企業です。

オリンポス債権回収株式会社の企業情報

社名 オリンポス債権回収株式会社
URL

http://olympos-servicer.com/

設立 2000年9月12日
事業内容 特定金銭債権の管理および回収
所在地

北海道札幌市豊平区月寒中央通7丁目6-20 JA月寒中央ビル

資本金 11億2,150万円
代表者 代表取締役 森岡幸人
従業員数  
主な株主構成 株式会社オリンポスホールディング
電話番号 011-856-9950
FAX番号 011-856-1814
許可・登録 債権管理回収業 法務大臣許可第41号
取引先  

オリンポス債権回収株式会社 本店・支店と住所・電話番号

電話 事業所名 住所
011-856-9199 オリンポス債権回収株式会社 北海道札幌市豊平区月寒中央通7丁目6−20 JA月寒中央ビル 7F
011-856-9200 オリンポス債権回収株式会社 管理課 北海道札幌市豊平区月寒中央通7丁目6-20
011-856-9933 オリンポス債権回収株式会社 北海道札幌市豊平区月寒中央通7丁目6-20

電話・メールで無料相談!
債務整理に強い弁護士・司法書士の一覧まとめ

 

-債権回収会社

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.