ジャパンネット法務事務所の消滅時効援用の評価・評判や口コミ

投稿日:2016年12月20日 更新日:

債務整理や“借金の消滅時効の援用を得意とする”法律事務所、『ジャパンネット法務事務所』について、レビューしていきます。


何年も前に、キャッシングやカードローンで借りたお金
滞納してしまった家賃、携帯電話料金

…その他、“何年も払わずに放置してしまった料金”はありませんか?

こうした場合、『消滅時効の援用』をすることにより、“支払い義務が無くなる”可能性があります!

ジャパンネット法務事務所の消滅時効の援用は、『信頼性』と『丁寧さ』が、口コミで評判にもなっている特色です。
司法書士への相談がはじめての方に、特におすすめしたい事務所です。

 

ジャパンネット法務事務所の時効援用の評価概要

ジャパンネット法務事務所・消滅時効援用・公式サイト

ジャパンネット法務事務所の消滅時効援用の評価グラフ

(※評価チャートは、当サイト独自基準による判定となります)

詳しい評価は、この記事の後半でレビューします。
その前に、大切なお知らせをお読み下さい。

 

大切なお知らせ①:借入先など、債権者に連絡しないで下さい!

このページをご覧の方は、『時効かも?』と思う支払いや返済を、何かしらお持ちだと思います。

こうした場合、“相手先の業者に電話や連絡をすると、時効が成立できなくなってしまう”危険性があります。

その理由が、借金の存在を認めてしまうことによる“債務承認”です。

「借りましたが、もう時効ではないですか?」
「確かにまだ支払いしていませんが、もう時効だと思うので払いません」
「支払いできないので、もう少し待って下さい」

こうした発言が債務承認となり、“言った瞬間に、時効のカウントがゼロに戻って”しまいます。

またこの他にも、1円でも支払いを行えば、それも債務承認になります。

「そんなつもりじゃなかった」
「消滅時効の援用をするつもりだった」

と、後からいくら言っても、通用しません。
だからこそ、『時効かも?』と思った場合は、決して相手業者に連絡しないほうが賢明です。

相手業者はプロですので、優れた回収テクニックを持っています。
電話をした場合、こちらが不利になる(債務承認を取られる)言動を引き出される恐れがあるためです。


督促状を受けている
連絡をしないと法的手続きと書かれている
相手から着信履歴が何度もある
『減額和解のご提案』など、“返済を減らすので連絡するように”といった書類が届く

どんな場合でも、相手業者に連絡する前に、『ジャパンネット法務事務所』などの専門家に無料相談しましょう!

 

大切なお知らせ②:時効の成立が、相手から阻止される前に行動を!

『どうせ時効(のはず)だから、今すぐ依頼しなくても大丈夫』

と思っていませんか?
実は債権債務の消滅時効は、“援用手続きをしないと成立しません。”

つまり、今はまだ『時効援用』をしていないため、“時効になっていない”んです。

そのため、先ほど解説した“債務承認”のほか、下記のような方法で、相手業者は一方的に時効の成立を阻止できます。

裁判所に書類を出して申し立てる
内容証明郵便で督促状を送る
自宅・職場などへの訪問や電話で、あなたから直接、支払いを約束させる

相手がこうした行動に出る前に、“時効援用”の手続きを依頼する必要があります。
今すぐ行わなければ、相手に消滅時効の成立を阻止されてしまいます。

 

ジャパンネット法務事務所の時効援用の評価:口コミ好評の理由とは?

ジャパンネット法務事務所の消滅時効援用の評価グラフ

(※評価チャートは、当サイト独自基準による判定となります)


『ジャパンネット法務事務所』は、“解決力と対応力”で選びたい法務事務所です。

平均以上の総合力を持ち、その“実力”で口コミでも好評となっている、ジャパンネット法務事務所の評価をまとめました。

専門性:100点

債務整理と消滅時効の援用で、専門性の高い司法書士事務所です。
そのため、仮に時効援用がうまくいかなかった場合も、任意整理・個人再生・自己破産など他の解決方法に切り替えて、借金の解決を図れます。

相談実績:100点

相談実績だけでなく、解決実績ともに十分なノウハウの蓄積がある法律事務所です。十分に信頼して相談できます。

解決スピード:80点

特にこれといってスピード重視…というわけではなく、難しい案件など、場合によっては丁寧に進める事もあるようです。
とはいえ、決して遅いわけではなく、“平均以上”のスピーディさも持ち合わせています。

利便性:90点

無料相談、全国対応、メール相談をいつでも受付中など、利便性も高く評価できます。
女性専用の窓口こそ無いものの、女性ひとりでも安心して相談できる、信頼感の高い法務事務所です。

費用の安さ:80点

時効援用の費用そのものも比較的安く抑えられていますが、『相談無料』が大きなポイントです。
通常の法律事務所では、30分5000円の相談料が発生しますが、ジャパンネット法務事務所では、これが無料です。

その他の特色:100点

『無料相談』であっても”認定司法書士が対応する”という点が、非常に評価の高いポイントです。
簡裁訴訟代理関係業務認定を取得した司法書士による、専門的なアドバイスを無料でもらえるのは、大きなメリットです。

ジャパンネット法務事務所 事務所概要

代表者 認定司法書士
小宮山博之
大阪府行政書士会 1392号
簡裁訴訟代理関係業務認定 501079号
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-19-11 道玄坂セピアビル9F
アクセス 渋谷駅 マークシティ道玄坂口 徒歩1分
首都高速道路3号渋谷線 渋谷出口 下車1分
電話番号 03-5567-3160
営業時間 9:00 ~ 21:00(年中無休)
メール(WEB)相談 無料
年中無休
24時間対応
対応地域 全国
時効援用の依頼費用 30,000円/1件
(※消費税別)

(※2016年12月時点での情報です。最新情報は、ジャパンネット法務事務所公式WEBサイト等でご確認下さい)

 

ジャパンネット法務事務所の消滅時効の援用の流れ

:時効を迎えているか、調査をしてもらう

何年で時効を迎えるかは、『何の支払いか』により変わります。

たとえば、携帯電話料金や消費者金融(サラ金)やクレジットカードの支払いなどは、商事債権となるため、最終返済日から5年です。
水道、電気、ガスなどの公共料金の場合、2年間で時効となります。

ほかにも内容によって時効期間は変わります。

また、最終返済日から時効期間を迎えているはずと思っていても、途中で“時効の中断”が発生しているケースもあり、そうした場合は時効期間がさらに変わってしまっています。

簡単にまとめれば、『一人ひとりの事例によって、時効を迎えているかどうかは異なる』という事です。

そのため、“まずは弁護士や司法書士といった専門家による調査”を依頼しなければ、時効が援用できるか、わかりません。

そうした調査も、『ジャパンネット法務事務所』なら、お任せできます。

 


:時効を迎えている場合、『援用』手続きで消滅!

調査の結果、『時効を迎えている』とわかったら、すぐに“消滅時効の援用の手続き”が必要です。

時効を迎えている場合も、ただ放置しておくだけでは、“まだ時効が成立していない”状態。
この状態では、まだ相手は取り立てを行ったり、裁判を起こしたりできます。

また、先ほど説明した“債務承認”による時効の中断も可能です。

そのため、素早く時効の援用手続きを行わないと、“時効のカウントがゼロに戻され、消滅できなくなる”危険性があります。

消滅時効に強い弁護士・司法書士をまとめました

その他の“消滅時効で頼れる”弁護士・司法書士事務所も以下のページでまとめています。

『昔の借金の督促状が突然届いた』
『何年も催促されてなかったのに、今頃になって請求書が来た』

そういった悩みを解決してくれる頼れる先生を厳選してご紹介しています。

消滅時効の援用に強い弁護士・司法書士をこちらにまとめました

 

-時効援用の相談先

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.