アコムACマスターカード審査落ちの理由?簡単に可決するほど甘いのは本当?

投稿日:

★この記事を読んでわかること
(約5分で読めます)
  • アコムのACマスターカードとは?「審査が甘い」の噂や口コミは本当?
  • すぐ現金が欲しい、払えない、滞納しそう…そんな人にはオススメできない!その理由とは?
  • 払えない・返せない…その悩みは、新しいカードではなく、国の認めた減額・免除の手続きで解決を!

「ACマスターカード」というクレジットカードをご存知でしょうか?

ネットで調べると、「お金に困っている人でも持ちやすい」といった風に、“審査が甘い”とされているクレジットカードの一つです。

そのためか、「○○費が払えない」「滞納しそう」など、お金に困ったり、他のカードローンやサラ金で審査に否決してしまった人に、ACマスターカードをオススメするサイト等もあります。

しかし、そうしたサイト等の内容を信じて、本当に大丈夫でしょうか?

そこで今回は、

ACマスターカードとは?本当に審査に甘くて持ちやすいの?

すぐにお金や現金が欲しい時、ACマスターカードを申し込むべき?

といった疑問を検証していきたいと思います。

ACマスターカードとは?“審査が甘い”の噂は本当?

まずは、ACマスターカードについて簡単に解説します。

ACマスターカードは、消費者金融の「アコム」が提供する、リボ払い専用のクレジットカードです。

クレジット利用枠300万円まで
手数料率/実質年率10.0%~14.6%

…となっていますが、これに加えて、カードローン(キャッシング)機能もついています。

クレジット利用枠とキャッシング枠の合計は、最大で800万円になるようです。(ACマスターカード公式サイトより)

これだけ大きな限度枠のあるカードが、本当にゆるい審査で持てたら助かりますよね。
ですが、本当に審査が甘いのか?というのは疑問でもあります。

ACマスターカードの審査は“甘くない”と言える理由

ACマスターカードに限らず、どんなクレジットカードやカードローンも、審査の条件は基本的に公表されていません。そのため、“甘い・厳しい”といった比較も、正確にはできないのが現実です。

ですが、「限度額が多いカードは、その分、審査も厳しい」というのが一般的です。

ACマスターカードは、キャッシング枠、クレジット枠合わせて最大800万円もあります。
この金額は、他のカードで言うところのゴールドカード~プラチナカードぐらいの水準です。
ですから審査の厳しさも、「ゴールドカード~プラチナカード程度の水準」だという予想もできます。

また、ACマスターカードの運営会社は、消費者金融のアコムです。アコムは大手消費者金融として、審査のノウハウを豊富に持っていますから、スピード審査でもしっかりと与信判断ができるでしょう。

こうした点を考えると、

「ACマスターカードは、審査が甘いと言える理由が無い」
「むしろ審査が厳しくても不自然ではない」

…と予想できます。

お金に困った時、ACマスターカードを申し込むべき?

「お金がすぐに欲しいけれど、他社のカードの審査に落ちた」

そんな人に、ネット上でオススメされる事の多い「アコムACマスターカード」。
ですが、他社カードの審査に落ちる状況で、本当にACマスターカードを申し込むべきでしょうか?

「他社のカードの審査に落ちる」というのは、信用情報に何か問題があるケースが考えられます。

たとえば…

「総量規制を超える借金がある」
「返済を滞納して取り立てを受けている」
「家賃や携帯電話代などに滞納がある」
「ギリギリまでお金を借りてしまっている」

…といったような状況です。

こうした場合、ACマスターカードに限らず、「新しくカードを申し込む」こと自体、危険だと言わざるおえません。なぜなら、結果として「借金をさらに重ねる」ことになってしまうからです。

好きで借金を重ねたいわけじゃない…どうすればいい?

もちろん、

「ただでさえ今、返済や支払いに困っているのに、借金を重ねるべきではない」
「生活費がギリギリで、さらに借金をしたって返せるはずがない」
「好き好んで借金を重ねたいわけじゃない」

…と、自己診断ができている人も多いでしょう。
しかし、

「お金を借りる以外に方法がない」
「新しくカードを作る以外に解決策が無い」
「そうしないと、今月の支払日に間に合わない」

…と考えて、“審査が甘い”と噂されるACマスターカードを検討しているのだと思います。

しかし実際には、「新しく借金を重ねなくても、今の状況を解決できる手続き」があります。

「払えない・返せない」悩みは、新たな借金ではなく債務整理で解決を

「払えない、返せない」
「次の引き落とし日に間に合わない」

もしも、こうした悩みを解決するために、アコムのACマスターカードを検討しているのであれば、もっと別の解決方法を使ったほうが良いでしょう。

その解決方法とは、「債務整理」です。

債務整理は、国の認めた返済減額・免除の手続きです。
「約束(契約)どおりにお金が払えない・返せない」となった時に、支払や返済を減額・免除できます。

最短即日で取り立てをストップ
すべての返済をただちに一旦停止

…という効果もあるため、今すぐ始めれば、次の支払日(引き落とし日)に間に合わせることも可能です。

★まずは無料の相談から!費用の心配もありません

債務整理というと、何か大変なことのように思えるかもしれません。
確かに、「ちょっと住民票を取りに行く」ような気軽さはありません。ですが、かといって「人生を台無しにしてしまう」といった事でもありません。

むしろ、「借金を整理し生活を立て直せる」メリットが有るのが債務整理なのです。

とはいえ、まだまだ不安もありますよね。

そこでまず最初に、「本当に債務整理するべき?」という事も含めて、こうした問題に強い弁護士・司法書士の無料相談を利用してみましょう。

「私は債務整理をするべきですか?」
「費用が払える自信がありませんが、大丈夫でしょうか?」

…と、まずは無料の相談で、気軽に聞いてみましょう。

また、今の生活費にどうしてもお金が足りない場合、市役所などの支援制度もあります。そうした支援を受けるためにも、弁護士や司法書士の力添えが役に立つでしょう。

初期費用ゼロ円!無料で借金解消を相談できる弁護士・司法書士

ブラックリストだとACマスターカードの審査に否決する?可決しない?

ここからは、ACマスターカードについて、もう少し詳しい解説を進めていきます。

ACマスターカードはは、「審査が甘い」と噂される一方、よく考えれば「審査が甘いとは言い切れない」とも思える理由もあります。

結局のところハッキリしませんが、少なくとも“ブラックリスト”では、ACマスターカードの審査も通らない(否決される)でしょう。

支払や返済の滞納がある
すでに借入やクレジットカード利用がたくさんある

…といった方は、滞納や債務超過などの理由で、ブラックリストになっている恐れもあります。

こうした場合は、ACマスターカードの審査も、原則として通らないと言えるでしょう。

ACマスターカードは「自動リボ払い」という注意点も

ACマスターカードの注意点として、「自動リボ払い」という点も、見落とさないほうが良いでしょう。
ACマスターカードは、一括払いで利用しても、一定額以上の決済では自動的にリボ払いになります。

リボ払いは、月々の返済額が「一定額+手数料(利息)」になるので、月々の出費が抑えられて便利…ですが一方で、

いつまで経っても返済が終わらない
金利や手数料の負担が掛かる

といったデメリットもあります。

また、自動リボ払いなので、「一括払いで払ったと思ったら、リボ払いになっていた」という事もあり得ます。

「急な出費に対応するために、急いでACマスターカードを作って支払いをしたら、(リボ払いのため)返済がいつまでも終わらない」

…といった事にもなりかねません。
ですので、もしも利用する場合は、しっかりと機能や設定を確認して、収支バランスを考えて使うようにしましょう。

「自動リボ払い」の主なクレジットカード

「自動リボ払い」による注意点は、ACマスターカードに限った話ではありません。
ほかにも次のような「自動リボ払い」のクレジットカードがあります。

  • R-styleカード(ジャックス)
  • アコムマスターカード(アコム)
  • アプティ(オリコ)
  • イオンスマート ペイカード(イオンカード)
  • エブリプラス(三井住友VISAカード)
  • Orico Card THE POINT Upty(オリエントコーポレーション)
  • Gold UPty(オリコ)
  • JCB EIT(JCB)
  • Jizile(三菱UFJニコス)
  • Jiyu!da!(セディナ)
  • STEERING PASS(VISA)(セディナ)
  • テイルズウィーバーVISAカード(三井住友カード)
  • 薄桜鬼VISAカード(三井住友カード)
  • P-one Wiz(ポケットカード)
  • P-one FlEXY(ポケットカード)
  • 「ビュー・スイカ」リボカード(ビューカード)
  • ファミマTカード(ポケットカード)
  • FreeBO!(クレディセゾン)
  • マビノギVISAカード(三井住友カード)
  • メイプルストーリーVISAカード(三井住友カード)
  • DCカード Jizile(三菱UFJニコス)

こうしたクレジットカードを利用する際は、気を付けていきたいですね。

「ACマスターカード」をオススメするサイトの“不正な宣伝”に要注意!

いかがでしょうか。

ACマスターカードが「審査に甘い」という噂話は、あまり信用できない

ACマスターカードでも、ブラックリストなら審査に通らない

支払や返済に困っている時は、ACマスターカードを申し込んでさらに借金を重ねるべきではない

支払や返済の悩みを解決するためには、債務整理を検討したほうが良い

こうした内容をお届けしてきました。

ただ、この内容をご覧になっても、疑問の残る人もいるでしょう。

「他のクレジットカード紹介サイトでは、お金に困った時や急いで現金が欲しい時に(おすすめ)…ってACマスターカードが紹介されているけれど…」

「ACマスターカードは審査が甘くて、他に借金がある人も作りやすいって、他のサイトで見たけれど…」

…といった疑問もありますよね。

これについて最後に解説していきます。

「ACマスターカード」の口コミ評価を装った広告サイトに要注意!

いろいろなサイトで「ACマスターカードは審査が甘い」と書かれていますが、こうしたサイトは、ほとんどが成功報酬制の広告を貼り付けています。
そのサイトを通してACマスターカードに申し込むと、サイト運営者にお金が入る仕組みです。

その広告収入を目当てに、「審査が甘い」等と無責任にあおって、ACマスターカードへの申し込みを宣伝するサイト運営者も少なくありません。
口コミや評判も、こうした広告収入が目的で「工作(自作自演)されている」と見て良いでしょう。

こうした裏側の仕組みに注意していく必要があります。

「お金に困ったらACマスターカード」という宣伝は、不適切広告の疑いあり!

もう一つ重要な点があります。

「お金に困っている人は、ACマスターカードに申し込んでみましょう」
「他社借入がある人にACマスターカードはオススメ!」
「急いで現金が欲しい場合はACマスターカード!」

こうした趣旨の宣伝行為は、法律に照らし合わせて考えると、適切とは言えない恐れがあるのです。

【貸金業法第十六条(誇大広告の禁止等)第2項二、三】
二 他の貸金業者の利用者又は返済能力がない者を対象として勧誘する旨の表示又は説明
三 借入れが容易であることを過度に強調することにより、資金需要者等の借入意欲をそそるような表示又は説明

簡単にまとめると、

すでに貸金業者からお金を借りている(借金がある)人に、積極的に宣伝する広告
総量規制にかかっている人や、生活保護者、生活困窮者などに勧める広告
「審査が甘い」などの言葉で、かんたんに借りられるように装い、申し込み意欲をある広告

こうした広告は、法律で禁止されているからです。

厳密には、この法律は貸金業者(消費者金融)を規制するものなので、広告サイト運営者に、ただちに当てはまるとは限りません。

ですが、大手消費者金融アコムが、このような「貸金業法に抵触する」ような表現で広告サイトが運営されいていることを、好ましく思うはずはないでしょう。

「すでに借金を抱えている人に、さらに借金を重ねさせるような宣伝はダメ」
「“審査が甘い”など、かんたんに借りれるように思わせて宣伝してはダメ」

というのが、私たち日本国の法律で示された考え方です。
また、ASP(※広告配信サービス)の規約違反にもなっているはずです。

こうした点を見れば、ACマスターカードを「お金に困っている人」にオススメするサイトは、あまり信用してはいけないのではないでしょうか。

返済や支払いに困っている場合、ACマスターカードではなく債務整理を

「ブラックでもなく、他社返済も抱えていない人」にとっては、アコムのACマスターカードは、良いクレジットカードの一つです。

ですが、「返済や支払いに困っている」という方にとっては、ACマスターカードだけでなく、どんなクレジットカードも、カードローンも決してオススメはできません。

こうした悩みを抱えている場合、「急いで新しいカードを作ろう」ではなく、「今ある返済を何とか減額・免除しよう」と考えたほうが、物事が良い方向に進みます。

まずは、返済減額・免除の手続き(=債務整理)について、詳しい弁護士・司法書士の無料相談を利用してみて下さい。

初期費用ゼロ円!無料で借金解消を相談できる弁護士・司法書士

 

-コラム

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.