MLM(マルチ、ネットワーク商法)で借りたローンが返せない…相談窓口と解決方法は?

投稿日:2016年10月10日 更新日:

「誰にもとらわれず、自分らしく生きたい」
そんな希望を持って、ネットワークビジネス(MLM・マルチレベルマーケティング)の世界に飛び込んだ竹内さん。

セミナーにも頻繁に参加し、先輩たちの数々の成功体験談に、「自分もこんな風になりたい」と夢をもって、努力を重ねてきました。

ところが、どれだけ頑張っても売り上げは伸びず、ダウンライン(※1)も増えません。

スターター・キット(※2)として購入した商材、実績をつけるために追加購入した商材…。大量の在庫と、その買い付けのために借りた、借金の返済だけが残ってしまいました。


そんな竹内さんに、現在のご事情やお気持ちをお伺いし、解決策について一緒に考えさせていただきました。


MLM、ネットワークビジネスでローンを抱え、払えない…そんな方は、こちらの記事もお読みください!

 

ネットワークビジネスには夢と自由がある…はずだった

竹内さん

こんな風に言うと、おかしいと思われるかもしれませんけれど…。私、まだ諦めきれないんですよ。
こんな事になっちゃっても、まだMLMで頑張りたいって思ってるんです。
ただ、もうお金もなくて商材も仕入れられないし…。こうなっちゃって、(お金を)貸してくれるところも無いんです。

質問者

いえ、おかしな事ではありませんよ。ご自身が「これだ」と決めた道をやり遂げたいと思う気持ちは、誰にでもあると思います。
ただ、現在は資金がショートしてしまい、追加融資も受けられる見込みがない…。これを何とかする必要がありそうですね。

竹内さん

やっぱり、ネットワークビジネスってマルチ商法のイメージがあるじゃないですか。誤解されてるところも多いと思うんです。そのせいでしょうか、お金が借りられないのは…。

質問者

銀行や商工ローン、ビジネスローンの貸付審査の基準は、どこも公開されていません。なので、事業形態がどこまで審査に影響するかは、ちょっとわかりませんが…。
信用情報のほうが原因かもしれませんね。すでに融資を受けられたり、クレジット払いで購入をされていませんか?

竹内さん

はい…実は最初に、スターターキットを買う時から、ずっとローンを組んで分割で購入しています。
それも(商材が)売れれば返せると思って、手あたり次第に買い付けてしまって…。返済が遅れがちになってしまってるんです。

質問者

おそらく、そのあたりが原因だと思われますよ。
返済の遅れ…つまり滞納が、個人信用情報に記録されているので、審査に通らない、というのが考えられます。
ほかにも、与信枠がいっぱいになっている可能性もありますし…。
ともかく、“現在の借入やクレジットが原因で、これ以上の融資を受けられない”のは、間違いないと思います。

竹内さん

やっぱり、今あるローンを何とかしないといけませんよね…。
MLMで頑張って、みんなと違う、会社に縛られない人生を送るんだ!って思ってたんですけど、結局ローンに縛られちゃうなんて…。

返済の交渉を試みるものの、まったく解決にならない

竹内さん

実はその…ローンの返済で、取り立ても受けているんです…。〇〇信販株式会社(※伏字は当サイトによる)って会社からで、たぶん、商材を買ったときのローンの会社だと思います。
催告状とか、督促状も来るし、電話がもう、2~3日おきに掛かってきて、本当に怖いんです。

質問者

電話では、どのようなやり取りをされているんでしょうか?

竹内さん

「今はお金がないから、もう少し待ってほしい」と言っているんですが、相手は「一括で返済しろ」と…。そればかりです。
私も“ない袖は振れない”ですし、でも相手は“一括返済”ばかり繰り返して…“まったく話し合いができない”んです。

質問者

いらだちや辛さを感じるお気持ちは、大いに共感できます。ですが債権回収ローンの取り立てとは、そういうものです。その信販会社だけでなく、どの業者でも、同じような対応になると思いますよ。

竹内さん

そうなんですね…。とにかく怖いし、電話に出ても話が進まないので、最近はもう無視しています。けど、放置しておいても解決すると思えなくて…。信販会社が、取り立てを諦めることってあるんでしょうか?

質問者

残念ながら、諦めることはまずありません。貸し倒しと言うんですが、これをやってしまうと、企業側が脱税に問われてしまう恐れもあるので…。

竹内さん

そうなんですね、知りませんでした。
実は、ネットの知恵袋(※質問サイト)でも聞いてみたんですけど、『滞納したあなたが悪い』しか言われなくて…。
そんなこと、私だってわかってるんですよ。でも、払いたくてもお金がないから困っているのに…。

質問者

ネットの掲示板や質問サイトは大変便利ですが、一部には、“水に落ちた人を棒で叩く”ような、心ない方もいますから…。正確で役立つ回答は、期待できない場合もありますよ。ですから、ご自身への批判は、あまり気になさらないほうが良いですよ。

取り立てのプレッシャーから、人間関係も壊してしまった…

竹内さん

ローンの取り立てもあって、アップのディストリビューター(※3)からも、「売り上げが上がっていない」と問い詰められたり、「もっと頑張らないと」と言われたり…。
もう、アッチからもコッチからもいろいろ言われてるんです。

質問者

ただローンが返せず、取り立てを受けるだけではないんですね。他のビジネスでの債務問題よりも、大変な印象です。

竹内さん

本当に大変ですよ…。でも、それで私もやっちゃいまして…。
保証会社から督促状が来たとき、慌てて「お金を稼がないと」と思って、昔の友達とか、手あたり次第に営業をかけて、勧誘もしちゃったんです。

質問者

なるほど…。どんなに良い商品やビジネスでも、あまり強く勧められると、かえって距離を置かれてしまいますよね。

竹内さん

そうなんです。それは私も(MLMの)セミナーで言われて、わかっていたつもりでした。でも、あの時は(督促状で)追い詰められていた感じで…。
ただでさえMLMとかネットワーク商法って、皆さんに誤解されてるじゃないですか。それもあって、友達もみんな相手をしてくれなくなったんです。

質問者

取り立てを受けて、焦りとプレッシャーから、人間関係も壊れてしまったんですね。

差押えの法的手続きも、いつ起こされるかわからない

竹内さん

在庫はあるんですよ。(MLMの)商品がいろいろ…。これが一気にバッと売れれば、全部解決してくれるんですけど…。そんなに都合のいい事って、ないですよね…。

質問者

ビジネスは運もありますから、何とも言えませんが…。一般的に考えて、やはり今すぐ商品が一気に売れることは、考えにくいと思います。

竹内さん

販売計画を立てなおして、新しいお客様を見つけて…。オートシップ(※4)の契約が取れれば、安定収入に…。でもやっぱり、“どう考えても、立て直しに半年はかかる”と思うんです…。そこから分割返済なら、きちんと返せるんですけれど…。

質問者

でも、“保証会社はすぐの一括返済を求めていて、交渉にも応じてもらえない”…という事ですよね。

竹内さん

そうなんです…。それさえ何とかなれば…。でも、半年あったら本当に(MLMで)うまくいけるの?とか、次に失敗したら…とか考えると、ぜんぜん不安です。
それに、保証会社がそこまで待ってくれなかったら…。

質問者

お伝えしにくいですが、現実はかなり厳しいと思いますよ。保証会社はもう、“いつでも裁判を起こせる体制”になっているはずです。向こうは“それも通常業務のうち”ですから。

竹内さん

督促状にも、「差押えの法的手続きを開始する」って書いてありました。“あれは脅し文句じゃない”んですね…。

質問者

差し押さえの裁判は、実際にいつでも行える、法の下に認められた合法的な手段”です。

竹内さん

そうなったら、たぶんMLMも強制退会に…。借金と在庫だけ残って、何もできなくなったら…生きていけません。
人間関係もダメになって、友達も誰も頼れませんし…。どうしたらいいんでしょう?

 

MLMのために借りたローンも、債務整理できる

公開できるインタビュー内容は、以上となります。ここから先の対話は、プライバシー保護のため非公開とさせていただきます。


「今あるMLM(ネットワークビジネス)の在庫を、なんとか販売する」「新規のダウンラインを獲得する」など、『MLMを使って、ローンの返済滞納を解決する』考えに“囚われてしまって”いた竹内さん。
当サイトとしては、ショッピング・クレジットを使って仕入れていた事から、“債務整理で返済を減額・免除できる可能性がある”ことをお伝えしました。

MLM、ネットワークビジネス、連鎖販売取引などで仕入れた商材は、その仕入れの際の資金調達方法も、ケース・バイ・ケースです。ですが、どんな方法で資金を用意したり、あるいはクレジット払いや分割ローンを組んだとしても、“原則的に債務整理可能”です。


まずは、弁護士・司法書士の無料マッチングサービスを使って相談し、“債務整理の専門家から、無料でアドバイスをもらう”所から、スタートしてみましょう。

『弁護士・司法書士』というと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、ビジネスが立ち行かなくなってしまう事は、大袈裟に捉えるべき問題です。


無料の相談窓口や、ビジネスの債務整理について、具体的な解決策を次の記事でまとめています。こちらも併せてお読みください。

 


※1:ダウン、ダウンライン…自分の勧誘で獲得した、MLMの新規会員
※2:スターター・キット…新規会員がネットワークビジネスを始める際に必要になる、各種のツールや商材のセットのこと。
※3:アップのディストリビューター…自分を勧誘した会員や、その上位にいる販売権を持った会員のこと
※4:オートシップ…健康食品などの、定期自動購入のこと。

------
※当サイトは、特定商取引法(特商法)第33条に定義される連鎖販売取引(MLM、ネットワークビジネス)を批判するものではありません。この記事で扱う事例はあくまで個人による一例に過ぎず、ネットワークビジネスやMLM全体の実態を示すものではありません。
------

-ビジネスローンの債務整理

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.