銀行カードローンは家族や職場にバレずに債務整理できますか?

投稿日:2017年6月21日 更新日:

このページでは、銀行カードローンが「職場や家族にバレずに債務整理できるか」について、ご質問にお答えしていきます。

「内緒の借金が返せなくなった」
「借金をバレずに解決したい」

といった方は、ぜひお役立てください。

家族に知られずに銀行カードローンを債務整理したいです

年齢:40代
性別:女性
年収:230万円
職業:派遣社員
住宅:持ち家
家族:夫婦2人暮らし

債務整理を考えていますが、家族に知られたくありません。

家族に内緒で借りた借金があり、返せなくなってしまいました。内訳は、新生銀行レイクから40万円、イオン銀行から30万円、楽天カードのキャッシング機能で25万円です。

債務整理で借金を減らしたいのですが、家族に知られたくありません。内緒でできるものでしょうか?
よろしくお願いします。

任意整理で、家族に知られずに債務整理できる可能性があります。

ご質問者様が整理を考えている借金は、銀行カードローンですね。銀行カードローンは“担保・保証人不要”の契約ですから、債務整理においても、ご家族等への影響は比較的少ないものと思われます。

また、ご質問者様の場合、総負債額が95万円と比較的少額ですから、「任意整理」が適しているかと思います。

任意整理には、

官報に掲載されない
裁判所を通さない

といった特徴があるため、ご家族に知られずに借金を整理できる可能性が高くなります。
そのぶん、借金減額の効力も、個人再生や自己破産に比べると大きくはないのですが…。ご質問者様のケースでは、総負債額85万円ですから、十分な結果が期待できるかと思います。

担当する弁護士・司法書士の実力にもよります

“家族に知られずに債務整理”は、担当する弁護士または司法書士の実力にも、大きく影響を受けるポイントの一つです。

弁護士や司法書士には、厳格な守秘義務がありますから、基本的に、依頼者の家族に対しても秘密は守られます。

ですが実態は、一緒に暮らす家族ですから、“ちょっとした些細なキッカケ”で気づかれてしまう心配もあるでしょう。法律や制度上の守秘義務だけでなく、“こまやかな気配り”や、“経験に基づく知恵”が問われる部分でもあります。

ですから、実際に債務整理の経験が豊富な先生のほうが頼もしいですね。

 

職場に内緒で借金を債務整理できますか?

年齢:30代
性別:男性
年収:420万円
職業:正社員
住宅:持ち家
家族:妻、子供2人

銀行のカードローンを滞納しています。

今のところ職場にはバレていませんが、いつかバレてしまうものでしょうか?

返しきれない金額になってしまったので、債務整理を考えていますが、そうすると職場にもバレますよね。
このまま放っておいたほうが良いんでしょうか?

私の職場はコンプライアンスに厳しいので、借金を滞納しているとバレたら、退職勧奨を受けたり、会社に居づらくなると思います。
この歳では転職も厳しいですし、家族もいます。住宅ローンも残っているので、仕事を失うことだけは絶対に避けたいです。

お知恵を貸してください。よろしくお願い致します。

「厳しい会社」という事ですので、やはり秘密は守りたいですね

ご質問がいくつかありますので、ひとつひとつお答えしていきます。

まず、「借金がバレたら、職場がクビになる」という話ですが、これは会社によると思います。
ご質問者様は「コンプライアンスが厳しい職場だから」とおっしゃっていますが、企業活動におけるコンプライアンス(法令順守)と、従業員のプライベートな債務の問題とは、切り離して考えられるかもしれません。

この辺りは、会社の人事部や経営陣の考え方次第でもありますが…。ただ、「厳しい会社」ということですので、やはり知られるのは避けたいですね。

滞納を放置しておくと、確実に職場に知られるでしょう。

次に、「このまま(滞納を)放っておいたほうが良いか」というお話です。
放置しておくと、ほぼ確実に職場に知られる事となるでしょう。

債権回収の一環として、財産・収入調査が行われ、その過程で職場に知られる
差押え強制執行を受け、給与債権の差し押さえで、裁判所(などの執行機関)から職場に対して通達が行われる

こうしたリスクが非常に大きいと考えられます。

銀行カードローンをお申し込みになった時、職場への在籍確認があった事を、ご記憶されているかと思います。相手はご質問者様の勤務先を把握していますので、“調査・確認”として、職場に連絡することも可能でしょう。

債務整理の場合、職場に知られずに解決できる可能性があります。

“債務整理で解決”を選択された場合、職場に知られる可能性は、かなり低いと考えられます。

考えられるリスクとしては、「個人再生」または「自己破産」を行い、官報に掲載され、それが職場の方の目にとまる事です。

ですが、官報を毎日チェックする会社などほとんどありませんので、個人再生や自己破産を行っても、職場に知られるリスクは低いと考えられます。
また、「任意整理」を用いれば、官報にも掲載されないため、職場や周囲の人に知られる確率は、ほとんどゼロになると言って良いでしょう。

債務整理の経験豊富な弁護士・司法書士に相談を

「職場に知られずに借金トラブルが解決できるかどうか」といった問題に限らず、債務整理は、弁護士や司法書士の実力で、結果が大幅に変わります。そのため、“債務整理の経験が豊富な弁護士・司法書士”を頼ることが、もっとも重要です。

債務整理で評価の高い先生に、まずは無料相談で意見を聞いてみるのが、もっとも良いでしょう。
なお、当サイトにて、債務整理に特に評判の良い先生を厳選しております。

債務整理の経験・解決実績豊富
最短即日での取り立てストップ
24時間365日の無料相談(メール)受付
初期費用無料での任意整理
全国的に相談・依頼を受けており、評価が高い

こうした基準で厳選した弁護士・司法書士を、次のページにまとめました。

こちらに、借金・債務問題に強い法律事務所をまとめました!

 

-銀行カードローンの債務整理

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.