銀行の借金滞納で取り立て電話が来ました。折り返し電話したほうが良いですか?

投稿日:2017年6月21日 更新日:

この記事では、銀行カードローンを滞納してしまい、取り立ての電話を受けている方のご質問にお答えしていきます。

「銀行から取り立ての電話がかかってくる」
「保証会社から、何度も督促電話が着信する」
「留守電にいつも取り立ての連絡が入っている」

こうした状況でお悩みの方は、体験談をぜひ参考にして下さい。

銀行から着信がありました。カードローンの滞納があるんですが、取り立てでしょうか?

年齢:30代
性別:女性
年収:108万円
職業:主婦(パート)
住宅:持ち家
家族:夫、子供2人

カードローンで借金している銀行から、着信がありました。
実は先月の返済を滞納しており、取り立ての電話ではないかと思って怖くなっています。

留守電の内容は、「確認があるので、折り返し連絡してください」という感じで、何の要件かはわかりません。

やっぱり、すぐに折り返したほうが良いですよね。
でも、滞納を怒られると思うと、怖くて電話できません。
どうしたらいいでしょうか?

どんな用件の電話でも、滞納について触れられるでしょう。

ご質問内容だけでは、銀行がどのような用件で電話をかけてきたのかは、判断が難しいですね。
ただ、「滞納がある」という事ですから、仮にほかの用件だったとしても、滞納についても触れられるかと思います。

また、これはタイミング次第ですが、すでに保証会社から代位弁済が行われている場合、銀行から直接、督促を行うことは考えにくいとも思います。

とはいえ、”まだ保証会社の代位弁済には至っておらず、銀行が直接、返済の確認のために連絡している”とも考えられます。

銀行にすぐ折り返す前に、専門家のアドバイスを

「滞納分がすぐに払えて、来月以降の返済も遅れない」という状況でしたら、すぐに折り返し電話して、そのことを伝えたほうが良いでしょう。

ですが、

「滞納分がすぐには払えない」
「頑張れば払えるが、生活が成り立たなくなってしまう」
「今回は払えるけれど、次回また滞納してしまいそう」

こういった場合は、”返済が難しくなっている”状況です。
ですから、銀行に電話をする前に、借金トラブルに強い弁護士・司法書士に無料相談をして、アドバイスをもらっておいたほうが良いでしょう。

早めの無料相談が、大きな改善につながる場合もあります

「弁護士や司法書士にアドバイスをもらう」といっても、今すぐ債務整理をしましょう…という事ではありません。いくら債務整理で借金が減額できると言われても、気持ちの部分でハードルの高さを感じてしまいますよね。

ただ、借金トラブルは、単なる損得勘定だけではない、様々な問題につながります。たとえば今後、また滞納してしまえば、今度は保証会社から、もっと厳しい督促を受けるかもしれません。

ですから、「今後、もっと苦しくならないためにも、早い段階で専門家にアドバイスをもらっておく」ことが必要です。
無料相談だけでも、状況を大きく改善できる場合もあります。

 

保証会社から督促の電話が来ます。怖いので無視していますが大丈夫ですか?

年齢:40代
性別:女性
年収:180万円
職業:アルバイト
住宅:賃貸
家族:単身

銀行のカードローンを滞納してしまい、保証会社から電話が来るようになりました。

一度だけ電話に出たんですが、淡々と金額を言われて、「期日までに払って下さい」と、かなり強く言われました。
難しいと伝えたんですが、「払えなければ法的手段になりますが、よろしいですね」と言われてしまい、取り付く島もありません。

滞納している自分が悪いとは思いますが、相手があまりに強い態度で、一応こちらはお客様なんだし、この保証会社は本当に大丈夫なんでしょうか?

怖いので、その後はもう電話が来ても無視しています。
このまま無視していても大丈夫ですよね?

督促の電話なので、会社が強い態度になるのは普通です

ご質問者様は、相手の保証会社の言い方や態度に不信感を持たれているようですね。

「強い態度に出られて、取り付く島もない」
「一応こちらはお客様なのに」

このようにおっしゃっていますが、これは”認識が甘い”と言わざるおえません。

まず、滞納して督促を受けている時点で、すでに「お客様」ではなく「滞納者」です。通常のお客様に対応するような、丁寧で柔らかい物腰では、債権回収(借金の取り立て)はできません。ですから、体験されたような“強い言い方”になるのも、ごく当たり前のことと言えるでしょう。

このまま無視し続けるのは、得策ではありません

今のところ、「電話を無視している」という事ですが、このまま放置しておくのは得策ではありません。このままだと、裁判・差押えといった法的手続きに進む可能性が、極めて高くなります。

とはいえ、「保証会社を相手に、やり取りをしたくない」という気持ちもお持ちかと思います。ですので、ここは”弁護士・司法書士を通して、債務整理を行う”のが良いかと思われます。

債務整理というと、”借金を減らす”ことばかり注目されてしまいますが、効果はそれだけではありません。


弁護士や司法書士が代理人となって、債権者とのやり取りを行うので、自分(依頼者)は相手と直接話し合わなくて良い

督促状や電話など、取り立ても最短即日でストップされる。

多くの場合、債務整理を開始すれば、裁判や差押えなどに至らずに解決できる


「払えない借金を減額して解決する」だけでなく、こうしたメリットも、ご質問者様の状況には非常に効果的です。

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」など、いろいろな手続きがあります。それぞれメリット・デメリットも異なってくるので、まずは債務整理に強い弁護士・司法書士に、無料相談で相談してみて下さい。

なお、当サイトにて、債務整理に特に評判の良い先生を厳選しております。

債務整理の経験・解決実績豊富
最短即日での取り立てストップ
24時間365日の無料相談(メール)受付
初期費用無料での任意整理
全国的に相談・依頼を受けており、評価が高い

こうした基準で厳選した弁護士・司法書士を、次のページにまとめました。

初期費用ゼロ円!無料で借金解消を頼める弁護士・司法書士

 

-銀行カードローンの債務整理

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.