銀行カードローンが返せないです。自己破産できますか?方法も教えてください

投稿日:2017年6月18日 更新日:

このページでは、「銀行カードローンが返せないので、自己破産したい」という方のご質問にお答えしていきます。自己破産についてや、方法、費用、時間、相談窓口などについて知りたい方は、ぜひお役立てください。

銀行カードローンが返せない…自己破産したほうが良いでしょうか?

年齢:20代
性別:男性
年収:250万円
職業:契約社員
住宅:賃貸
家族:単身

ご相談させてください。
恥ずかしながら、銀行カードローンが返せません…。
何年も返済を続けていますが、利息や遅延損害金が優先されて、元金がほとんど減らないんです。
このままでずっと、銀行に利息を払い続けるのか…と思って、ゾッとします。

借金は、まだ4社合計で450万円も残っています。
月々の返済だけでも苦しくて、収入も多くなく、今まで何度も滞納を繰り返していますので、ちゃんと完済できるか不安です。

いっそのこと自己破産したほうが良いのでは、とも思っているのですが、そうなると将来困ったり、親や親戚を泣かせてしまうかと思うと、それもできません。
それに、僕は20代なんですが、この歳で自己破産なんてしたら、これから先の人生がどうなるのか、すごく不安です。

どうしたらいいんでしょうか?
アドバイスお願いします。

年収を大きく超える残債が残っているため、債務整理が必要だと思われます。

お答えします。

まず、ご質問者様のケースでは、年収を大きく超える残債がありますので、債務整理したほうが絶対に良いと思います。

一昔前なら、20代でたくさん借金があっても、年功序列で昇給していくので大丈夫…とも言えましたが、今は正社員でも賃金カットやリストラがありますし、年功序列・終身雇用が確実とは言えません。ですから、今ここで債務整理をしておかないと、将来に大きく響いてしまうでしょう。

自己破産のほか、「個人再生」という選択肢もあります

債務整理には、有名な「自己破産」のほかに、「個人再生」「任意整理」といった手続きもあります。ただ、ご質問者様の場合は残債が大きいですから、おっしゃる通り「自己破産」が良いかもしれません。

自己破産というと絶望的なイメージですが、実際にはそれほど大きなデメリットはありません。特にご質問者様の場合、持ち家など大きな資産をお持ちでない様子ですから、実質的なデメリットは“ほとんど無い”と言っていいでしょう。自己破産をすると全ての借金が法的に返済義務がなくなるのでメリットのほうが大きいでしょう。


「どうしても自己破産は避けたい」という場合、「個人再生」で残債を5分の1程度に減らすことも可能ですので、こちらも検討してみて良いと思います。

ただ、ご自身で調べて勉強するなると、とても難しいですし、正しい判断ができるとも限りません。
ですから、債務整理に強い弁護士・司法書士に、まずは無料相談で、どう解決すれば良いのか、専門的なアドバイスをもらうのが確実でしょう。


将来のためにも、債務整理が必要ではないでしょうか

将来のことや、「親御さんを泣かせてしまうのでは」といったご心労も、おありのようですね。

まず将来に関してですが、“だからこそ今のうちに”と考えてみてください。

450万円もの借金、現状でさえ利息の返済に追われて、元金が減らない状況で、返し終わるのに何年掛かるでしょうか。とても計算できないと思います。
そして、すでに債務超過ですから、これが解決できない限り、住宅ローンや自動車ローンも難しいでしょう。ブライダルローンも同様です。将来の結婚、マイホーム、マイカー購入…人生の節目節目で、この借金が響いてしまいます。

一方、自己破産や個人再生をすれば、一時的にはブラックリストに載りますが、一定期間が過ぎれば解除されます。
“借金もなくなり、ブラックリストが解除される見通しも立つ”ので、将来の人生設計が明るく描けるはずです。


こうした点を、まず弁護士や司法書士から詳しく聞いて、親御さんにもお伝えすれば、きっとご理解を得られるでしょう。
また、銀行カードローンは“担保・保証人不要”ですので、親御さんが保証人になっている…という事も無いと思います。ですから、「親に迷惑をかけるのでは」といった点も、心配しなくて大丈夫です。
ですから、まずは気軽に弁護士や司法書士に相談してアドバイスを仰いでみましょう。

債務整理を無料で相談できる弁護士・司法書士のまとめと解説

 

 

銀行カードローンが返せず、自己破産を考えています。費用や時間はどのくらい掛かりますか?

銀行カードローンの返済が厳しく、自己破産を考えています。

内訳は、バンクイックから200万円、イオン銀行から50万円、楽天スーパーローンで30万円、オリックス銀行から100万円、消費者金融のアコムにも60万円が残っています。合計で4社440万円です。

これだけの借金を自己破産すると、費用はどのくらい掛かりますか?また、手続きに時間はどのくらい掛かるでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いします。

一概には言えませんが、およそ50万円+減額報酬となるでしょう

まず、自己破産の費用についてお答えします。

一般的な相場ですと、30万円ほどの費用に加えて、減額報酬で10%(ご質問者様の場合、44万円)で、75万円ほどになるかと思います。
あくまで相場なので、実際には異なってくる場合もあるでしょう。

高いと思われるかもしれませんが、天秤にかけると自己破産した方が負担が少ないと言えます。
もしも債務整理をしないで完済を目指した場合、残債務440万円の借金には金利・利息がありますから、完済までに500万円、600万円、700万円と支払うことになるからです。

借金が解決できない事は、

「今後も利息が増え続け、さらに負担額が雪だるま式に増えてしまう」
「いつ裁判に訴えられても、差押え強制執行を受けても、おかしくない」

というリスクも抱えています。

“今の440万円から、さらに利息でさらに膨れ上がる爆弾”を、“相場75万円ほどで解除できる”と考えると、お金だけではないメリットもあると思います。

費用の心配はしなくても大丈夫!弁護士や司法書士は、あなたの事情もしっかり考えてくれます。

自己破産や債務整理の費用は、実際にはあまり心配しなくても大丈夫です。
債務整理に詳しい弁護士や司法書士は、「借金で悩んでいる人の気持ち」や事情も、本当によく理解しています。

たとえば、自己破産や債務整理の費用を、“分割・後払いOK”としている弁護士や司法書士もいます。
また、依頼者(=あなた)の経済状況なども配慮してもらえたり、債務整理後・自己破産後のアフターケアも頼れるでしょう。

そして何より、弁護士や司法書士は、「困っている人を助ける義務」が定められた職業です。(※弁護士法第一条、日本司法書士連合会綱領第一条)。ですので、「相場通りの高額な費用を、無理に請求されるのでは…」といった心配をせず、まずは無料相談してみましょう。

以下資料:

(弁護士の使命)
第一条 弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。
出典:弁護士法

(使命の自覚)
第1条 司法書士は、その使命が、国民の権利の擁護と公正な社会の実現にあることを自
覚し、その達成に努める。
出典:日本司法書士連合会綱領

それでも費用が気になる場合、負担の少ない「任意整理」や「個人再生」もあります

費用がどうしても気になる場合、より負担の少ない「任意整理」や「個人再生」を使う方法もあります。

任意整理では「金利の引き直し計算をし、将来利息をカット」することや、「一括返済を求められている場合、リスケジュール(無理のない分割返済の計画を立て直す)」といった効果が期待できます。ただ任意整理では、自己破産や個人再生のように、元金そのものを減額することは難しくなります。

人再生では、全ての借金を5分の1程度に減額し、生活に支障が出ないように返済プランを立て、3年程度の分割返済をしていきます。
借金の減免効果が大きく、自己破産よりも費用が多少は少ないといった特徴もあります。

時間については、担当する弁護士の腕次第です

「どのくらい時間が掛かるか」というご質問もありますね。
これについては、整理する債務の内容や、依頼する弁護士の腕次第になる部分も大きいため、はっきりしたお答えはできません。

ただ、悪質な弁護士に依頼してしまうと、最悪の場合、“実質的に放置され、いつまでも解決できない”こともあります。実際にこうした不祥事は発生しており、過去にも少なくない弁護士が、懲戒処分を受けています。

・債務整理に強い
・実績が豊富
・評判が良い

といった弁護士を選ぶ必要があるでしょう。
また、ご質問者様の場合、債務の金額が大きいですから、司法書士よりも弁護士に依頼するほうが良いでしょう。

 

自己破産や個人再生・任意整理ができる銀行カードローン

自己破産、個人再生、任意整理など債務整理は、銀行や消費者金融を問わずどのようなローンでも原則可能です。。以下のような有名なカードローンでも、自己破産をはじめとした債務整理が、基本的に可能です。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • みずほ銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • オリックス銀行カードローン
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」
  • スルガ銀行カードローン「したく」、フリーローン「夢航路」
  • 北陸銀行カードローン「クイックマン」
  • アコム
  • プロミス
  • モビット
  • レイク
詳しくは、債務整理に強い弁護士・司法書士にお問い合わせ下さい

債務整理は、個人の事情によって適切な解決方法が異なります。
ご自身の返済のお悩みに関しては、必ず債務整理に強い弁護士・司法書士にお問い合わせ下さい。

なお、当サイトにて、債務整理に特に評判の良い先生を厳選しております。

債務整理の経験・解決実績豊富
最短即日での取り立てストップ
24時間365日の無料相談(メール)受付
初期費用無料での任意整理
全国的に相談・依頼を受けており、評価が高い

こうした基準で厳選した弁護士・司法書士を、次のページにまとめました。

こちらに、借金・債務問題に強い法律事務所をまとめました!

 

-銀行カードローンの債務整理

Copyright© 【債務整理ジャーナル】借金が返せないときに役立つ債務整理情報サイト , 2019 All Rights Reserved.